お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

子どもの【食の悩み】を解決する≪カギ≫《2才~就学前親向け》

対面

子どもの食に纏わる悩みはいろいろ!遊び食べ、好き嫌い、偏食など克服方法だけでなく、お子さんの現状を踏まえ、親の戦略法もしっかりお話しします。

こんなことを学びます

子どもの食に纏わる悩みを抱えている人は多いです。例えば

・食べられる食材を増やしたい

・歩き食べ・遊び食べをしてしまう

・1回の食事に時間がかかる

・食べさせれば食べるが、自分でたべようとしない。

・肉ばかり食べて野菜を食べない

・炭水化物は大好きだけど、他はあまり食べない

・見た目で嫌がって、口に入れてくれない

・パパが苦手なものが多く、子どもがマネをして食べない

・ママが料理が苦手で、子どもの好き嫌いに対応できない

・・・などの場合も、

多くの子が、食べられなかったものを食べるようになります。年齢が小さいほうが対応策はいっぱい。何でも食べられると、学校給食が始まったときに親も子も安心。なにより、毎日の食事の時間が楽しくなります。


2013年に始めた子育てKitchen(2歳からの親子料理教室)。

日々親子料理教室で話されるママ達の悩みは、
食に関わることから、反抗期から、子育て生活全般。

料理教室なので、食にまつわるものは多いですが、参加した親御さんの行動言動を見ていると

ああっ、もったいない!!
と思うことが多い。

好き嫌いを無くしたい人の半数は、無意識にNGワードを子どもに言っていたり

まだたくさん子どもに取り分けたご飯もおかずも残っているのに、好きなものだけを、どんどんお替りさせたり。
可愛いからこそ、親は子どもの将来を見据えた行動が必要です。

子どもは賢くどんどん知恵がつくので、
小学生では食べない理屈をつけるのも上手になって、食の悩み解決は難しくなります。

まだ、親の言うことに心を寄せて耳を向けてくれる就学前までが、最後のチャンスだと思っていいくらい。(ベストは2~就学前まで)小さければ小さいほど改善方法は多岐にわたります。


この講座では、実際の戦略などもしっかりお話しするので、自分の話をされていると理解できる【【2歳児以上は同席不可】】。

それだけ、現実的なお話をします。

ママの意思が固く、実際にやってみた人からは、続々と歓びの声が聞こえている講座です。

久しぶりに、子育てKitchenグループの講座として開催します。

少人数で話しながら、お子さんのキライ・苦手を解決しませんか?


~実際に講座を受講したママからのレポート~

普段あまり食べない息子と一緒に、教わった方法をしただけで、久しぶりに肉とキャベツをお替りしました。「おなかいっぱい」という声も聞けてとても嬉しかったです!ありがとうございました!

「自分一人で悩んでいた時には気付かなかったけど、難しいことじゃないのに言われたことを実践したら、だらだら食べがなくなり、私のストレスが減りました!」

「この1か月で、2つの苦手野菜をクリアしました。次はキノコに挑戦します。叱らずに、親子で笑って解決できるのがいいですね」三男一女の子育てを終えて


続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

池袋・巣鴨

価格(税込)

¥2,800

受けたい
2人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥2,800
場所 池袋・巣鴨

この講座の先生

田中 由美子のプロフィール写真
3男1女の子育て経験を元に子育てkitchen主宰

田中 由美子

NPO法人子育てkitchenグループ理事長・
子育て家事研究家・社会福祉主事任用資格・食品衛生責任者
NPO法人ヘルスコーチ・ジャパン認定コーチ
食育子育てシニアインストラクター・防災士

4人の子育て経験と、20年近く多言語活動の研究員として青少年のホームステイや海外留学に行く親子をサポートした経験から、子どものやりたい気持ちを受け止められる親を増やすことが今の子育てにどうしても必要だとの使命を見出し「子育てkitchen」親子料理教室を2013年に開設する。

2歳から参加できる親子料理教室であることから一気に注目を集めた。料理を通して、想像以上に子どもが多くのことができることを親が発見する場、見守る加減をはじめとする『子育て』を体感する場としての独自性を打ち出している。2016年にNPO法人化。
現在までに関わった親子はのべ1,000組以上。

この講座の主催団体

2歳~の親子料理教室「子育てKitchen」

3男1女の子育てをしてきて痛感した、
親がやってほしいと思う小学高学年頃には、子どもは友達や習い事、塾、部活などで、家庭の仕事には見向きもしない現実。

子どもの「やりたい!」は概ね7歳までの期間限定。

家庭の仕事(家事)を一緒にできるのは、親にまとわりついて、ついまどろっこしいと思ってしまう幼少期だけ。

その時に、一緒にやらないと、
料理だけでなく、お片付けも、洗濯もやれない子になってしまう可能性は大きい。
高校大学生になって、親は急に「この子何もできない」慌て始めるけど、子どもの気持ちは戻りません。

子どものが「やりたい」と寄ってくるうちがチャンス。

大きくなると、やらなくなりますが、「やれない」のと「やらない」のは大きく違います。

普段「やらない」子は、必要な時にできます。
子どもが楽しく学べる時期に、大人も楽しく教えられるようにする教室です。

親が子どもの「やりたい」を見守れるようになるために、子どもが中心で、親がサポートする親子料理教室を2013年より主宰。

食材クイズ、
野菜を洗う、
包丁で切る
加熱調理する... もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる
  • 当日の流れとタイムスケジュール

    10:30 挨拶
    10:40 講義開始
    11:30 質疑応答など
    12:00 終了

    または

    14:30 挨拶
    14:40 講義開始
    15:30 質疑応答など
    16:00 終了
    • こんな方を対象としています

      子どもの食生活に悩んでいる方(好き嫌い・遊び食べなど)
      子どもに何でも食べてほしいけど思っているけど、方法がわからない方
      子どもはまだ小さいけど、あらかじめ勉強しておきたい方
      (1歳から就学前までのお子さんをお持ちの保護者)
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      親の戦略方法もたくさんお話しするため、2歳以上のお子さんは、自分の話をされていると理解するので同席ができません。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この主催団体の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?