深まる秋景色(錦秋~初冬風景)を撮る!〔小石川後楽園〕

この時期、真っ赤な紅葉と、はらはら散る落ち葉が好対照です。秋から冬へ移ろう風景を、写真に撮ってみましょう!

こんなことを学びます

東京を代表する日本庭園である『小石川後楽園』の紅葉は、盛りを迎えると、見事な美しさで来園者を魅了します。そんな紅葉も最盛期を過ぎるとハラハラと舞い落ち、艶やかだった秋色が日増しにかげって行きます。どんなに見事な風景にも、終わりが訪れます。紅葉の美しさのピークと冬の気配が同時に見られるこの頃、季節の移ろいを実感することができます。

この講座では、紅葉のピークの美しさと、落ち葉や寂しくなった枝々へも目を向けながら、移ろう季節を写真に表現してみます。紅葉の見事さと、“過ぎ行く秋を惜しむ心情”を表現するのがねらいです。
園内の散策路を回りながら、こうした撮影に適した撮影ポイントや被写体を講師がご案内します。講師の作例写真を参考に、参加の皆様が撮影、一人ひとりにカメラの操作や絵づくりのアドバイスをさせていただきます。
撮影終了後、希望者の写真を拝見して、大まかに講評する予定です。

《教える内容》
●その日の撮影に合わせたカメラの基本設定
 (撮影モード・ISO感度・ホワイトバランスなどの設定を説明)
●撮影ポイントでの被写体の撮り方
 (撮影する対象の選び方と絵作りの仕方を説明)
●撮影ポイントでの作例を撮影
 (撮影した画像を使って、ビジュアルに撮り方を説明)
●参加者が撮影
 (撮影中に絵作りと技術面のアドバイスを行う)
●撮影後に写真を拝見して、大まかに講評いたします。

<使用カメラ・レンズ、三脚について>
◆レンズ交換式一眼レフ・ミラーレスカメラと、標準ズームレンズ(高倍率ズームレンズ)、望遠ズームレンズのいずれかのある方。
◆標準ズームレンズ付きのコンパクトデジカメをお持ちの方。
◆標準ズームレンズ(18~55㎜クラス)と望遠ズームレンズどちらもお持ちの方は、両方をお持ちください。 
◆人出の多い紅葉の期間は、三脚・一脚は使用禁止のため、手持ち撮影のみとします(三脚は使用しません)。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆参加にあたってお願いとご確認☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<お願い>
開催日程からお申し込みの際には、参加申し込みコメント欄に「当日ご使用のカメラ・レンズの機種名」と「当日の連絡先(携帯番号)」をご記入ください。
そのほか、写真についてのご質問などありましたら、ご記入ください。
<集合場所の確認>
お申し込み後、開催2日前までに、詳しい集合場所をお知らせします。本講座のグループメッセージをご覧ください。
<雨天中止>
本講座は雨天中止です。中止の場合は、前日23時までに、講座のグループメッセージでご連絡します。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

四ツ谷・飯田橋

価格(税込)

¥4,500

受けたい
13人が受けたい登録しています

開催日程

現在この講座の開催日程の講座はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

開催リクエストする

この講座の先生

撮影を楽しみながら、写真が上手くなります♪ 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇【 お知らせ 】◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2019年4月で、延べ受講人数が1,000人を超えました。
これも、受講者の皆様のご支援・リピートがあってのことです。これからも、充実した講座となるよう、精進しますので、よろしくお願いいたします。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

フィルム時代には、山岳写真や風景写真で活躍。
雑誌『山と溪谷』フォトコンテスト年間努力賞、雑誌『風景写真』フォトコンテスト当月最優秀賞、富士フィルム・ネイチャーフォトコンテスト入選(3回)など、受賞。
隔月刊『フォトテクニック』(玄光社)の依頼により、多くのムック本へ作例を掲載。

四季の花をテーマに撮り続けて、花写真教室で指導を続けています。フルール花写真教室⇒ http://cfphoto.exblog.jp/

近年、花撮影のほか、レンズの使いこなし術をテーマに、いろいろな新講座を企画しています。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    〔午前に開催の場合〕
    10:00  撮影地の日本庭園入口に集合
    10:00~10:10  カメラの設定、基本的な撮り方、当日の巡回コースの説明。
    10:10~11:30  複数の撮影ポイントで、撮影を実例で説明、各自でも撮影(アドバイスあり)。
    11:30~12:00  参加者の写真を拝見し、大まかに講評。 

    〔午後に開催の場合〕
    13:30  撮影地の日本庭園入口に集合
    13:30~13:40  カメラの設定、基本的な撮り方、当日の巡回コースの説明。
    13:40~15:00  複数の撮影ポイントで、撮影を実例で説明、各自でも撮影(アドバイスあり)。
    15:00~15:30  参加者の写真を拝見し、大まかに講評。 
    • こんな方を対象としています

      ◆紅葉写真をキレイに撮る撮り方を学んでみたい方。
      ◆紅葉や花などの自然がお好きで、自身でカレンダー・ポストカードを作れるくらいに綺麗に撮ってみたい方。
      ◆ふだん触れられない季節の息吹きに触れて、心身をリフレッシュしたい方。
    • 受講料の説明

      参加費は受講のみの価格です。
      撮影地の「小石川後楽園」の入園料は、300円(一般料金)です。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      ●デジカメの電池は、フル充電してくるか、予備の電池をお持ちください。
      ●カメラの取扱い説明書がありましたら、ご持参ください。
      ●庭園の遊歩道を歩きながら撮影しますので、歩きやすい靴でご参加ください。
      ●当日の天気・気温に合わせた服装・身支度でおいでください。
      ●当日の気温によっては、手袋やマフラー、携帯カイロなどの防寒対策をお願いします。
      ●当日、途中から小雨が予想される場合には、折りたたみ傘をご持参ください。
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 6
    • 楽しかった!( 5 )
    • 勉強になった!( 5 )
    • 行く価値あり!( 5 )
  • W3

    女性 60代

    この講座は「紅葉の彩りの美しさを撮るためのポイントを学べる講座」でした

    彩りよく撮影するためには背景を選ぶなど、わかりやすい説明と、先生が教えてくれた立ち位置から撮ると写真が今までと違ってきれいに撮れました。先生の講座のリピーターですが、毎回最後に撮った写真をみてもらえるのが、撮りっぱなしにならなくていいと思っています。

  • M3

    男性 50代

    この講座は「初冬の落ちかけた紅葉をどうやって撮影するか?」でした

    寒さはそれほど辛くなく、日差しが十分にありました。
    おかげで順光や逆光による色の変化を楽しく教えていただけました。
    構図は正統派であとはどこをどう切り取るか?です。
    色々なことを教えていただけました。
    ありがとうございました。

  • M2

    男性 60代

    この講座は「冬準備を始めた小石川後楽園」でした

    後楽園の案内と撮影指導をしてくれました。
    湖面に写るシンメトリーな風景を撮影しました。

    なかなか楽しかったです。

  • M2

    男性 40代

    この講座は「深まる秋景色(錦秋~初冬風景)を撮る」でした

    毎度の事ながら、とても面倒見の良い先生です。先生の写真に対しての哲学、価値観が受講生にしっかり伝わってくる講座です。講座の初めにプリントもくれるので、「本講座で、どんな写真を撮る事を目的とするのか」という事も受講生にしっかり伝達されます。

  • M3

    男性 50代

    この講座は「秋から冬へ、うつろう季節を満喫できる講座」でした

    枯れ枝と真っ赤な紅葉を組み合わせたり、紅葉と、緑に茂る木々を絡めたり、季節の変化を一枚の写真に凝縮する絵心を教えていただきながら、楽しい時間を過ごすことができました。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?