お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

【オンライン】電子工作の実践と応用・技術サポート

オンライン

個人対応、開催リクエスト対応、電子工作を実践する方を対象に「技術サポートコース」と「技術サポート&実験機材貸出コース」の2種類のコースを提供

こんなことを学びます

-------------------------------------------------------------------------------
この講座はオンライン(Zoom)で開催します
-------------------------------------------------------------------------------
開催日程で都合がつかない場合は個別に開催リクエストをお寄せください。日程調整いたします。
-------------------------------------------------------------------------------
<選べる2つのコース>
この講座は電子工作を実践する方を対象に「技術サポートコース」または「技術サポート&実験機材貸出コース」の2種類のコースのどちらかを選択していただきます。

☆「技術サポートコース」
・受講回数は単発の2時間x1回からサポート内容によって2時間x複数回の受講を想定
・受講者進捗状況に応じて、複数回、その都度予約して受講していただきます。
・受講者は以下の内容について、技術的サポートの提供が受けられます

1.電子工作に必要な具体的な各種情報
   技術情報、電子部品、設計情報など
2.電子工作を実践する上で必要な基礎知識
   基本的な電子回路の読み方
   基本的な電子回路の設計方法
   基本的な電子工作の環境構築ノウハウ など

☆「技術サポート&実験機材貸出コース」
・受講回数は2時間x6回から12回程度、半年程度の受講期間を想定
・受講者進捗状況に応じて、複数回、その都度予約して受講してください
・上記「技術サポートコース」の1,2に加え、「技術サポート&実験機材貸出コース」では以下の学習を支援、実験機材の無償貸出といくつかの実験部品(消耗品)の無償提供が受けられます

3.電子回路の学習支援
 参考図書や教材を用いた電子回路の基礎から応用まで
 受講者の学習をサポート、随時Q&Aも受けます
   
 ★参考図書の例

 参考図書1
 トラ技SP_150_実験が動きだす! 電子回路セミナ・ムービ140
 CQ出版 2640円
 https://shop.cqpub.co.jp/hanbai/books/MSP/MSP202004.html

 参考図書2
 オームの法則から! 絵ときの電子回路 超入門
 CQ出版 2640円
 https://shop.cqpub.co.jp/hanbai/books/46/46781.html

 参考図書3
 絵解きと計算と実験 アナログ回路の教科書
 CQ出版 2970円
 https://shop.cqpub.co.jp/hanbai/books/45/45251.html

 ※1回目の受講で上記の3冊ほか何冊かの参考図書をご紹介します
 ※2回目の受講までに気に入った参考図書を受講者にて購入してください
  
 ★実践的な電子回路実験キット
 高機能アクティブラーニングモジュール ADALM2000
 アナデバ製品 設計支援、教育学習用ツール $149.00
 https://www.analog.com/jp/design-center/evaluation-hardware-and-software/evaluation-boards-kits/adalm2000.html
 購入先の例 秋月電子 12580円
 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-14068/

 ※ADALM2000は受講者にて必要な時期に購入してください
 ※ADALM2000は評価用に貸出も可能な場合があります、ご相談ください
 ※この製品が自由に使いこなせるレベルを目標に受講者の学習を支援します

4.実験機材の無償貸出といくつかの実験部品(消耗部品)の無償提供
 受講者の電子回路実験を支援する実験機材といくつかの実験部品を主催者から無償提供します

 ★実験機材(返却要)と実験部品(消耗品扱いのため返却不要)の例
 https://drive.google.com/open?id=1hjT6n5GnSmsAAf4zMmFfQRw3w_mCMDE8
 ※ 受領時には、送付物の利用における責任の所在を明確化した受領確認をお願いしています
 ※ 実験機材の返却時の送料は受講者にて負担してください
 ※ 実験機材といくつかの実験部品の受領は2回目以降の受講タイミングになります
 ※ 在庫状況や個々の受講者のテーマによって内容物は異なります
 ※ 受講者側で実験機材と実験部品に相当するものをお持ちと主催者が判断した場合は実験機材の無償貸出といくつかの実験部品(消耗品)の無償提供はありません。

<初回予約前に必要なアクション>
・「技術サポートコース」または「技術サポート&実験機材貸出コース」のどちのコースを希望するか、ご連絡ください。
・技術サポート対象について具体的な内容を予約前にお知らせください。
・電子工作品の構成図、回路図等の設計情報などがあれば、それらも併せて
予約前に情報にご相談ください。

<予約完了後に必要なアクション>
・技術サポート内容に応じた1回目の受講環境を整備します。
・整備した受講環境に応じて、1回目の受講前の準備をお願いします。
・受講者進捗状況に応じて、複数回、その都度予約して受講してください。
・講座は最低、週2回開講設定します。また開催リクエストにも対応します。

<講座受講記録>
・講座受講記録や事前質問などは、以下のスプレッドシートで管理します

講座受講記録_質問シート(サンプル)
https://docs.google.com/spreadsheets/d/14B0QIxWhK03VLxL8Pb3xtzhMKiVszBqjdTEmPAiojtg/edit#gid=0

<レッスン時間>
・1開催につき2時間を基本としますが、Zoom開催ではレッスン時間を2時間に固定せず、10分単位で分割と積立が可能です。個別の受講記録スプレッドシートで管理します。

<開催日時>
毎週2回以上の定期開催の日程が設定されています。
開催日程で都合がつかない場合は個別に開催リクエストをお寄せください。日程調整いたします。
続きを読む

12月6日(日)

16:00 - 18:00

オンライン

予約締切日時

12月5日(土) 16:00

参加人数

0/1人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥5,000

この日程はZoom開催です。

12月11日(金)

20:00 - 22:00

オンライン

予約締切日時

12月10日(木) 20:00

参加人数

0/1人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥5,000

この日程はZoom開催です。

12月13日(日)

16:00 - 18:00

オンライン

予約締切日時

12月12日(土) 16:00

参加人数

0/1人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥5,000

この日程はZoom開催です。

12月25日(金)

20:00 - 22:00

オンライン

予約締切日時

12月24日(木) 20:00

参加人数

0/1人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥5,000

この日程はZoom開催です。

12月27日(日)

16:00 - 18:00

オンライン

予約締切日時

12月26日(土) 16:00

参加人数

0/1人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥5,000

この日程はZoom開催です。

1月3日(日)

16:00 - 18:00

オンライン

予約締切日時

1月2日(土) 16:00

参加人数

0/1人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥5,000

この日程はZoom開催です。
  • 12月6日(日)

    16:00 - 18:00

    オンライン

  • 12月11日(金)

    20:00 - 22:00

    オンライン

  • 12月13日(日)

    16:00 - 18:00

    オンライン

  • 12月25日(金)

    20:00 - 22:00

    オンライン

  • 12月27日(日)

    16:00 - 18:00

    オンライン

  • 1月3日(日)

    16:00 - 18:00

    オンライン

  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
29人が受けたい登録しています

オンライン受講日程

12月6日(日) 16:00 - 18:00

¥5,000
参加人数 0/1人

12月11日(金) 20:00 - 22:00

¥5,000
参加人数 0/1人

12月13日(日) 16:00 - 18:00

¥5,000
参加人数 0/1人

12月25日(金) 20:00 - 22:00

¥5,000
参加人数 0/1人

12月27日(日) 16:00 - 18:00

¥5,000
参加人数 0/1人

1月3日(日) 16:00 - 18:00

¥5,000
参加人数 0/1人

参加できる日程がありませんか?
先生に開催リクエストを送ってみましょう。

オンライン受講料に含まれるもの

受講料には2時間のレッスン費用が充当されます。受講時間は10分単位で分割と積立可能です。

この講座の先生

プログラミングと電子工作の体験・レベルアップ教室

大手通信機器メーカ勤務10年と大手通信キャリア勤務22年、それぞれの勤務先において、研究所と事業部での豊富な業務経験を有し、各種プログラミング言語とハードウエア設計、試作等に精通しています。

以下の分野で、オンライン個人レッスン形式のプログラミングと電子工作の体験教室および技術サポートコースを開講しています。

プログラミング / Web関係:
【オンライン】GASとG Suiteの基礎・レベルアップ個別対応
【オンライン】GAS実用プログラム作成・2時間個人レッスン

ハードウエア関係:
【オンライン】Arduino/M5Stack/電子工作入門
【オンライン】電子工作の実践と応用・技術サポート
【オンライン・対面レッスン】手軽にArduino

開催準備中
・micro bitハードウェア入門コース
・Amazonアレクサで遊ぼう

  • こんな方を対象としています

    ・電子工作や通信について個別のテーマを実現するために技術サポートを受けたい方
    ・電子工作や通信の基礎を簡単な実験を通して学習したい方
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    Zommによるオンライン講座で実施します。
※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

レビュー41

  • 楽しかった!( 18 )
  • 勉強になった!( 34 )
  • 行く価値あり!( 17 )
  • W1

    女性 50代

    この講座は「興味のつきない」でした

    ちょっとずつそれぞれの知識が繋がってきている気がします。実際に工作に徐々に移れるように頑張りたいです。

    先生からのコメント

    レビュー投稿、ありがとうございます。

    今週は実験機材の使い方説明で電子回路の実験が出来ませんでしたが、次回のレッスンでは今までの座学で学んだ、ダイオードやトランジスタの動作をADALM2000を使って体験しましょう。

  • W1

    女性 30代

    この講座は「難しいことも前向きに学べる講座」でした

    学んでいく中で、やはり難しいと思うこともありますが、その都度適切なアドバイスや参考書籍など教えていただけるので「もっと丸ばってレベルを上げたい!」と思えることが出来ます。
    今後もよろしくお願い致します。

    先生からのコメント

    レビュー投稿、ありがとうございました。

    早いものでストアカの講座受講も6ヶ月を超えましたね。独力でM5Stackとセンサを組み合わせたIoTの実験を進めいく中でデジタル回路の理解が深まっている様子、頼もしく思います。次回以降のレッスンでは、アナログ電子回路の基本的な理論と実験を進めていきましょう。

  • W1

    女性 50代

    この講座は「次もたのしみな」でした

    ちょっとづつ電気工作が近しくなってくるようです。夢がひろがります♪

    先生からのコメント

    レビュー投稿ありがとうございます。

    電気・電子の基礎理論と実践(実験)をバランスよくこなしている様子で、頼もしく思います。
    M5Stack Core2 も入手できましたので、Arduino の実験を一通り済ませたら、次のステップに進みましょう。

  • W1

    女性 50代

    この講座は「興味のつきない」でした

    だんだん実践もできるようになりますます楽しくなりました!

    先生からのコメント

    レビュー投稿ありがとうございます。

    Arduino電子工作キットのサンプルをマニュアル片手に自力でチャレンジ出来ている様子で何よりです。また座学として参考図書の斜め読みを進めていく中で、毎回の質問内容からも、電子回路の動作についての理解が深まっている事を感じます。これからも理論と実践の両方を楽しみながら学習してください。

  • W1

    女性 50代

    この講座は「理論と実践を合わせて学べてとても満足な」でした

    超ビギナーにもゆっくり教えてくれてありがたい!

    先生からのコメント

    レビュー投稿ありがとうございます。

    今回はADALM2000のソフトウエアインストールを行い、続けて
    信号発生器、デジタルオシロ、FFTなどの基本機能の動作を確認しました。

    ADALM2000を使うと本格的な電子回路の実験や動作確認ができるので
    手元の電子部品を使って、様々な使い方に慣れていきましょう。


  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?