【九星気学講座】2020年(庚・子・七赤)の展望と心構え

2020年(庚・子・七赤)をどのような心構えを持って迎えるべきか?九星ごとに解説します。気持ちよく2020年を迎えましょう!!

こんなことを学びます

令和の時代が始まり、初めて年を越します。

秋から冬にかけての土用期間を終えると

2019年最後の季節冬を迎えます。

この冬の季節は一年を振り返り、
今後の人生に必要なものと不要なものを整理する時。

その上で2020年(庚・子・七赤金星)の春を迎えるための
準備をする大事な期間です。

2019年は己・亥・八白の年

己の年は曲がりながらも前へ進み、形を紀(きろく)する年

亥の年は種。種が芽を出すために内側でめいいっぱいチカラを蓄える年。それが一気に爆発する。

シンギュラーポイントと数年前から言われており、
水面下の見えない部分で世の中が変化し、見えたときには大きな変化を遂げる。

八白は止まる・留まるの意。そして、一気に変化・変革する。

2019年は総じて、なかなかうまく進まないが、ある点を境に大きな変化を迎えるとしと言えるのだろう。

2020年はその流れを受けて迎えることとなる。

2020年は庚・子・七赤の年

2020〜2021年にかけては世の中が大きく変化する庚・辛(かのえ・かのと)のタイミングである。

庚・辛は更新を意味する。

子は冬。一つの時代をしっかりと終わらせて新たな世界が生じ始める。

七赤は引退・引き継ぐという意味合い。

簡単に庚・子・七赤の意味を読み取っても2020年は大きなターニングポイント、

新たな時代の幕開けと受けとめられる年となります。

その切り替わりのタイミングで漫然と過ごすのはもったいない。

これから迎える大きな変化にどう対応すべきか?

心構えを持つか持たないかで変化への対応に差がつくのは言うまでもありません。

人生のサイクルを理解して前へ進んで行くことを強くおすすめします。


【この講座でお伝えする内容】
九星気学の2020年の盤面の各星の迴座を読み解きながら

・2020年(庚・子・七赤金星)がどのような一年であるのか?
   ・庚の意味 庚とはどんな年なのか?
   ・子の意味 子とはどんな年なのか?
   ・七赤金星の意味 七赤とはどんな年なのか?
  
・九星ごとに2020年がどんな一年でどのような心構えが必要かを解説。

 自分の本命星や傾斜星の心構えを理解し、2020年の生き方を考えられるようになります。

 ※9つの星総てを解説するので自分はもちろん家族や友人に必要な心構えを確認できます。



これらをしっかりと自分の中で理解した上で

2020年(庚・子・七赤金星)を迎えたいですね。



続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中

12月15日(日)

13:30 - 18:00

東京 / 四ツ谷・飯田橋

予約締切日時

12月14日(土) 13:30 まで

参加人数

2/6人

開催場所

総武線・地下鉄 市ヶ谷駅 徒歩5分

住所は講師の要望により予約者のみに開示

価格(税込)

¥8,800

受付中

1月8日(水)

13:30 - 18:00

東京 / 四ツ谷・飯田橋

予約締切日時

1月05日(日) 13:30 まで

参加人数

1/6人

開催場所

総武線・地下鉄 市ヶ谷駅 徒歩5分

住所は講師の要望により予約者のみに開示

価格(税込)

¥8,800

  • 受付中

    12月15日(日)

    13:30 - 18:00

    東京 /四ツ谷・飯田橋

    選択中 選択
  • 受付中

    1月8日(水)

    13:30 - 18:00

    東京 /四ツ谷・飯田橋

    選択中 選択
  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
4人が受けたい登録しています

この講座の先生

人生前を向いている人に追い風を吹かす九星気学鑑定士

こんにちは、石坂 晏敬(やすのり)です^^

東京中目黒在住。

2014年にサラリーマンを辞める。

2014年に九星気学にふとしたきっかけで出会い、興味を持ちどっぷりとハマる。

村山幸徳先生とそのお弟子さんの元で一通りの細かい部分までの内容を学び取り、実践を繰り返し、人生が大きく転換している。

独立した当初は稼げれば何でもやるというスタンス。それが正しいと思っていた。

九星気学を学んでいく上でその考えが修正されていく。

出会う人も大きくシフトする。

稼げれば的な人たちは僕のまわりからいなくなり、

人生を全力で楽しむ人が僕のまわりに増えていく。

九星気学の大きな特徴である方位活用。

吉方位を取ることで人生を整えて、自分の向いたい所へ集中できるようになる。

そこに必要なきっかけが目の前に現れる。気づける。

僕が実践してきて得られた実感です。

九星気学の知識だけを詰め込むのではなく、活用して自分の「変化」を楽しめる環境づくりを心がけています。


吉の追風の下、僕は日本酒で一旗上げるために活動中。

+ 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール


    13時半〜 2019年の振り返り

    14時〜 2020年(庚・子・七赤金星)はどんな年なのか?

    15時〜 9つの星ごとの2020年がどんな年であるか?どのような心構えが必要か?

    を順々に説明していきます。(適宜休憩を入れながら実施します)
    • 受講料の説明

      授業料、テキスト代、場所代を含む
    • 受講する際は以下をお読み下さい

    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?