心理学 ✕ 動画マーケティング ✕ 貴方 = 売上

心理学を応用して売込まずに売るセールス法をお伝えします!

こんなことを学びます

https://www.youtube.com/watch?v=KJM6mmSTe3M&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0ebYjrVUN81gUzQ6rABLaw3kmiNtzo6jShsHEMcXsnz0rxnZC47Ks64H4
なぜ、ストーリー共感セールスが顧客獲得につながるのか?

こんにちは
浪間亮です(^^)

顧客獲得する上で

なぜ、「ストーリー共感セールス」という手法を使うのか?

そもそも、このメソッドは、僕自身が顧客獲得に苦戦し
どうやったらお客様は僕の商品サービスを買ってくれるのだろうか?

という悩みを何度も抱えては、トライをして、また失敗しての繰り返しの中で
開発した独自のメソッドです。

そして、ストーリー共感セールスという方法を使ったことで受注率が20%から70%に上昇し今では安定して顧客獲得ができるようになりました。

【目に見えないサービスを売ることの難しさ】

ビジネスには、大きく分けると2つの種類があります。
「ノウハウビジネス」と「物販ビジネス」です。
その違いは、見せるのモノがあるのか、ないかのか。

物販ビジネスは、当然、モノ販売ですから見せるものがあります。
一方、ノウハウビジネスは、商品が「ノウハウ」ですから見せるモノがありません。

実は、カタチある商品なのか否かで、
商品サービスの提供方法はガラッと変わってきます。

お客様に、「ハイこれが商品です。」
と見せられないのがノウハウビジネスです

そして、そのノウハウは、たくさんの時間と経験を積み重ねてきて、培ってきた素晴らしいものなのです。

なんとか、そのノウハウの素晴らしさをお伝えしたい。
このノウハウが、きっとお客様のために役立つはず、と、
一生懸命「説明」を試みます。

目に見えないからこそ、一生懸命お伝えする。
当たり前の営業スタイルかもしれません。

でも、ちょっと考えてみてください。
実際に説明が正しくできていれば
本当にお客様は買ってくださるでしょうか?


【その伝え方本当に正しいですか?!】

昔ある保険営業の方にこんなことを言われました。
「もしもの時を考えると、この生命保険に加入された方が安心ですよ!」
と正しく説明をしてくれました。

しかし、僕はその保険に加入はしませんでした。

なぜか?

「頭で理解しても、心が動かなったのです。」

人は、目に見えない商品サービスに対して無意識に
「警戒し不安や疑問」を心で感じるからです。

お客様に分かってほしい!
という気持ちで丁寧に正しく「説明」ができたとしても

人は、「はい、そうします」
と従ってくれないのです。

なぜなら、人は、理屈や機能だけでモノを買うのではなく、
「感情」を満たすためにモノを買っているからです。

そう考えると
「説明」「説得」は逆にお客様を不安にさせていると言えるかもしれません。

実は、僕も昔は、上記のような方法で
何が何でもお客様を集め、そして、なんとしても買ってもらわなくては!

という「空回りな売り方」をやっていました。

そのような方法で売り込まれたら誰だって、「抵抗」するのが自然です。

今思えば、「だから、買ってもらえなかったのか・・・」と反省します^^;

しかし、

これが大きなチャンスを生むことにつながりました。
それは、「目線」を変えるということです。

これまでのお話は、全て「自分目線」で商品サービスを説明、販売しているわけですからうまくいかないのは、ある意味、当然かもしれません。

僕は、お客様の心を完全に【無視】していたんだ!
ということに気づかせてくれたのです。


【なぜ?物語が共感を生み出すのか?】

お客様の心のドアを開いてもらうためには、
「共感」してもらうことって大切ですよね?

商品サービスのみの共感だけではなく
その商品サービスを提供してくれる人への共感
また、その商品サービスが誕生したバックストーリーへの共感

共感があるからこそ、あなたのビジネスに興味をもってくれるわけです。
なぜから、お客様との「関係性」は「共感」から生まれるからです。

ノウハウビジネスは、お客様との強い関係性があることで
依頼され、また、リピートという流れが生まれてきます。

だからこそ、「関係性」を作るにはお客様との間に
「共感」をつくりだすことが最も重要なのです。

【巻き込みストーリー3つの法則】

共感を得る方法で一番伝えやすく、そして、人の心に突き刺さるのが
「ストーリー」です。

ストーリー、つまり「物語」は、
絵本や童話によって、子供の頃から慣れ親しんできた世界です。

そして、ストーリーの素晴らしさは親しみやすさだけではなく、
科学的にも効果があるということです。

脳の構造を大きく分けると左脳と右脳の2つに分かれます。

左脳は、数値、分析、データなど理論的な役割を果たします。
一方で右脳は、想像、空想、音楽など芸術的な役割を担います。

子供の頃の童話や絵本を思い出してください。
物語を聞くと、その情景が浮かんできませんか?
つまり、ストーリーは、お客様の頭の中で「映像化」できるということです。

「説明」が不要になり、「説明」がなくても、
商品の良さが伝わるようになるのです。

さらに、そのストーリーの何かに良さを感じることができれば
「共感」が生まれます。

共感が強ければ、
「もっと知りたい!」という意識が働きます。
あなたの商品サービスに対して、閉ざしていた心のドアが
ス~っと自動的に開いていくのです。

これらの行動は意識的に行っているのではなく、
無意識の状態からひき起こされるものです。

そうすることで、
集める集客 から 集まる集客に変わり
売込む営業 から ぜひ買いたい!という営業に変わります。

お客様の自然な心の流れに合わせて、商品サービスの良さを伝えることができるのです。

他のライバルとは違う
【差別化ストーリー】があなたの本当の魅力を伝えることになり、

その先にある
顧客獲得という成果に直結してくる!
というわけです。

売りたいモノをストレートに売るよりも
「本当に届けたい人に、本当に必要なことを届ける」
それが、結果としてあなたの強みやウリにもつながります。

誰もが想像できる共感ビジネスは
お客様を巻き込み、あなたのビジネスの価値をさらに高め
お客様の在り方に大きな影響力を与えます。

同じような商品サービスが溢れる今の世の中で、
人の感情に寄り添う「ストーリー共感セールス」は、
心理学、脳科学×マーケティングを組み合わせ、
さらに僕の過去の経験を一体化させた成夢塾の独自メソッドです。

本セミナーでは、このメソッドを余すことなくお伝えしています。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

練馬・板橋

価格(税込)

¥1,000

受けたい
1人が受けたい登録しています

開催日程

現在この講座の開催日程の講座はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

開催リクエストする

この講座の先生

ストーリー共感セールスコンサルタント

㈱EXTREMEVISION 代表取締役
英国Think Buzan公認マインドマップ講師
Point Of You コーチングゲーム講師(国際資格)
全米NLPプラクティショナー
LABプロファイルプラクティショナー


学校卒業後、医療機器メーカーに勤務中に、交通事故による3年間の寝たきり生活を経験。その際に、心理学・NLPに出会う。

思考や心の使い方を学び、体はみるみると変化、見事に復活することに成功。この経験から、”思考の使い方で未来は変えられること”を実感する。

心理学・脳科学・マーケティングを融合させた独自のメソッドを多くの人に広めたいと、ストーリー共感セールスプロデューサーとして独立開業。150名超の起業家、特にコンサルタント、コーチ、スクール講師などに対して、新規ビジネスを生み出すアイデア術や、心理学を活用したストーリーセールストーク、達成マインドの考え方などを伝授。特に音楽や心理学系など、感性を大事にしている女性から多くの支持を得ている。台湾でも講座開催を成功させるなど、世界からもオファーのある人気講師。 + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    開始15分前に開場致します。

    セミナーは合計3時間ですが、
    途中で休憩を1回挟み、
    前半後半に分けて行います。

    セミナーは、講義形式とワークショップ形式を織り交ぜて行い、
    終了後は、質問会を行っております。

    質問会には、毎回ほとんどの方が参加しています。
    有意義な時間にすることができますのでぜひご参加下さい。
    • こんな方を対象としています

      ~こんな方にオススメ!7つの悩み~

      ・顧客獲得の壁にぶつかっている
      ・集客がマンネリ化している
      ・売り込みが苦手
      ・高単価で顧客獲得ができていない
      ・WEB集客が苦手
      ・自分の魅力を伝えていない
      ・集客へのストレスを軽減したい
    • 受講料の説明

      資料代等全て受講料の1,000円(税込)に含まれています。
      筆記用具のみお持ちください。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      録音、録画等はお断りさせていただいております。
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この先生の他の講座

    関連講座

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?