お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

コロナ時代の資金繰りに備える!融資が通る事業計画書の書き方講座

オンライン

コロナ時代の資金繰りに備える!融資相談500件以上の元銀行員がNOを言わない事業計画書の書き方を伝授します。

こんなことを学びます

【コロナ禍の時代 こんな不安や疑問がありませんか?】

お金を借りたいと思って銀行に行こうと考えたときこんな不安や疑問を感じた事はありませんか?

・一日でも早く銀行融資を受けるにはどうしたらいいのか?
・そのために銀行でどんな風に何を話せばいいのか?
・何を持参すればいいのか?
・どんな準備をしたらいいのか?
・どんな事を聞かれるのか?
・事業計画にダメ出しされるのでは?
・融資がNGになったらどうしよう・・  etc

事業を継続する上で銀行とのお付き合いは嫌でも避けて通れないものです。特にコロナ禍の時代にあっては一日でも早い資金調達は一刻を争う待ったなしの課題です。そんな事業者様の疑問や不安を解消して融資申し込みから融資の実行まで準備や際不可欠な事業事業計画書をシンプルにまとめるスキルを身に付け事業継続の為の安定した資金繰りの道筋をつけるのがこのセミナーの目的です。

【こんな人が教えます】


講師はバブル期末期平成3年都市銀行に入行。2010年より経営コンサルとして独立した元銀行員です。経営コンサルと言うとなんかお堅い仕事のように感じますが決してそんな事はありません。銀行員として11年。不動産業で不良債権案件等に携わった経験11年。独立後コンサル業として手掛けた案件は資金繰り(要は金銭問題)に関わるありとあらゆる「お金」にまつわる事件なのです。大きいものから小さいものまで一癖も二癖もある複雑な資金繰り案件を多く手掛けてきたのでかなり無茶振り利くコンサルと言われています。難案件であればあるほど素早いポイントの整理がとても大事になるのでスピード感とわかり易い説明には自信アリです。セミナーにおいては例えと実例を多用していますので専門的な知識は不要です。


事件の例)詐欺や持ち逃げによる資金ショート
     自然災害の損失による資金ショート
     事業不振やコンプラ問題による資金ショート
     SNSの不評被害による資金ショート
     社長の数字オンチによる資金ショート etc


【こんな知識が身を身につけて会社のスムーズな資金繰りを実現します。】

◎銀行の融資審査の考え方や企業の見方
◎スムーズに審査が通る為の事業計画の書き方と申込のやり方
◎銀行から門前払いを食らわない方法
◎資金調達に困らない銀行との付き合い方
◎資金繰り改善習慣


会社の資金繰りは過去の失敗体験から学ぶ!これが非常に効果的です。幸いにして銀行勤務の11年間やコンサルとして独立してからは数多くの「資金繰りのシクジリ」のシーンにかなり深く関われせて頂いました。そういった待ったなしの資金繰り問題を手掛けた経験を約2時間のセミナーにギュっと凝縮しております。


【こんな内容を過去の「実例」に基づきお教えします】


■相手(銀行)の事を知る

銀行が会社を見る視点は何処なのか?
融資審査の考え方の基本を知ってもらいます。
元銀行勤務経験でした者しか知りえないリアルな
審査現場の経験に基づき説明致します。


■自分の事を知る
決算書から自分の会社をどう説明すべきか?
決算書の基本的な成り立ちを学んでもらいます。
銀行の会社の見方(裏話の紹介等)

■NOと言われない融資の申し込みのやり方

・準備すべき計画をどう書くか?
・銀行員が歓迎する資金繰り表とは?
・申込をして門前払いを食らう事例の紹介
・銀行に絶対に門前払いされないテクニック
・融資承認から最速で融資実行までのノウハウ


■資金調達に困らない日頃の銀行との付き合い方と資金繰りの改善習慣
債務超過でもお金を借りれた事例等の紹介


【ここで得た知識はどんな場面で役立つのか?】

・銀行と良好な関係を構築できて円滑な資金調達が可能になる。
・会社に数字を意識する事で対外的な信用度が向上する。
・客観的な数字に基づく経営判断ができるようになる。
・将来の経営指針が明確になる           etc


【セミナーの開催時間】
◎2時間

【セミナー定員】
◎1名~5名

【価格】 
◎5,500円税込
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

オンライン

価格(税込)

¥7,700

受けたい
6人が受けたい登録しています

オンライン受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込)¥7,700

この講座の先生

独自のゲームでキャッシュフロー経営をお教えします!

 平成3年に住友銀行(現三井住友銀行)に入行。渉外担当駆け出しの時どこの銀行にも融資を断られたローン案件を取組む事に成功。以後他所が断った案件を追うようになり、以後無理難題ムチャ振りできる担当者として支店近隣の不動産屋さんから評判を呼ぶようになる。
 1999年から2001年迄国土交通省の団体に出向し不動産業務の奥深さや面白さを経験する。折しも銀行合併の時期とも重なりリスクを取らず内輪の理屈に固執する融資審査のあり方に一銀行員としての限界を感じて平成14年に銀行を退職。不動産業界に転身し不良債権バルク処理や事業再生業務に携わる。

 平成22年独立。赤字債務超過でどこからも相手にされなかった社長が半年足らずで支店長からお金借りてくれと頭を下げてくるようになる等、誰でも理解できる例えでキャッシュフロー経営を教える中小零細企業の社長のパーソナルコーチとして活動を続ける。

数字苦手経営者の為にキャッシュフロー経営や銀行の企業の見方の視点をより解かり易くするために思考錯誤を重ねた末、独自の体験型「経営ゲーム」を発案し、中小零細企業版のIR活動の普及を展開している。
+ 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ➊セミナー開始約5分前よりZOOMのURLからオンライン上でセミナー参加
    ❷本編前半 基礎知識 約50分
     銀行の会社の見方
     決算書のBSとPLの関係性について
     お金の流れの見方 
     5分質疑応答
    ➌5分小休止
    ❹本編後半 実践編 50分
     運転資金の考え方
     設備資金の考え方
     赤字資金の考え方 
     実例等の紹介や計画書の書き方
     5分質疑応答
    • こんな方を対象としています

      ・会社経営者様
      ・個人事業主様
      ・起業予定の方や起業間もない方
      ・管理部門責任者
      ・税理士・公認会計士・コンサルの方
      ・金融機関の関係者
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      当日はZOOMでのセミナーとなります。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー2

    • 楽しかった!( 2 )
    • 勉強になった!( 2 )
    • 行く価値あり!( 2 )
  • M3

    男性 50代

    この講座は「コロナ時代の資金繰りに備える!融資が通る事業計画書の書き方講座」でした

    仕事柄、金融機関へ向けて資金繰り計画表や事業計画書を作成する必要がありますが、事業主と金融機関の両方の視点から具体例を踏まえて解説していただけました。このような講座は貴重です。大変参考になりました。ありがとうございました。

    先生からのコメント

    昨日はご参加ありがとうございます。
    是非実践の業務にお役立ていただければと思います♫
    今後ともよろしくお願いいたします

  • M1

    男性 50代

    この講座は「非常に現実的且つ実用的な内容の講座」でした

    普段はただの数値としてだけ認識していた数字が、実は非常に意味のある数字であったという気付きを与えてくれた講座でした。会社管理職の方や起業される方であれば是非受けていただきたい講座です。オススメします。

    先生からのコメント

    昨日はご参加ありがとうございました。
    過去の経緯から会社の展望を示す事がこれからとても大事になると思います。
    このセミナーを切っ掛けにして頂き是非実際の経営に活かして頂ければと思います。
    引き続きよろしくお願い致します。

  • この先生の他の講座