プロモデルを撮影しながらホリゾントスタジオでライティングを極める!

様々なテクニックを実践から身につけましょう! 複雑な条件下でいかにして露出を決定するのか? トータルで学ぶことで発想力と対応力を養おう

こんなことを学びます

写真は誰でも簡単に表現できる最も身近なアートです。
そのアートを自分のものにできれば、きっと日常がより楽しくなります。
ほんの少しの技術の向上で劇的に上手く撮れるようになります。
光、構図、モチーフ 写真の3原則をマスターすることで、ワークショップが終わった瞬間から自信がつくこと間違いありません。

この講座ではホリゾントスタジオで実際にモデルを撮影しながら
新たなテクニックを習得していきたいと思います。
講座の流れとしては3部構成になっております。
各講座の内容については下記詳細をご参照ください。
3部全てを受講して頂ければ完結する内容となっていますが、
興味のある回のみを受講されても結構です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
講師ウェブサイトはこちら
https://www.suzukiakira.com/

今回、ワークショップのモデルとして参加してくれるのは
壱婁ちゃん
https://twitter.com/ichiru_t
卓越した表現力と身体のフォルムの美しさに定評のある彼女は
今回のテーマにぴったりのモデルさんです。

スタジオはレンズマン六本木
http://lensman.jp/roppongi/accessmap/
機材も豊富でとても使いやすいスタジオです。
六本木駅からも近くとても便利です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

講義内容
写真はもっと身近で手軽に表現が可能なアートです。
押せば写るので想像したものをカタチにするのは簡単です。
しかしながら、想像力が増せば増すほど表現をするための技術が必要になってきます。
どんなアートでもそうなのですが思い通りに具現化しようと願えば、技術の必要性に迫られるでしょう。そこで今回は基礎からしっかりと学びつつ、それを応用し表現に活かせるようなワークショップを展開していきたいと考えています。

第1部 (12時〜13時半)
1灯ライティングを極める!
基礎編
とにかくパーフェクトなグラデーションを描く光を当てる!
実際にライティングを組むところから実践してみたいと思います。
人の顔の凹凸は千差万別です。
モデリングを当てながら、どの角度で、どれくらいの距離感で、何を意識して狙えば最高に美しい光を当てられるのか? 
まずは、そこに重点をおいてライティングしてみましょう。
ここでは難易度は高いですが、僕がスタジオでポートレートを撮る際に最も利用しているオパライトを利用して習得してみたいと思います。
次に背景にニュアンスの光を当てて雰囲気を出してみましょう。
光と影とグラデーションのバリエーションが出るので、そこをどう切り取るのか?
事前に狙いを考えて、それをモデルさんに伝えてセッションしてみましょう。
寄りの写真が撮れたら、次は横になってもらった状態でライティングを調整してみましょう。1灯で顔も身体のラインも美しく表現するにはどうすればいいのか?検証しつつ撮影していきましょう! 背景の光もあるので様々なバリエーションが考えられると思います。そこで違いを出すアイデアを練ってみることが重要です。

第2部 (14時〜15時半)
1灯ライティングを極める!
応用編
様々なディフューザーが世の中に溢れています。
それぞれに特性があって長所、短所があり全てを使いこなせればいいのですがなかなか難しい問題です。
そこでいくつかのディフューザーを撮り比べることによって経験値を増やして、感覚を養いましょう。 
ベア、直トレ、オパライト、ホワイトアンブレラ、シルバーアンブレラ、透過アンブレラ、ボックスなど、代表的なものは全て揃っているのでその中から3つをピックアップして実際に撮り比べてみましょう。それぞれの特性やベストな当て方についてもレクチャーします。
次に、ライティングの特性が理解できたら利用の仕方を工夫してみましょう。
ここではライトを自由自在に操ることで、光から解放されることを体験して頂きたいと思っています。

第3部 (16時〜17時半)
応用編
自由に表現するためのテクニックを身につける!
ホリゾントスタジオならではの撮影技法にトライしてみましょう。
多灯ライティングで複雑な影を演出してみる。
ストロボ光と定常光をミックスして複雑な影や色を楽しんでみたいと思います。
人工的に情景を演出することで想像力を掻き立てられるビジュアルを目指しましょう。
リフレクションを活かすことで水面に横たわっているかのような情景を生み出す。
背景にマジックアワーのような空間を生み出し、シルエットの美しさを追求してみましょう。
モチーフをしっかりと意識することで、モデルさんとの意思疎通も円滑になり創造性溢れる作品が産み出せるようになります。
説明的にならないよう注意も必要です。作品を見た人々に何を想像させられるか? 
そのことを意識して撮影してみたいと思います。

各講座の流れ

講義 10分
実践しつつ講評 70分
質疑応答 10分

はじめに講座の内容説明をします。
どのような狙いがあってこのライティングで撮るのか?
この構図で撮影することでどのような視覚的効果があるのか?
グッと惹きつけられる作品と自分の写真との差はどこにあるのか?
様々な問いに答えを見出しつつ実践に活かしていきましょう。

こちらで事前に準備しておいたライティングでモデルを撮影していきます。
撮影は1人ずつ順番に行います。
各自1ターン、約1分半を想定しています。
撮影者以外の参加者は、お互いの写真を見ながら講評しつつ、次のターンの撮影のテーマを探ってもらいます。
1つのライティングに対して各自2ターンずつ撮影を行います。
3パターンのライティングを準備しているので、計6ターン撮影可能となります。
時間の許す限り撮影して頂きたいので、実践重視の内容構成にしてあります。

撮影終了後、全体の内容を振り返りつつ総括します。
最後に質疑応答の時間を設けています。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

六本木・赤坂

価格(税込)

¥9,800

受けたい
48人が受けたい登録しています

開催日程

現在この講座の開催日程の講座はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

開催リクエストする

この講座の先生

表現することを楽しもう!

都内スタジオに3年間勤務
フリーのロケアシスタント経験を経て独立
バンタン写真専門コース講師
MGRA写真教室講師
女優のポートレート撮影を中心に活動中

写真はほんの少しのテクニックで劇的に上手に撮れるようになります。
自分も独学で写真を学んできているので、写真の技術を向上させたい人の気持ちがとても良く理解できます。
自分が先輩方や数多くの優秀な表現者から受け継いだ知恵や経験を次世代の方々のために役立てて貰えたら幸せなことだと思い、この活動を始めました。
ワークショップを通じて表現することの楽しさを感じてもらえたらとても嬉しく思います。

講師経歴、仕事内容についてはWEBサイトをご参照ください。
またTwitter、Instagramでもワークショップの情報を発信しているので、そちらもフォローしてください。DMを頂ければ優待チケットをお送りします。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    90分程度

    <当日のレッスンの流れ>
    10分 講義
    70分 実践しつつ講評
    10分 質疑応答

    このワークショップでは、実践を重視した構成となっています。
    • こんな方を対象としています

      経験は特に問いません。
      初心者の方でも上級者でも楽しんで頂ける内容となっております。
      写真が好きでもっとうまくなりたい方。
      もっと表現としての写真を楽しみたい方。
      スタジオでの撮影に挑戦してみたい方。
      このような方に特にオススメです。
    • 受講料の説明

      受講料にはスタジオ料金、機材費、モデル出演料金が含まれます。
      当日発生する料金はありません。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      当日は普段ご利用になっているカメラをご持参ください。
      他にも利用している機材があれば持参して頂いて結構です。
      可能であれば、これまでに撮影した写真を携帯端末やパソコンに保存して
      持参して頂けるとアドバイスがしやすいです。

      当日は動きやすい服装でご参加ください。
      ホリゾントスタジオでの撮影ですので、デニムのような色移りするパンツはお避けください。チノパンのような擦れても色が移らないものを推奨します。
      靴下も白がおすすめです。

      ご利用のカメラはシンクロ接点はございますか?
      カメラについていない場合はホットシューアダプターをご持参ください。
      両方ともない方はクリップオンストロボをご持参ください。
      ラジオスレーブをお持ちの方はご持参ください。
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 8
    • 楽しかった!( 4 )
    • 勉強になった!( 4 )
    • 行く価値あり!( 4 )
  • M3

    男性 50代

    この講座は「考えて撮影する大切さを認識出来るワークショップ」でした

    先生が3、4通り程セットアップしたライティングを参加者が順番に撮影していくスタイルです。1セット毎に主旨を説明して頂けるので、それを各自理解(解釈)して撮影を行い撮影した写真を参加者全員に見せながら先生のアドバイスを貰います。かなり頭がいっぱいいっぱいなりますが、何も考えないで何気なく撮影するのとでは結果が大きく違い、考えて撮影することの大切さを知りました。また撮影直後にアドバイスが頂けるので次の撮影にすぐ活かせます。本ワークショップお勧めです!

  • M2

    男性 50代

    この講座は「かなり本格的です。でも短時間で学ぶものはすごく多いです。」でした

    スズキアキラ先生 ご指導ありがとうございました!お作法が色々わからず戸惑っているところを優しくアドバイスいただきありがとうございます!次回も楽しみにしています。

  • M2

    男性 60代

    この講座は「プロモデルを撮影しながらホリゾンタルスタジオでライティングを極める! 上級編2」でした

    上級編2では 種類の違う複数のライトを組み合わせて、いろいろな表現を体験します。
    ワークショップとあるように 理論ガチガチの講座ではありません。
    初級編と同様に各自が撮影した画像を見せて、皆で褒めたり、改善ポイントなどを話し合います。

    種類の違う複数のライトを組み合わせ、影やシルエットを生かす撮影は面白かったです。
    ただ、複数のライトを組み合わせるのは 1時間程度の撮影会ではできないレベルです。

    かなりレベルの高い内容ですが、撮影会に参加されている方は 一度体験してもいい講座だと思います。

  • M2

    男性 60代

    この講座は「プロモデルを撮影しながらホリゾンタルスタジオでライティングを極める! 上級編1」でした

    上級編1では いろいろなライトを使って、特性の違い、表現の違いを体験します。
    ワークショップとあるように 理論ガチガチの講座ではありません。
    初級編と同様に各自が撮影した画像を見せて、皆で褒めたり、改善ポイントなどを話し合います。

    ライトの特性を生かした(特性に合った)撮影をする必要性を感じました。

    写真に対して、何がどのように良いのか、または悪いのかを言葉で説明するのは、難しかったです。
    ただ、言葉で表現できないと、モデルさんに指示できないので、もっと勉強が必要だと感じました。
    講師の言葉で「なぜ、ここでポーズ替えちゃうの?」「なぜもっと深堀りしないの?」が、特に印象に残っています。

    撮影会に参加されている方は 受けたほうが良い講座だと思います。

  • M2

    男性 60代

    この講座は「プロモデルを撮影しながらホリゾンタルスタジオでライティングを極める! 初級編」でした

    初級と言っても、各自持ち込むカメラのマニュアル露出設定などの操作は 一通りできる前提の講座です。
    ワークショップとあるように 理論ガチガチの講座ではありません。

    初級編は ビューティーディッシュ(オパライト)1灯での撮影をします。

    単にライティングだけでなく、ポーズやフレーミングの話もあり、面白かったです。

    撮影はマニュアル露出で行いますが、私は最初勘違いし、フォーカスまでマニュアルにしてしまいました。
    このため撮影テンポが悪くなり、魅力的なモデルさんなのに撮影枚数が減ってしまったのがちょっと残念でした。

    撮影会に参加される方は 必須の講座だと思います。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?