お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

超時短術で毎日にプラス1時間の「自分の時間」を作ろう!

毎日1時間の自分の時間を手に入れ、今やりたいと思っている事を実践しよう!有意義な人生にするために!

こんなことを学びます

【ビジネスパーソンの時間を作り出す、超時短術習慣化】
もし、毎日1時間の自由に使える時間があったら、あなたは何をしますか?何をしたいですか?ゴルフの練習、仲間とカラオケ、英語学習、スキルアップ講習受講、家族との団欒等、いろいろな事が考えられます。これらを実現するために『超時短術習慣化』を実行しましょう。自分の人生を素晴らしいものにするために!

この講座でお伝えすることは下記内容になります。
〈1〉 仕事の仕組み化…仕事には「作業系」と「思考系」があり、作業系を仕組み化する。
〈2〉 退社時間を守る…時間に制限をかけると“時短化”が始まる。
〈3〉 朝に集中するリズムを作る…「朝」の仕事は生産性が高まる。
〈4〉 優先順位を明確になる…「明日でもよい仕事は後回しにする」
〈5〉 仕事の総量を減らす…「なくす、減らす、任せる」で総量を圧縮する。
そして、これらの手法を習慣化するメソッドをご提供いたします。

続きを読む

5月8日(金)

14:00 - 15:30

東京 / 両国・錦糸町

予約締切日時

5月6日(水) 14:00

参加人数

0/10人

開催場所

東西線 東陽町駅 徒歩1分
江東区産業会館 東京都江東区東陽4-5-18

価格(税込)

¥3,000

  • 5月8日(金)

    14:00 - 15:30

    東京 / 両国・錦糸町

  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
1人が受けたい登録しています

開催日程

5月8日(金) 14:00 - 15:30

¥3,000
参加人数 0/10人
場所 東西線 東陽町駅 徒歩1分

この講座の先生

超時短仕事術習慣化コーチ・社会保険労務士

前職は中小企業の会社員でした。その会社では、リストラが3回行われました。2回目を行った時は業績がなかなか回復せず、明日は我が身という感じの空気が漂い、社内の活気が薄らいだ感じがしました。数年後に3回目です。生産部門の統廃合ということで、私が所属していた課が無くなりました。この時、会社がとった社員を辞めさせる方法は、地方工場への転勤でした。役員は「転勤命令を出せば皆辞めるよ」と言いました。この時の言い方雰囲気、今でも忘れられません。結局、数十名の社員が会社を離れましたが、皆、自己都合退社です。こんなの有り?
これらの経験から、会社は健全な利益を出さなければならないと痛感し、模索していたところ、この手法に出会い、現在に至っております。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    90分程度

    <当日のレッスンの流れ>
    80分 講義
    10分 ディスカッション

    • こんな方を対象としています

      会社の仕事が忙しく、自分の時間が欲しいと思っている人
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?