初冬の光を活かすドラマチック撮影会【新宿御苑/標準ズーム編】

初冬のドライな光が、冬枯れの木立や庭園風景をドラマチックに照らします!レンズワークを活かして撮影にチャレンジしましょう!

learn

こんなことを学びます

太陽の光が弱まり、日中でも長い影を引く冬場は、風景を繊細に撮影するチャンスです。さらに、緑に覆われていた木立が落葉して、本来の幹や枝のフォルムを直に見ることができます。
この講座では、撮影地の「新宿御苑」で、初冬の光で美しさを増した庭園風景を撮ります。撮影にあたり、パンフォーカス(全面ピント)撮影のできる「標準ズームレンズ」を使い、初冬の空気感まで撮れるようにアドバイスいたします。

広い「新宿御苑」の苑内で、撮影向きなポイントや被写体を講師がご案内します。講師の作例写真を参考に、参加の皆様が撮影、一人ひとりにカメラの操作や絵づくりのアドバイスをさせていただきます。
撮影終了後、希望者には、写真を拝見して、大まかに講評する予定です。

《主な撮影内容》
●建物内から見る日本庭園
●初冬の庭園風景
●冬枯れのプラタナス並木

《教える内容》
●その日の撮影に合わせたカメラの基本設定
 (撮影モード・ISO感度・ホワイトバランスなどの設定を説明)
●撮影ポイントでの作例を撮影
 (撮影した画像を使って、ビジュアルに撮り方を説明)
●参加者が撮影
 (撮影中に絵作りと技術面のアドバイスを行う)
●撮影後に、希望者の写真を拝見して、大まかに講評します。

<使用カメラ・レンズ、三脚について>
◆レンズ交換式一眼レフ・ミラーレスカメラと、広角ズームレンズ、標準ズームレンズ(高倍率ズームレンズ含む)、のいずれかのある方。
◆三脚使用のできない撮影ポイントが多いため、手持ち撮影のみとします(三脚は使用しません)。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆参加にあたってお願いとご確認☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<お願い>
開催日程からお申し込みの際には、参加申し込みコメント欄に「当日ご使用のカメラ・レンズの機種名」と「当日の携帯番号(待合せ連絡用)」をご記入ください。
そのほか、写真についてのご質問などありましたら、ご記入ください。
<集合場所の確認>
お申し込み後、開催2日前までに、詳しい集合場所をお知らせします。本講座のグループメッセージをご覧ください。
<雨天中止>
本講座は雨天中止です。中止の場合は、遅くとも当日午前6時までに、講座のグループメッセージでご連絡します。

teacher

この講座の先生

Iguchi Tsuneo

撮影を楽しみながら、写真が上手くなります♪ 

フィルム時代には、山岳写真や風景写真で活躍。
雑誌『山と溪谷』フォトコンテスト年間努力賞、雑誌『風景写真』フォトコンテスト当月最優秀賞、富士フィルム・ネイチャーフォトコンテスト入選(3回)など、受賞。
隔月刊『フォトテクニック』(玄光社)の依頼により、多くのムック本へ作例を... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    13:00 新宿御苑の待ち合わせ場所に集合。 
    13:00~13:20 各自のカメラの設定を確認、当日の撮影を大まかに説明します。
    13:20~14:30 撮影ポイントを巡り、講師が作例で撮り方を説明、参加者に撮影してもらいます(個別にアドバイスあり)。以後、数箇所で撮影。
    14:30~15:00 撮影後、希望者の撮影結果を大まかに講評します。
  • こんな方を対象としています

    ◆初冬の庭園風景を、スッキリした写真に撮ってみたい方。
    ◆標準ズームレンズの使い方を、庭園風景を題材に学んでみたい方。
    ◆初冬のクリアーな空気ものとで撮影し、心身をリフレッシュしたい方。
  • 受講料の説明

    参加費は受講のみの価格です。
    「新宿御苑」では、入園料=200円(一般)が必要です。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ●デジカメの電池は、フル充電したうえ、ありましたら予備電池をお持ちください。
    ●カメラの取扱い説明書がありましたら、ご持参ください。
    ●庭園の遊歩道を歩きながら撮影しますので、歩きやすい靴でご参加ください。
    ●当日の気温に合わせて、防寒対策(帽子・手袋・携帯カイロなど)をお願いします。
    ●当日、途中から小雨が予想される場合には、折りたたみ傘をご持参ください。

review

感想

  • 男性

    この講座は「冬でも写真は楽しめる」でした

    寒さ対策は必要ですが、冬ならではの雰囲気がある写真が撮れました
    広角が多めなので画面の整理の仕方などが学べます

  • 女性 40代

    この講座は「ますます写真を撮りたくなる!」でした

    私はずっと、見た目以上に写真で風景を美しく切り取るのは難しいのではないか・・・と、思っていました。
    今までは食わず嫌いで、広角ズームをほとんど使わずに来てしまっていたのです。
    この講座に出てみて、視界よりずっと広い画角で、歪みや遠近感、空のグラデーションでさえ味方にして美しい風景を撮る事が出来るのだと目からウロコの連続でした。
    教わった事を生かしてすぐ次の写真を撮りに行きたくなる。そんな講座でした。

  • 男性 40代

    この講座は「画面の隅々に気を配る」でした

    去年から十数回目の受講、今年初めての講座でした。
    この時期、撮るものあるのかなーという気持ちも半分あったのですが、そんな心配は全く無用でした。
    長い影、プラタナス並木、水仙(ペーパーホワイト)の群生は圧巻です。
    講座前に少し早く新宿御苑内に入り、散策するとロウ梅は見頃でしたし、カンザクラもわずかですが咲いている花がありました。まだ寒いですが、もう十分撮影を楽しめるシーズンに入っていると思いました。

    講座では先生お手製のテキストがやはり素晴らしいです。
    作例はとても美しく、こんな写真を撮ってみたいと思わされます。

    沢山参加させていただいてきて、少しずつですが、画面の隅々に気を配ることができるようになってきました。
    これはという被写体を見つけたときは絞りを変えて何枚か撮ったり、また少し構図を変えて更に何枚か撮ったり、そういう風に被写体を大事にするようになってきた気がします。

    今年もこれからの講座が楽しみです。

  • 男性

    この講座は「引き出しを増やす」でした

    「初冬風景を撮る」というテーマでいくつかのシーンごとに
    撮影のコツを教えて下さり、風景撮影の引き出しを増やすことができました。
    また、テーマに合わせて写すポイント、写さないポイントを知ることで
    画面の整理の仕方を学ぶことが出来ました。
    (それにしても寒かった...)

  • 女性 50代

    この講座は「季節を切り取る」でした

    素晴らしい景色に感動してシャッターを押したのに、撮った写真を見ると「こんな筈じゃ…」というのは、誰でも経験したことあると思います。この講座では、フレーミングする際に、どこにポイントを置くか、何を表現するかを適切な場所で実践を通して学ぶことができるので、上記のような悩みを持っている人にピッタリな講座です。意識してフレーミングするだけで、切り取られた風景がぐっと生きてきますし、また、切り取り方によっては、実際の景色よりも良く写すこともできるんじゃないかと思います。写真を撮るのが、より楽しくなりました。ありがとうございます。

  • 男性

    この講座は「冬枯れの魅力をドラマチックに仕上げる」でした

    秋の紅葉撮影も楽しいですが、それと同じくらいに冬ならではの枯れた繊細な写真を撮るためのポイントを知ることができました。
    自然風景の中で、逆光でシルエットになった木の細い枝、長くのびる陰を生かしたドラマチックな絵作りは、この季節ならではの楽しみ方ですね。被写体との距離の取り方、広角レンズのうまい使い方も学べてとても勉強になりました。

  • 女性

    この講座は「風景写真を楽しめる」でした

    設定の講義、実務、講評がありいいところ悪いところをしっかり知れます!風景を撮るのは初でしたが、また参加したいと思います。
    冬はさむいので、手袋とカイロは必須です笑。