お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

【オンライン開催】オンラインDEおこづかいゲーム

対面 オンライン

親子で楽しく!おこづかいゲームで遊びながらお金について学べます!

こんなことを学びます

お金ってどこからくるの?
お金はいくらでもあると思っていない?
ひつようなものとほしいものの違いって?
金銭教育いつから?どこから?
おこづかいのあげ方は?


ネット環境がある場所であれば,どこからでもご受講いただけます。

スマホでも受講可能ですが,

画面共有をして行っていくので,パソコン画面のほうが見やすくおすすめです。

ゲームは、スライドを見ながらじゃんけんをして、

おこづかい帳の数字上でやりくりをしていきます。

じゃんけんの勝ち負けによって、

さらには「買う,買わない」の判断によって、

それぞれ違う結果になります。

個々で使用するものは、

お送りするおこづかい帳と集計票(各1枚)を事前に印刷していただくのと,

筆記用具と電卓のみです。
続きを読む

6月13日(土)

10:00 - 11:30

オンライン

予約締切日時

6月12日(金) 10:00

参加人数

0/3人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥2,000

  • 6月13日(土)

    10:00 - 11:30

    オンライン

  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
11人が受けたい登録しています

対面で受講できる日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥2,000
場所 茨城県内

オンラインで受講できる日程

6月13日(土) 10:00 - 11:30

¥2,000
参加人数 0/3人

参加できる日程がありませんか?
先生に開催リクエストを送ってみましょう。

この講座の先生

パッショナリスト

親子でお金と友達に! ファイナンシャルプランナー 島貫かずみ
1983年生まれ、茨城大学人文学部卒業。
大学卒業後、銀行員として8年勤務。
融資、投資信託や保険商品といった資産運用商品の営業販売を行う。
自己破産やローン地獄に陥る顧客を目の当たりにし、こうした顧客の多くがお金の知識が少ないことに気付く。
夫の転勤のため在米した際、アメリカの子供は社会に出る前に学校と家庭の両方でお金の教育を受けるのに対し、日本の子供は教育を受ける場がなく、人前でお金の話をしてはいけないという特有の罪悪感を植え付けられていることに気付く。この事実に危機感を抱き、自らの経験と知識を活かして日本の子供にお金を正しく教えようと決意。
帰国後、ゲームを通して金銭感覚教育の普及活動を行うマネースプラウトインストラクターも取得。
現在は、お金を使うこと、貯金することの意味や役割を自然に学べるおこづかいゲームを毎月提供している。お金を前向きに捉えて日常的に会話をする家庭を増やすため、また子供たちの明るい未来のために日本全国でお金と友達になる方法の普及活動中。自身も一児の母。 + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    自己紹介
    お金ものしり〇✕クイズ
    おこづかいゲーム
    集計
    ニーズorウォンツクイズ
    まとめ
    • こんな方を対象としています

      おこづかいのあげ方で迷っている。
      金銭教育したいが何から始めたらいいかわからない。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      基本的に親子参加をオススメしますが,ZOOMをつなぐことができれば,お子様のみの参加も可能です。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 1
    • 楽しかった!( 0 )
    • 勉強になった!( 1 )
    • 行く価値あり!( 0 )
  • M3

    男性 40代

    この講座は「親子でお金について話ができる講座」でした

    ゲームを通してわかりやすくお金との関わり方触れることができました。
    子供にお金の教育をしたいと考えていたところなので、導入としてちょうどよかったです。

    先生からのコメント

    ご参加ありがとうございました!レビューもありがとうございます!共通言語も使って,ぜひご家庭でお金の話をしてみてくださいね~!

  • 関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?