「自分の仕事のデザイン」から始める課題と向き合うリーダーシップ

激しい言い争い、非協力な人々、一向に進まない会議、能動的に動いてくれない人々などの難問に向かっていく!リーダーシップ

こんなことを学びます

本講座では、組織において自分の仕事のデザインし直すことから目的達成・課題解決に向かっていく手法をお伝えします。

例えば、以下のような目的・課題・問題が対象です。
・会社の命運をかけるプロジェクトを部門横断的進めていく。
・難しい案件をスキル不十分なメンバーだけで短期間に完遂しないといけない。
・過去のいざこざのため不信感が蔓延し、時には怒号が飛び交うプロジェクト。
・情報をもっている側が非協力的な状況下で進める改革。

あなた自身や専門家が一生懸命頑張れば決着するような目的・課題・問題は本講座の対象外です。

本講座の対象となる目的・課題・問題は、一般に適用課題と呼ばれ、そうではない後述したようなものは技術的課題と呼ばれます。

従いまして、本講座は適用問題の解決のための講座です。
そのためにまずは、現状を捉え、自分(あなた)の仕事(役割、目標、課題など)をデザインしなおすことから始めます。

このアプローチを「相手はかどり思考」と呼びます。

相手はかどり思考は、「相手の仕事がはかどるように自分の仕事をデザインする」ことで、問題を解決したり、目標を達成していこうとする思考です。

「相手」とは、「相手の仕事」とは、「自分の仕事」とは、「仕事をデザイン」するとはについては、事例も交えて講座で詳しくご説明します。

「相手はかどり思考」でひも解くことができるアプローチをとっているのがアメリカ大リーグNo.1投手で、ウォールストリートジャーナルで「最も過剰に準備する投手」と表現されたグレインキー選手です。彼は、入念にデータ分析して、敵チームの一人一人がグレインキーがどんな投球をしたらどう反応するかの予想をします。それをコーチに代わって(コーチ以上に的確に、正確に)、自分のチームの守備に、どう身構えて対応するかも含めて伝えます。「投手」が「守備」の仕事がはかどるように「自分」の仕事を定義しているのです。しかしながら、こんな投手は、全米の大リーグでもグレインキーしかしないようです。彼が年棒30億を超えた全米No.1の投手だったのも、こうした「相手(守備)」の仕事をはかどらせた結果、チームとして好成績を上げれたかもしれません。

「相手はかどり思考」は国内外12都市でビジネスリーダーに向けにお伝えしてきました。本講座は、昨年、米国政府機関関係者のコンファレンス(グアム)で行ったセミナー・ワークショップのエッセンスをコンパクトに纏めたものです。受講後直ぐに具体的な実践が出来るように工夫してお届けします。

ーーー本講座と同様の講座(英語版、グアム)の受講者の感想--ー
グアム政府の中枢で要職にあるリーダーの方は、「こんな話や捉え方を今まで聞いたことがない、素晴らしい、実践していきたい」、また部門を束ねるリーダーの方は、「この2時間で明日、何をすべきかわかった、ありがとう」と言ってくださいました。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

浅草・上野

価格(税込)

¥10,000

受けたい
7人が受けたい登録しています

開催日程

現在この講座の開催日程の講座はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

開催リクエストする

この講座の先生

ボースサイド・アカデミア代表(愛称なにわのジョブ)

メガバンクでグローバルリスク管理の高度化に従事、独立。ITコンサルタント、プログラマー、教育者、経営者、研究者(現在、明治大学サービス創新研究所客員研究員)。

2002年より、一般の講座では対応できない諸事情を抱える方への「学び」を提供。カリキュラム・コンテンツ、ビジネスも大事だが、本当に必要とされる人に、適切な形で、必要な学び(学び方)が提供する「ボースサイド・アカデミア」を立ち上げる。「学び方」が変わることで「学び’」を加速するを探求。

2012年から東南アジアを中心に世界各地(12都市)での独自の「相手はかどり思考」によるリーダーシップセミナー開催。愛称「なにわのジョブ」は、大阪で20回近く開催した「スティーブジョブズの伝説のスピーチに学ぶセミナー」が所以。



  • 当日の流れとタイムスケジュール

    時間は目安。90分。
    1. 導入
    (15分)
     「道でケガした全く知らない子供が怪我してるのを見て助ける人が、
      ビジネスの現場では、自分とは直接関係がない隣のチームで
      若手が追い詰められているのを見ても、何故、助けないのか」

    2. ケーススタディー(独自事例+著名人等の事例を相手はかどり的に解釈)
    (15分)
     ・酷い争いや罵り合いから、1週間程度で協力し合うチームへ変貌
     ・「過剰に準備する大リーグNo1の投手・グレインキー」
      (ウォールストリートジャーナル記事より)
     ・サッカー本田圭佑選手の膝の怪我からの復帰
     
    3. 相手はかどり思考・衝撃的コラボレーション(CFI)入門(理論)
    (15分)
     ・
     ・5つの歪のエリア
     ・相手はかどり思考
     ・ボースサイドアプローチ

    4. ミニワークショップ
    (30分)

    • こんな方を対象としています

      『ビジネスの現場で是非とも突破・解決したい問題や課題を抱えている方』

      「やってくれない、理解してくれない部下、上司、取引先」
      「官僚的な別の組織(チーム)にやってもらうのに四苦八苦する」
      「ののしり合う会議、傍観者ばかりの会議」
      「疲れ切った、希望がない職場」
      「外国人も含めた文化が違う多様な人々がいる職場」

    • 受講料の説明

      受講料には、セミナー・ワークショップ代・場所代が含まれます。
      受講後は、「相手はかどり思考」を直ぐに実践頂けるように以下(pdf形式)をプレゼントさせて頂きます。
      ・取組用ワークシート
      ・講義資料

    • 受講する際は以下をお読み下さい

      ペットボトルなど蓋付きのお飲み物は持ち込んで頂けます。その他の飲食は禁止です。また、会場提供者の要請により、入口にて名刺等でご所属の確認させて頂きます。ペン、メモが必要な方はご持参ください。

    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この先生の他の講座

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?