デザインと経済学 〜産業革命とバウハウスまで〜

デザインの歴史をざっくり学ぼう!

learn

こんなことを学びます

 <デザインと経済学 〜産業革命とバウハウスまで〜>
デザインの歴史をざっくり学ぼう!

●デザイナーって仕事が、なぜ出来たのか知ってますか?

それは、今から約100年以上前の産業革命が原因です。

実は、デザインと経済は密接に関わりがあるのですが、2つをいっしょに勉強できる機会が少ないですよね。

そこで、今回は、講師の西尾が知っている限りの話をしたいと思います。

主な内容
・お金のはじまり
・イギリスの食事が美味しくないと言われるようになった訳
・職人さんと工業化
・職人さんとデザイン
・粗悪品との戦い
・アールデコとアールヌーボー
・人々の幸せが変わる
・搾取する側とされる側
・アートの役割

-
日本のデザイン教育では、一部の専門学校と大学で、たいてい約100年の歴史を「デザイン史」の授業でやってるのですが、学生の頃にはその意味も知らずに適当にやってる人が多かったです。

今のデザイン教育の基礎は、約100年前にドイツで作られた「バウハウス」という学校のカリキュラムが軸になってるのですが、なかなか大人になってから勉強することはできません。

また、即戦力を育てるために作られた専門学校では、バウハウス自体を知らないことが多いのも残念です。

デザインに興味がある。デザイナーだけど、歴史を知りたい。これからフリーランスで働きたい方など、写真をたくさん作った内容にしたいと思いますので、ぜひご参加ください。
9人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:六本木・赤坂

    受講料:¥ 2,000

teacher

この講座の先生

西尾 順

女性のためのフリーランス・スクール校長

▶西尾 順(Nishio Jun)
専門学校卒業後、起業。その後、デザイン学校へ入学。
デザイン学校卒業後、デザイン事務所を起業。

雑誌、本、広告など様々なジャンルのデザインを制作。

専門学校・大学と5年間にわたり講師を勤め、

デザインとビ... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • こんな方を対象としています

    ・デザインに興味にある方
    ・デザイナーの方
    ・フリーランスを目指している方