《ほっとさせる秋景色》~武蔵野公園・紅葉撮影会~

武蔵野の面影の残る公園で、穏やかな秋景色を撮影します!

  • 開催回数

    2
  • 受けた人

    12
  • 受けたい人

    13
  • 感想読む

    6

こんなことを教えます

 都内に紅葉の名所は多く、日本庭園や大きな公園など、それぞれの魅力にあふれた秋景色を楽しめます。そのなかで、ゆったりした秋景色を楽しめる『武蔵野公園』で、紅葉を撮影します。

『武蔵野公園』は、以前は街路樹用の苗木を育てる苗圃(びょうほ)でした。そのため、今でも若い樹がのびのびと広い園内で育っています。さらに、となりを流れる野川に沿って、見事なモミジ並木が続き、紅葉のプロムナードが続きます。

この講座では、園内を巡りながら、モミジ・イチョウ・サクラなどの紅(黄)葉と、秋の雑木林の佇まいをお撮りいただきます。撮影ポイントや被写体の選定まで、講師がご案内します。講師の作例写真を参考に、参加の皆様が撮影、一人ひとりにカメラの操作や絵づくりのアドバイスをさせていただきます。
撮影終了後、希望者には、写真を拝見して、大まかに講評する予定です。

《教える内容》
●紅葉撮影に合わせたカメラの基本設定
 (撮影モード・ISO感度・ホワイトバランスなどの設定を説明)
●撮影ポイントでの被写体の撮り方
 (撮影する紅葉と絵作りの仕方を説明)
●撮影ポイントでの作例を撮影
 (撮影した画像を使って、ビジュアルに撮り方を説明)
●参加者が撮影
 (撮影中に絵作りと技術面のアドバイスを行う)
●撮影後に、希望者の写真を拝見して、大まかに講評いたします。

<使用カメラ・レンズ、三脚について>
◆レンズ交換式一眼レフ・ミラーレスカメラと、標準ズームレンズ(高倍率ズームレンズ)、望遠ズームレンズのいずれかのある方。
◆標準ズームレンズ(18~55㎜クラス)と望遠ズームレンズどちらもお持ちの方は、両方をお持ちください。 
◆三脚使用のできない撮影ポイントが多いため、手持ち撮影のみとします(三脚は使用しません)。

<現地へのアクセス>
JR「武蔵小金井」南口から京王バス 調布行き「武蔵野公園」下車すぐ
京王線「調布」北口から武蔵小金井行き「武蔵野公園」下車すぐ
※バスの本数が少ない(1時間3本程度)ため、予約者には、ご利用いただくバスの時刻表をご案内します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆参加にあたってお願いとご確認☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<お願い>
開催日程からお申し込みの際には、参加申し込みコメント欄に「当日ご使用のカメラ・レンズの機種名」と「当日の連絡先(携帯番号)」をご記入ください。
そのほか、写真についてのご質問などありましたら、ご記入ください。
<集合場所の確認>
お申し込み後、開催2日前までに、詳しい集合場所をお知らせします。本講座のグループメッセージをご覧ください。
<雨天中止>
本講座は雨天中止です。中止の場合は、遅くとも当日午前6時までに、講座のグループメッセージでご連絡します。

この講座の先生

Iguchi Tsuneo

花や自然の撮影で、リフレッシュしましょう♪♪ 

フィルム時代には、山岳写真や風景写真で活躍。
雑誌『山と溪谷』フォトコンテスト年間努力賞、雑誌『風景写真』フォトコンテスト当月最優秀賞、富士フィルム・ネイチャーフォトコンテスト入選(3回)など、受賞。
隔月刊『フォトテクニック』(玄光社)の依頼により、多くのムック本へ作例を...

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数172

教えた人数561

当日の流れとタイムスケジュール

13:30  撮影地の武蔵野公園サービスセンター入口付近に集合
13:30~13:45 カメラの設定、紅葉の基本的な撮り方、当日の巡回コースの説明。
13:45~15:00 複数の撮影ポイントで、紅葉撮影の実例を説明、各自でも撮影(アドバイスを行う)。
15:00~15:30 希望者の写真を拝見し、大まかに講評。 

こんな方を対象としています

◆一眼レフやミラーレスカメラなどを購入したものの、扱い方がわからず思ったように撮れない方。
◆紅葉や花などの自然がお好きで、自身でカレンダー・ポストカードを作れるくらいに綺麗に撮ってみたい方。
◆ふだん触れられない季節の息吹きに触れて、心身をリフレッシュしたい方。

受講料の説明

参加費は受講のみの価格です。
撮影地の「武蔵野公園」は、入園無料です。

受講する際は以下をお読み下さい

●デジカメの電池は、フル充電したうえ、予備の電池をお持ちください。
●カメラの取扱い説明書がありましたら、ご持参ください。
●広い園内を巡りながら撮影しますので、歩きやすい靴でご参加ください。
●当日の天気・気温に合わせた服装・身支度でおいでください。
●当日の気温によっては、手袋やマフラー、携帯カイロなどの防寒対策をお願いします。
●当日、途中から小雨が予想される場合には、折りたたみ傘をご持参ください。

感想 6

楽しかった!

( 4 )

勉強になった!

( 6 )

行く価値あり!

( 5 )

女性

この講座は「ゆっくり勉強できる講座」でした

参加者がバラバラに撮影しながら歩くのではなく、講師が指定した場所で止まり、全員で説明をききながら設定や構図を変えて何枚も撮るので、勉強になりました。
講座の最後には、一人一人の写真を丁寧にみてもらう事もでき、大満足です。

女性

この講座は「撮影しながら武蔵野の自然に癒された講座」でした

あいにくの曇り空でちょっぴり残念な気持ちで参加しましたが、秋色たっぷりの武蔵野公園で写真を撮り始めたら、時間がもう少し欲しいと思うくらい学びの多い充実した講座でした。光量の少ないときの設定や補正、柔らかい写真の撮れる良さなど勉強しましたが、"広角で寄って撮る" のは初めての経験で早速実践してみようと思います。井口先生の講座は何回か受講していますが、撮影はもちろん最後のご講評までとても勉強になります。

男性

この講座は「秋色発見」でした

いつもながらの丁寧な教え方で、とても勉強になりました。また参加したいです。

男性 40代

この講座は「11回目の参加」でした

今回で11回目の参加でした。講座はいつも学び多く、2時間半があっという間に過ぎ行きます。
講座の終わりに生徒一人一人の写真、一枚一枚にご講評をいただくのですが、他の参加者の方へのご講評を一緒に聞かせていただくこともとても勉教になります。私は多数参加させていただいていることもあり、私の写真の傾向から次に意識した方が良いことを示していただきました。次はもっと良いものを撮りたいと、写真を一層楽しく感じさせてくれる講座だと思います。

女性 50代

この講座は「自然とふれあい、写真を学べる」でした

武蔵野公園は、人も多くなく公園内を散策するだけでも、とても気持ちの良い場所でした。
こういう場所は、井口先生の講座を受けなければ、知ることがなかっただろうと思います。
それだけでも十分に価値あるのですが、写真が加わることで、一歩踏み込んで自然を眺めることができ、とても充実した時間を過ごすことができました。
先生からは、一人一人の傾向や表現しようとしていることを汲み取った上で、そこからさらに表現を広げたり、深めたりできるようなアドバイスがもらえます。
自分でも気付かなかった癖や狙いを的確に示し、更に具体的な解決方や例を教えていただけるので、すぐに実践し生かすことができ、ますます写真を撮るのが楽しくなります。
小手先の技術ではなく、自分なりの表現を広げたいと考えている方には、井口先生の講座はピッタリだと思います。

男性 30代

この講座は「目から鱗」でした

ミラーレス一眼を購入して4年ほど経ち、趣味で色んな写真を撮ってきましたが、露出補正などの設定をいじることはほとんどなく、もったいないことをしていたなと感じました。
また、光や影、撮影する高さ、切り取り方など、様々な要素によって、一つの景色が何パターンにもなることを体感して、目から鱗でした。

最後に先生に批評をしていただきましたが、そのボキャブラリーの豊富さ、私には到底思い付かない角度からの評価にも脱帽でした。さすがの一言です。とても勉強になりました。

これを機に自分でもまた紅葉を撮影しに行って、モノにしたいと思います。

あっという間の充実した時間を過ごせました。ありがとうございました。

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:東京都内

    受講料:¥ 3,800

過去に開催した日程一覧

この講座の関連ツイート

Iguchi Tsuneo さんの他の講座

Page Top