知って活かせる グラフィックデザインの歴史

佐藤好彦氏と戸田吉彦氏が解説する、グラフィックデザインの歴史を知り、現代の制作に活かす考え方を学ぶ、必修の実践教養入門講座。

こんなことを学びます

デザインは、常に人間の生活とともにありました。
人の手によって生み出され、人の手に渡って使われ、鑑賞され、人や社会に影響を与えてきました。

そしてもちろん、デザイン的な表現も、制作技術の変化や社会環境、人々の美意識など、人や社会の変化から大きな影響を受けています。

私たちが、これからのデザインについて考え、生み出していくときに、これまでのデザインが歩んできた道のりを自分なりの考え方でつかんでおくことは、とても重要で大切なことです。

デザインの歴史は、単なる過去の出来事の集まりではなく、人がデザインというものを生み出してきた思考の過程であり、それは、未来へのヒントでもあります。

デザインのHistoryを、自分の中でどのようなStoryにして身につけているのかが、自分自身のデザインの考え方や制作のスタイルに大きな影響を与えるのです。

この講座では、グラフィックデザイナーの佐藤好彦氏と、クリエイティブディレクターの戸田吉彦氏を招き、グラフィックデザインの歴史をとらえる考え方を紹介・解説していただきます。

一人ひとりが、デザインの歴史というものを改めてとらえなおし、現代の制作で活用することを目指した、実践・実用的な教養の入門講座です。


セッション 1
「デザイン史の見取り図 デザイン史を俯瞰して見るための考え方」 佐藤好彦氏 40分

セッション 2
「日本美術の影響と欧米への憧れに見る日本とグラフィックデザインの濃密な関係」 戸田吉彦氏 40分

セッション 3
登壇者両名によるクロストークとクエスチョンタイム


登壇者:佐藤好彦
グラフィックデザイナー,ウェブデザイナー,講師

ウェブなどのメディアのデザインやプランニング、コンサルティングとともに、デザイン関連の書籍や雑誌の執筆も手がけている。 

著書に『デザインの教室 手を動かして学ぶデザイントレーニング』『デザインの授業 目で見て学ぶデザインの構成術』『フラットデザインの基本ルール Webクリエイティブ&アプリの新しい考え方。』『ビジネス教養としてのデザイン 資料作成で活きるシンプルデザインの考え方』『ウェブサイト制作のワークフローと基礎技術』など。その他、共著多数。 

東京造形大学 非常勤講師 

Twitter: @yoshihik0 
Facebook: sato.yoshihiko 


登壇者:戸田吉彦

クリエイティブディレクター,デザインコンサルタント

日本自動車会議所 シニア・アドバイザー 
日本美術アカデミー 理事 
森の駅推進協議会 幹事 
Eternal Glance 代表 

浅田飴やマルコメ味噌の広告、旭化成の大判カレンダー「日本の風景」シリーズなどで多数受賞したほか、皇室や海外王室所蔵のストラディヴァリウス写真集の装丁、JR東日本の新幹線クロスポイント空間デザインなども手掛けた。 

CIデザインでは太平洋証券、のぞみ証券などを始め、多くの創業企業団体のロゴマークをデザイン。旧日債銀グループ全体の企業ブランディングや、ワーナー・ブラザースの映画「ハリーポッター」のコンシューマ・プロダクツ共同企画なども提案し採用された。 

後進の指導育成に従事し、読売広告大賞学生部門最高賞、日本ユニセフ大使賞などを学生とともに受賞。社会人に向けて、TV番組「めざましTV」(フジTV)や様々な月刊誌の特集記事、大成建設の研修会などでデザインを解説した。 

近年は、様々な団体のデザインアドバイザーや顧問を務めている。


● この講座で学べること
○ グラフィックデザインの歴史の大きな流れ
○ デザインの歴史を、現在のデザインに活かすための考え方
○ デザインの未来を考えるための視点

● この講座で得られること
○ デザインの歴史の大きな流れをつかむための考え方を学べます。
○ 2名の講師から、複数の視点でのデザイン史の見方を学べます。
○ デザインの歴史から、現代の制作で活かせる知識を得られます。
※ 学習教材や資料がある場合は、お持ち帰りいただけます。
※ 講座内で利用するデモなどのサンプルファイルがある場合は、ダウンロード可能です。
※ 各種受講証明書への署名・発行に対応します。

● この講座の特徴
○ この講座は座学形式です。
○ 実践的な知識や方法を、要点をまとめて、わかりやすく解説します。
○ 豊富な図解やサンプルを利用して解説します。
○ 講義後に、質疑応答の時間を設けます。

● 協賛企業・ブランド
SBテクノロジー株式会社 FONTPLUS < https://fontplus.jp >
日本美術アカデミー < http://artacademy.jp >

#bauya45
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

新宿・代々木

価格(税込)

¥3,800

受けたい
23人が受けたい登録しています

この講座の先生

佐藤 好彦のプロフィール写真
グラフィックデザイナー,ウェブデザイナー,講師

佐藤 好彦

ウェブなどのメディアのデザインやプランニング、コンサルティングとともに、デザイン関連の書籍や雑誌の執筆も手がけている。 

著書に『デザインの教室 手を動かして学ぶデザイントレーニング』『デザインの授業 目で見て学ぶデザインの構成術』『フラットデザインの基本ルール Webクリエイティブ&アプリの新しい考え方。』『ビジネス教養としてのデザイン 資料作成で活きるシンプルデザインの考え方』『ウェブサイト制作のワークフローと基礎技術』など。その他、共著多数。 

東京造形大学 非常勤講師 

Twitter: @yoshihik0 
Facebook: sato.yoshihiko

この講座の主催団体

  • 994人
  • 45回

BAU-YA

プロとプロを目指すクリエイターの学び舎、BAU-YA(バウ舎)。
アートやデザイン、ITやウェブなどの、トップクリエイターや著名講師による『いま、伝えたいこと』を、そのまま講座にして催します。


■ BAU-YAにある『技術系講座』と『知識系講座』の2つのスタイル

『技術系講座』は、ふんだんに実演デモを駆使するハイブリッド・ハンズオン講座。

制作の現場で必須のテクニックを学べます。

一緒に実習しながらでも、または聴講のみでも、どちらでも参加できるスタイル。
使用する学習サンプルは、受講後でもダウンロードして何度でも練習いただけます。

『知識系講座』はふんだんに図解で解説する座学講座。
業界人として必須の教養や情報を学べます。
スライドや資料などを見ながら、じっくり学ぶスタイル。
提示されるスライドや資料は、受講後でもダウンロードして何度でも復習いただけます。


■ BAU-YAが招聘する実力派講師陣

クリエイティブ業界の最前線で活躍している、経験豊富なク... もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる
  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ■ 開場時間
    開演15分前から

    ■ 所要時間
    約1.5–2時間程度(途中参加、途中退出も可能です)

    ■ 講座の流れ(予定)
    1. オープニング(BAU-YAおよび講座について説明,登壇者紹介など 約5分)
    2. セッション 1
    「デザイン史の見取り図 デザイン史を俯瞰して見るための考え方」 佐藤好彦氏(40分)
    3. 休憩(約5分)
    4. セッション 2
    「日本美術の影響と欧米への憧れに見る日本とグラフィックデザインの濃密な関係」 戸田吉彦氏(40分)
    5. セッション 3
    登壇者両名によるクロストークとクエスチョンタイム(20分)
    6. エンディング(約5分)
    ※ 講義時間や時間割は、変更する可能性があります。
    ※ 予定よりも早く終了、または長引く可能性があります。
  • こんな方を対象としています

    □ グラフィックデザインの歴史に興味のある人
    □ デザインの歴史を自分のデザインに活かしたい人
    □ デザインの歴史を、社会や文化の流れのなかでとらえなおしたい人
  • 受講料の説明

    参加費に、場所代や教材費などはすべて含まれています。
    参加費の他に、一切費用はかかりません。
    ※ 領収書はストリートアカデミーから発行・印刷することができます。 < https://support.street-academy.com/hc/ja/articles/201345225 >
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ■ ご持参いただくもの
    □ メモを取るための筆記用具やデバイスはご持参ください。

    ■ その他
    □ 講義中の録音などの一切の収録行為を禁じます。
    □ 講座内で配布する資料やファイルなどの一切の二次利用や再配布、無断転載などを禁じます。
    □ お名刺をお持ちでしたら、講座終了後に、登壇者や主宰者とご交換ください。

レビュー

  • 8
  • 楽しかった!( 5 )
  • 勉強になった!( 6 )
  • 行く価値あり!( 5 )
  • M1

    男性

    この講座は「デザインの歴史とその背景を知ることができる講座」でした

    佐藤先生の前半は「19世紀末からのデザインの歴史」を俯瞰で振り返る、戸田先生の後半は「文明黎明期からの日本と世界のデザイン史」を一気に学ぶという、それぞれ1時間程度の割にはとても濃密な内容で、自分の中ではかなり断片的だったデザインの流れを掴むことができたと思います。
    デザインが何故そうなったかを知るための当時の政治的背景や技術の話、日本と西洋のデザインの関わりなど、何がどのようにデザインに影響を与えたのかといった話によって、興味深く学べました。
    1時間で大きな流れや概要は理解できたと思いますが、もう少し詳細な部分を知りたいとも思いました。それぞれについて、拡張版講座の開催を考えているとのことですので、期待しています。

  • M1

    その他 60代

    この講座は「デザイン史に触れて、未来がちょっとだけ見えました(^^)」でした

    短い時間でしたが、それぞれ1時間くらいのお話でデザイン史をざーっと俯瞰することができました。各時代のエポック、要点がつかめたことがなによりありがたい。2000年以降も見据えたお話しだったので、未来がちょっとだけ見えました(笑)

  • M2

    男性 40代

    この講座は「短時間でデザインの歴史を俯瞰的に把握できる講座」でした

    デザインの歴史を部分的には学んでいましたが、全体的な流れを俯瞰的に学ぶことで、その時代の何がデザインに影響していたのか掴むことができました。

    今度は、拡大版で、作品を多く見ながら、解説していただけるとより時代の特徴が分かるかなと思うので、期待しています。

  • W3

    女性 20代

    この講座は「デザイン史のおおまかな流れを理解できる講座」でした

    佐藤好彦先生、お話すごく面白かったです。
    歴史が大の苦手なのですが、作品の傾向と転換期となる出来事に着目して説明して頂けたのでとても分かりやすかったです!
    また先生の講義を受けてみたいと思いました。

  • M3

    男性 40代

    この講座は「超良かった。」でした

    拡大版も是非

  • この主催団体の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?