お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

AIビジネス活用ワークショップ

対面

人工知能プロジェクトにおける適切な領域を選定し、必要な要件とその関係性を1枚のチャートで可視化し、投資対効果を検証する方法を学ぶ

こんなことを学びます

人工知能(機械学習)が注目される中、多くの企業におけるPoC(実証実験)が成果を上げることができずプロジェクトが頓挫しているケースが多くみられます。本ワークショップでは、グループワークまたは個人ワークを通じて、以下の2つのテーマに焦点を当てながら議論していきます。

➊意思決定、トレードオフ、予測というキーワードをベースとした活用領域を選択する:

人間は1日に約900回の意思決定をしていると言われています。多くの場合、重要な意思決定にはトレードオフが存在します。QCD(品質、コスト、納期)はトレードオフの典型です。例えば、サブスクリプション型ビジネスモデルを運営している企業を考えてみましょう。この企業にとって「顧客維持」は重要な課題です。ここには、以下の2つのトレードオフが潜在的に存在します。

・顧客維持率の最大化
・顧客維持の施策に関するコストの最小化

ここでは、「何を知る(予測する)ことができれば、2つのトレードオフを解消/軽減できるか?」という質問が、適切な人工知能(機械学習)活用領域を選択するための第一歩となります。

❷機械学習キャンバスを活用してプロジェクトに必要となる要件を共有する:

次に、プロジェクトに関与する利害関係者(ビジネスとIT)の間で、プロジェクトが成功するための要件とその関係性を1枚のチャート(機械学習キャンバス)で整理していきます。このチャートでは、以下の4つの大きな視点を捉えていきます。

・目的の視点 – 誰が最終利用者か、何の価値を提供するのか、なぜそれが重要なのか?
・学習の視点 – どのように学習するのか?(データソース、データ収集、特徴量、モデル構築)
・予測の視点 – どのように予測するのか?(機械学習タスク、意思決定、予測実行、実装前評価)
・評価の視点 – 実装後に、どのように評価するのか?

最後に、機械学習活用プロジェクトの期間、投資コスト、ROIに関しても簡単にまとめていきます。

<定員>
12名(最小催行人数4人とさせていただきます)

<習得するスキルや知識>
・適切な領域の選択に関する知識(意思決定、トレードオフ、予測の理解)
・利害関係者が関心をもつ要件を整理するためのテクニック(機械学習キャンバス)
・投資額/投資期間およびROI(投資対効果)の算定に関する基礎知識

<進行スタイル>
レクチャーとグループワークの組合せによって進めていきます。

<使用するツール>
・機械学習活用の領域選定マップ
・機械学習キャンバス      など

<特典>
以下の講座(休日1日コース)を20%オフ(10,000円)で受講できるクーポンコードを提供します。

◆ビジネスモデルデザイン1日体験ワークショップ
 https://www.street-academy.com/myclass/4157
◆プラットフォーム戦略デザイン1日体験ワークショップ
 https://www.street-academy.com/myclass/69316

以下の講座(平日夜間コース)を50%オフ(2,500円)で受講できるクーポンコードを提供します。

◆ジョブ理論実践ワークショップ
 https://www.street-academy.com/myclass/31562
◆IoTアイデア創造ワークショップ
 https://www.street-academy.com/myclass/5408
◆リーンスタートアップ入門ワークショップ
 https://www.street-academy.com/myclass/69317
◆仮説指向計画法ワークショップ
 https://www.street-academy.com/myclass/69319
◆デジタル顧客経験ジャーニーワークショップ
 https://www.street-academy.com/myclass/50651
◆デジタルトランスフォメーション機会発見ワークショップ
 https://www.street-academy.com/myclass/69322
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

銀座・大手町

価格(税込)

¥5,000

現在は開催リクエストを受け付けていません
受けたい
2人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。

この講座の先生

白井 和康のプロフィール写真
革新的なビジネスモデルを再発明する

白井 和康

ビジネスイノベーションハブ株式会社 代表

大手システム・インテグレーターやコンサルティング・ファームを経て、2014年にビジネスイノベーションハブを設立、代表取締役に就任。スタートアップから大手企業まで、ビジネスモデルのデザインに関するコンサルティングやプロジェクトのファシリテーションを手掛ける。

日立グループの人財育成事業を行う(株)日立アカデミーの定期プログラム「顧客価値の発見とビジネスモデルデザイン」を担当。

(株)翔泳社が運営する企業の事業開発者のためのWebメディア「Biz/Zine」にて、長期連載コラム「ビジネスアーキテクト養成講座」、「事業企画の現場で使う、ツールTips」を担当。

Facebookページ「ビジネスアーキテクチャー研究ラボ」は、約2万人のファンをもつ。

2016年9月「IoTビジネス入門&実践講座」共著にてソシム社から発刊。2016年12月「ビジネスモデルデザインの道具箱」を翔泳社から発刊。2017年10月「ビジネス現場の担当者が読むべき、IoTプロジェクトを成功に導くための本」共著にて秀和システム社より発刊。

この講座の主催団体

事業開発の失敗を最大限に減らすために必要なこと

ビジネスモデルが失敗する4つの主要な原因をご存知ですか?それは..

➊価値提案とターゲット顧客のミスマッチ
❷収益とコストのミスマッチ
❸外部事業環境の考慮不足
❹ビジネスモデルの実行力不足

本講座では、スタートアップから大企業まで海外の多くの組織が採用している「失敗のリスクを最大限に減らす」ための各種のツール、方法論、アプローチを統合した「成果指向型のビジネスモデルイノベーション」を、実践的ワークショップ形式を通じて習得していきます。

<執筆書籍>
・IoTビジネス入門&実践講座(ソシム)
・ビジネスモデルデザインの道具箱(翔泳社)
・ビジネス現場の担当者が読むべき、IoTプロジェクトを成功に導くための本(秀和システム)


<法人向け定期開催ワークショップ>
・日立アカデミー
 https://www.hitachi-ia.co.jp/courses/view/HSJ159/5
・翔泳社ビズジェネ・ワークショップ
 http://event.shoeisha.jp/bizgenews/20161214/ もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる
  • 当日の流れとタイムスケジュール

    19:00-21:30
    ・人工知能(機械学習)領域の選択※
    ・機械学習キャンバスの生成※
    ・投資額/投資期間およびROI(投資対効果)

    ※グループワーク含む
    • こんな方を対象としています

      ・特定事業領域へのAI活用を模索/企画している方
      ・特定事業領域へのAI活用の実証実験を進めている方
      ・クライアント企業にAIを活用したソリューションの提案をしたいコンサルタントやSierの方
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      <テキスト>
      原則として、開催日前日にストアカメールにて配布(PDF)いたします。プリントアウトする必要はありませんが、ノートPCやタブレットをお持ちの方は、ダウンロードの上ご持参ください。

      <キャンセルポリシー>
      ストアカの規定に従います。

      <領収書>
      以下より発行いただくことができます。
      http://goo.gl/2LiQep
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この主催団体の他の講座

    490

    開催リクエスト受付中

    銀座・大手町
    50

    開催リクエスト受付中

    銀座・大手町
    15

    開催リクエスト受付中

    銀座・大手町
    2

    開催リクエスト受付中

    銀座・大手町
    1

    開催リクエスト受付中

    銀座・大手町

    関連講座

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?