6回コース ヒーリングスペースオルカの植物油マイスター講座

アロマテラピートリートメントにおいて重要な役割を担う植物油を総合的な講座にしました。

learn

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>
アロマテラピーと言うと、主役は精油のように思いますが、アロマテラピートリートメントには、精油を体内に運ぶ、‘運び屋’ことキャリアオイルとしての植物油は、とても重要な役割を担っています。
ヒーリングスペース オルカの植物油マイスター講座は、植物油の華麗なる働きと、それ自身の秘めた力を知っていただくワークショップです。

<こんなことが出来るようになります>
精油を選ぶように、植物油も用途に応じて選べるようになります。

<持ち物>
筆記用具はご持参ください。
それ以外には特にありません。
お気軽な服装でお越しください。
小さなスペースで行いますので、整髪料、化粧品、香水、柔軟剤などの強い芳香のものをご使用になるのはご遠慮ください。

<定員数>
基本4名
※サロン公式サイトでも同じ告知をしておりますので、このサイトで定員に満たっていなくても、ご相席される受講生様がいらっしゃるかもしれません。
すべて合わせて4席です。

teacher

この講座の先生

Abe Sachiko

実は持病に化学物質過敏症を持つアロマセラピスト!

代替療法・補完医療として一定の成果を認められているイギリスに本部のあるIFA(国際アロマセラピスト連盟)認定アロマセラピストとして、アロマテラピーを軸に植物療法のプライベートサロン「ヒーリングスペースオルカ」を主宰しています。

【主な資格・修了講習】
【英国】<... もっと見る >>

detail

講座詳細

カリキュラム

  • 第1回 植物油概論

    植物油概論、製造方法、構成成分、分類法、代謝経路など、植物油(食用・外用合わせて)そのものについてを学びます。

  • 第2回 使いやすいベースとなる植物油

    植物油各論(学名、植物の背景、成分、使用方法、有用性)
    1・スイートアーモンド、2・アプリコットカーネル、3・グレープシード、4・サンフラワー、5・ホホバ

  • 第3回 特徴はあるがベースとして使える植物油

    植物油各論(学名、植物の背景、成分、使用方法、有用性)
    1・マカダミアナッツ、2・セサミ、3・オリーブ、4・カメリア、5・カスター

    ※実習
    マカダミアナッツ油でのカモミールジャーマン浸出油

  • 第4回 美容効果を期待して使える植物油

    植物油各論(学名、植物の背景、成分、使用方法、有用性)
    1・アボカド、2・ロースヒップ、3・アルガン、4・シーバックスーン、5・ココナッツ

  • 第5回 痛みを緩和したい時に使える植物油

    植物油各論(学名、植物の背景、成分、使用方法、有用性)
    1・セントジョーンズワート、2・アルニカ、3・ウィートジャム

  • 第6回 炎症を緩和したい時に使える植物油

    植物油各論(学名、植物の背景、成分、使用方法、有用性)
    1・イブニングプリムローズ、2・リンシード、3・ボラージ、4・カレンデュラ

    ※実習
    カレンデュラのミツロウクリーム

  • こんな方を対象としています

    アロマテラピーインストラクター、アロマセラピスト、オイルトリートメントの経験者を対象とした、中級以上の知識のある方を対象の構成にはしていますが、ご興味のある方はご相談ください。
  • 受講料の説明

    参加費には、オリジナルテキスト、材料費を含みます。
    座学中心で、各回約3時間くらいになると思います。
    ※上記料金に修了試験は含まれていません。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    小さなスペースで行います。植物油のほのかな香りを試香していただけなくなるので、整髪料、化粧品、香水、柔軟剤などの強い芳香のものをご使用になってのご来室はご遠慮ください。