お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

【ライブオンライン】戦略的プレゼン資料作成講座~入門編~

対面 オンライン

~外資コンサル流、会社では絶対に教えてもらえない、早く、わかりやすい資料を作る技術~

こんなことを学びます

【全国からの受講可能なライブオンラインで開催】

全国から受講可能です。リアル版との内容の差はなく、チャットでの発言、アンケートシステム、ブレイクアウトセッション、挙手ボタンを活用することで一方的ではなく、集中力が途切れないインタラクティブなセッションです(zoomの操作は冒頭に説明するので初心者もご安心ください)


<元外資コンサルによる「戦略的プレゼン資料作成講座~入門編~」とは>

「戦略的プレゼン資料作成講座~入門編~」は、ルバートが提供する資料作成講座の中で、資料作成初心者の方を対象にした講座になります。いきなり2日間講座を受けるのに不安があるという方にも適した講座です。

スライドでどのように自分の主張を表現したら良いかわからない、箇条書きのスライドばかりを作ってしまう、そんな方が基本的な図解を使って情報や自身の主張を表現できるようになることを目指しています。

【本講座の特徴】
①よくありがちな「講座を受けただけで満足」にならない、実践の場を意識した講座デザイン

以下の4ステップで図解作成がすぐ業務に使える形で身に付くように講座をデザインしています。

(1)スライドの要素の理解 
・スライドタイトル、スライドメッセージ、ボディの役割を理解します

(2)わかりやすいスライドの作り方
・箇条書きスライドを時間をかけずにわかりやすくする方法を学びます

(3)6つの基本図解とビジュアルの活用
・シンプルな論理を示す6つの基本図解を習得することで、論理的に
自分の考えを伝える方法を学びます
・ビジュアルの活用で右脳的な伝え方も習得します

(4)実践問題へのチャレンジ
・実践問題を通して、知識をスキルに変えます
・整理された情報の図解化、そして記事の図解化を行います


② 資料作成のスピードUPによって個人の生産性を向上し、「考える時間」の創出を実現します

考える量=考える速さ×考える時間

「考える速さ」は人によって異なり、速くするためにはかなりの経験が必要です。一方、「考える時間」については、作業時間を減らすことで捻出することが可能です。作業時間を減らすためには、ショートカットを駆使したり、資料作成の「型」と効率的な操作を身に着けたりすることがとても重要です。

つまり、「こういう資料を作りたい」と思った時に、自然と指が動く状態を作り上げると、「作る」時間を削減して「考える」ことに時間を割けるようになるのです。

③ 資料を作成するときに必要とされる、あらゆる仕事に求められる6つのポータブルスキルを強化が可能
(1)仮説思考
(2)論点思考
(3)ロジカルシンキング
(4)図解思考
(5)数字思考
(6)文章力

元外資系戦略コンサルタントが「人を動かす」「一人歩きする」資料を「早く」作るドキュメント・コミュニケーションスキルを体系的に指導します。ドキュメント・コミュニケーションとは、企画や提案を資料に落として、口頭での説明なしでも資料のみで伝わる方法です。

本講座では、いわゆる写真やイメージが中心のプレゼン資料ではなく、相手に資料を渡せば、資料が勝手に一人歩きして、相手が動いてしまう資料の作り方をお教えします。(他方でプレゼン資料はドキュメント・コミュニケーション資料をベースにすればすぐに作成可能です)

単なるPowerPointの使い方だけではなく、コミュニケーションの目的の設定、仮説思考による構成決め、ロジカルシンキングを用いた情報整理、スライドメッセージの決定、図解やグラフによる説明を通して、「総合的な仕事の基礎力」の養成を目指します。また、実際に仕事の現場で説得力を増すための秘訣も、講師が伝授していきます。

講師は、法人向けビジネスコンサルティングも行っており、リアルなビジネスの現場の状況を把握し、日々のコンサルティングから得られた知見を常に講座に反映しています。現役コンサルタントだから提供できる「現場で実践されるスキル」を皆さまに提供します 。

講師に関する記事や登壇レポート(他、多数あります)
・日経BizGateの記事 https://bizgate.nikkei.co.jp/series/DF220320183621/
・アカデミーヒルズスクールでのセミナー https://www.academyhills.com/school/detail/av5bgp000000qhi5.html
・ヤフー株式会社LODGEでのセミナーレポート https://www.rubato.co/blog/19030301-2/

◆戦略的プレゼン資料作成講座の全講座についてはこちらをご覧ください。

https://www.slideshare.net/rubatoslide/190410-slideshare-rubato2


▼講座ラインナップ

【戦略的プレゼン資料作成講座 入門】
⓪戦略的プレゼン資料作成講座~入門編~ https://bit.ly/2OfCM8r

【戦略的プレゼン資料作成講座 総合】
①戦略的プレゼン資料作成 2日間集中講義 https://bit.ly/32tVi2N

【戦略的プレゼン資料作成 実践講座一覧】
②資料作成キャンプ http://urx.space/NHZb
③全体プロセス演習 https://00m.in/pRE8v
④ストーリーライン実践編 http://urx.space/NHYX
⑤図解実践編~図解での比較~ https://00m.in/eASRT
⑥図解実践編~ビジネス図解のルール https://bit.ly/2nZ0goP
⑦グラフ実践編  https://bit.ly/2NEEd1f
⑧操作と表現編~文字と図形の操作 https://bit.ly/2ZDGXlX
⑨操作と表現編~表とグラフの操作 https://bit.ly/2MLXjTs

※②の資料作成キャンプは毎月開催の演習講座ですので①を受講後は継続しての受講をおすすめしています

※実践講座の推奨する受講順番は、⑧⑨→⑤⑥⑦→④→③です



https://youtu.be/XGJbUgiiHpg
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

秋葉原・御茶ノ水

価格(税込)

¥3,800

受けたい
47人が受けたい登録しています

対面で受講できる日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥3,800
場所 秋葉原・御茶ノ水

オンラインで受講できる日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥3,800

この講座の先生

Rubatoアカデミア 講師チームのプロフィール写真
「人を動かす資料コミュニケーション」を実現します

Rubatoアカデミア 講師チーム

◆松上 純一郎
神戸大学大学院、University of East Anglia修士課程修了
米系戦略コンサルファームのモニターグループで、マーケティング・営業戦略等の策定に従事。その後NGOにて企業の新興国進出案件に携わる。現在はルバート代表取締役として、事業計画策定等のコンサルと研修に従事。

◆大塚 雄之
Thunderbird School of Global Management修了
外資系化学メーカー3M Japanでアカウンティング、キャッシュマネジメント、組織再編、ビジネス開発、工業用製品の予算策定・実績管理の業務等に従事。
現在は米系ヘルスケアメーカーで、ファイナンスの観点からvision策定と戦略実行サポートに従事。

◆渡邉 浩良
筑波大学大学院人間総合科学研究科修了
JTB総合研究所で観光のマーケティング戦略や事業戦略のコンサル業務に従事し、現在JTBに勤務。競合にプロポーザルで負けた経験から、資料作成研究をはじめる。

◆中川 拓也
慶應義塾大学環境情報学部卒業
JTBを経て、JTB総合研究所で観光のマーケティング戦略や事業戦略のコンサル業務に従事

この講座の主催団体

Rubatoアカデミア

ビジネスパーソンが社会で活躍するために不可欠な「ビジネスコアスキル」と「セルフマネジメントスキル」の2つの領域の実践的な講座を提供するアカデミアです。ビジネススキル習得のための集大成ともいえるロジカル思考に基づく「戦略的プレゼン資料作成講座」をメインに開講しています。

▼Rubatoアカデミアのミッション
Rubatoとは「テンポを自由に動かしながら演奏すること」を意味する音楽用語です。人ぞれぞれ、自分に合ったテンポで人生を歩んでいく。人は学び続けることで、自らを変え、人生を選び取っていくことができると私たちは考え、学びたいと思うすべての方に真摯に向き合います。

▼Rubatoアカデミアをスタートした背景
会社勤めの方から、よくこんな悩みを耳にします。
– ちょっとした資料や分析に時間がかかり、気がつけば残業。。。
– 話の内容や資料が分かりずらいとよく言われる
– 根性がウリだが、それだけでは通用しないと感じてきた
– 自分の考えを上司に上手く伝えられない
-顧客に提案がうまく伝わらない

仕事で... もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる
  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ①イントロダクション 20:00-20:10
     資料作成の考え方
     プレゼン資料と説明資料の違い

    ②スライドの要素 20:10-20:30
     スライドタイトル、スライドメッセージ、ボディの役割

    ③基本図解 20:30-21:00
     6つの基本図解とビジュアルの活用
     強調の方法

    ④実践問題 21:00-21:50
     整理された情報の図解化
     記事の図解化

    ⑤まとめ 21:50-22:00
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      この講座は「zoom」によるオンライン講座です。
      受講方法についてはグループメッセージ等で講師よりご連絡します。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 10
    • 楽しかった!( 4 )
    • 勉強になった!( 5 )
    • 行く価値あり!( 6 )
  • M2

    男性 40代

    この講座は「説明する場合に図解しながら理解する方法が分かる講座」でした

    報告書や企画書作成などの際、説明が文章だけになってしまうことがありますが、それらを図解しながら理解し、更には表現する方法がよく分かりました。

  • M3

    男性 30代

    この講座は「実際に問題にも取組み、実践的な講座でした。」でした

    事前の配布資料を拝見した時に本当に2時間でここまで理解できるのか?と思いましたが、とてもロジカル、かつ構造的な構成になっておりましたので、理解しやすかったです。

  • W3

    女性

    この講座は「分かりやすく伝える方法を教えていただきました」でした

    図式化することで一目でわかる資料の作り方がわかりました。
    オンラインでも十分学べました!
    早速取り入れてみます。

    先生からのコメント

    オンラインでも図解化のポイントを押さえていただけたということで、ぜひ資料作成だけでなく、ファシリテーションなどでも活用してみてください。どうもありがとうございました。

  • M1

    男性 40代

    この講座は「説明資料づくりに重要な型を知ることができる講座でした。」でした

    マーケティングやコンサルティング、データ分析としたソリューションで支援をする業務に従事しており、資料作りはありとあらゆるものを作る対応をしてきたつもりでしたが、基本として重要な型があると再認識できました。

    直近の日程は合いませんでしたが、2日間の講義も受けてみたいと思っております。
    ありがとうございました!

    先生からのコメント

    資料作りに豊富な経験のある方は、自身の経験の整理になるというコメントを多くいただきます。今後、ご自身の資料作りの際に型の概念を取り入れていただけると資料作成スピードもアップすると思います。2日間もどうぞよろしくお願いいたします。

  • M1

    その他 50代

    この講座は「戦略的プレゼン力が感じられず、オンラインの運営も改善の余地あり」でした

    基本理解は進んだ一方で、講座のクオリティー面では期待外れと感じました。
    内容が「戦略的プレゼン資料作成講座」なのに対し、講座の運営そのものから戦略的なプレゼン力を感じ取れなかったためです。
    例えば、スライドが何度も前後したり、基本型について何度も同じ説明をしたり、挙句に後半時間不足になるなど、「戦略的プレゼン」とは感じられませんでした。
    「今は分かりにくいでしょうが後から説明します」と聞いた時は、資料作成の段階でどんなロジックを組み立てたのだろうかと考えてしまいました。
    さらに具体例をあげると、「背景型と合流型の違いは時間の流れの有無」とのことでしたが、講座内で取り上げられた演習の例(訪日外国人の増加と、アマゾンの最高益)からは、全くその違いを理解することができませんでした。
    また、ZOOMでの講座運営については、(皆手探りの状態であることは理解しますが)改善の余地が大きいと感じました。一例としては、講師複数人体制であれば、チャットでの質問に何らかのレスポンスが欲しかったです。
    最後の演習で、一見難解な新聞記事を図解で整理ができると体感できたのは、とても良かったと思います。

    先生からのコメント

    率直なフィードバックをいただきありがとうございます。
    500文字の制約の範囲内ですが、回答させていただきます。

    ①スライドの前後、同じ説明、後から説明
    学習効果を意図して説明の繰り返しなどは行っております。
    ただ、私どもが気付いていない部分もあると思います。具体的には直接メッセージにて確認させてください。

    ②時間配分
    zoom開催でインタラクションを高め学習効果を上げる意図の中で時間が押してしまいました。申し訳ありません。改善します。

    ③背景型と合流型
    背景型と合流型の違いは多くの方が質問されるポイントになります。受講前の方がご覧になるレビューですので、別途、直接メッセージでご説明します。

    ④質問対応
    講座後の1時間の講師陣の振り返りで、アンケートに書いて頂いたように、お客様の質問に回答が出来なかったことに気付きました。講座の裏側で講師間でコミュニケーションはしており、ほとんどの質問は答えていたと思いますが、ご指摘の質問は漏れたのだと思います。申し訳ありません。

    頂いたフィードバックを今後の改善に活かします。丁寧なご指摘ありがとうございました。

  • この主催団体の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?