オールドレンズ一本撮り・35mm貸出あり【谷根千・歴史散策コース】

数十年前、活躍していた単焦点レンズ(28mm、35mm、50mm、 etc.)で、写真の手作りを味わえます♪ 2名までカメラ貸出あり!

こんなことを学びます

一眼レフの初期(1960~1980年頃)、交換レンズの主役はズームでなく単焦点レンズでした。なかでも、広角35mmや標準50mmから望遠まで、数本の単焦点レンズを交換して撮影しました。ピントは、レンズのピントリングを回して合わせるマニュアルフォーカス、絞りは、絞りリングを回して絞り値を合わせました。
写真の出来に直結するピントや絞りを、指先感覚とファインダーの画像の変化で選んでいく、写真の手作り感覚を味わえるレンズたちです。

この講座では、往年のオールドレンズ【35mmF3.5、50mmF1.8など】を現代のミラーレスカメラにアダプターを介して装着、レンズの味わいを活かしながら、実際に撮影してみます。
撮影に当たっては、カメラ・レンズの使い方から、絵作りのコツまでアドバイスして、魅力的な写真をお撮りいただきます。

《使用カメラ・レンズの貸出》
●オールドレンズをお持ちでない入門用として、35mm広角レンズ+ミラーレスカメラ(APS-C機)の撮影機材を貸出します(2台限定)。申込者はデータの無いSDカード(4~8GB程度)をお持ちください。
●ご自分のオールドレンズとカメラで撮影可能な方は、ご持参ください。レンズは28mm、35mm、50mm、クラスが今回の撮影に向いています。

《主な撮影ポイント》
●日暮里・天王寺(大仏・建物)
●谷中霊園(五重塔跡) 
●観音寺(築地塀)
●木造建物(台東区まちかど賞)
●谷中・長久院(えんま石像)
●台東区下町資料展示場(旧酒店)
※この撮影ポイントは、修正・変更する場合があります。

《教える内容》
●その日の撮影に合わせたカメラの基本設定
 (撮影モード・ISO感度などの設定、レンズの使い方を説明)
●撮影ポイントでの撮り方
 (撮影対象を講師が撮影し、作例で撮り方を説明)
●参加者が撮影
 (必要に応じ、絵作りと技術面をアドバイスします)
●撮影を終了後、希望者について写真を拝見し、大まかに講評します。

<使用カメラ・レンズ、三脚について>
◆ご自分のオールドレンズとカメラをお持ちになる方は、事前に撮影テストを行ない、カメラの設定や撮影時のレンズ操作を確認してください。
◆カメラ・レンズの貸出を受ける方は、持参のSDカードにデータが残っていないことを確認してください。一度、初期化するので、データがあると消失します。
◆迅速に撮り歩きしますので、手持ち撮影のみとします(三脚は使用しません)。

<撮影上の注意点について>
◆撮影コースの店舗では、撮影禁止としている店があります。撮影禁止表示のある店舗では撮影できません。他の店舗で撮るときは、できるだけ、お店の方に一言かけてから撮影してください。また、この講座では、いずれの撮影ポイントでも、街路や歩道からの撮影のみで、施設に立ち入っては撮りません。
◆スナップ撮影では、一般の方の肖像権を守るため、周囲の方が大きく写り込まないように注意しましょう。

∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥オールドレンズ他講座のお知らせ∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥

同じく谷根千で、オモシロ・ユニークな谷中銀座を中心に、50mmレンズ貸出でめぐる講座もございます。
『オールドレンズ一本撮り・標準50mm貸出あり【谷根千スナップ編】』
講座ページへ ⇒ https://www.street-academy.com/myclass/64116

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆参加にあたってお願いとご確認☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<お願い>
開催日程からお申し込みの際には、「カメラ・オールドレンズの貸出希望の有無(または、持参カメラ・レンズの機種名)」と「当日の連絡先(携帯番号)」をご記入ください。
そのほか、写真についてのご質問などありましたら、ご記入ください。
<集合場所の確認>
お申し込み後、開催2日前までに、詳しい集合場所をお知らせします。本講座のグループメッセージをご覧ください。
<雨天中止>
本講座は雨天中止です。中止の場合は、前日23時までに、講座のグループメッセージでご連絡します。開催キャンセルと同時に、返金手続きが行なわれます。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

浅草・上野

価格(税込)

¥5,400

受けたい
5人が受けたい登録しています

この講座の先生

撮影を楽しみながら、写真が上手くなります♪ 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇【 お知らせ 】◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2019年4月で、延べ受講人数が1,000人を超えました。
これも、受講者の皆様のご支援・リピートがあってのことです。これからも、充実した講座となるよう、精進しますので、よろしくお願いいたします。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

フィルム時代には、山岳写真や風景写真で活躍。
雑誌『山と溪谷』フォトコンテスト年間努力賞、雑誌『風景写真』フォトコンテスト当月最優秀賞、富士フィルム・ネイチャーフォトコンテスト入選(3回)など、受賞。
隔月刊『フォトテクニック』(玄光社)の依頼により、多くのムック本へ作例を掲載。

四季の花をテーマに撮り続けて、花写真教室で指導を続けています。フルール花写真教室⇒ http://cfphoto.exblog.jp/

近年、花撮影のほか、レンズの使いこなし術をテーマに、いろいろな新講座を企画しています。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    [土日・午前に開催の場合]

    9:30 JR日暮里駅北改札口出たところに集合
    9:30~9:40 当日の予定コースの説明。カメラの設定の確認します。
    9:40~11:00 撮影ポイントを巡り、その場ごとに撮り方をアドバイスし、撮影していただきます。
    11:00~11:30 希望者の写真を拝見し、大まかに講評します。

    [平日・午前に開催の場合]

    10:00 JR日暮里駅北改札口出たところに集合
    10:00~10:10 当日の予定コースの説明。カメラの設定の確認します。
    10:10~11:30 撮影ポイントを巡り、その場ごとに撮り方をアドバイスし、撮影していただきます。
    11:30~12:00 希望者の写真を拝見し、大まかに講評します。

    [午後に開催の場合] ※日程により、13:00開始、14:00開始があります。

    13:30 JR日暮里駅北改札口出たところに集合
    13:30~13:40 当日の予定コースの説明。カメラの設定の確認します。
    13:40~15:00 撮影ポイントを巡り、その場ごとに撮り方をアドバイスし、撮影していただきます。
    15:00~15:30 希望者の写真を拝見し、大まかに講評します。
  • こんな方を対象としています

    ◆オールドレンズに興味があり、一度撮影にチャレンジしてみたい方。
    ◆オールドレンズによるスナップ撮影の使いこなしを学んでみたい方。
    ◆ふだん触れられない下町エリアの散策で、心身をリフレッシュしたい方。
  • 受講料の説明

    参加費は受講のみの価格です。
    撮影後の休憩・写真講評でカフェに入る場合、飲食代は各自負担となります。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ●デジカメの電池は、フル充電したうえ、できれば、予備電池をご持参ください。
    ●カメラの取扱い説明書がありましたら、ご持参ください。
    ●街並みを歩きながら撮影しますので、歩きやすい靴でご参加ください。
    ●戸外での撮影のため、当日の天気・気温に合わせた身支度でご参加かださい。
    ●当日、途中から小雨が予想される場合には、折りたたみ傘をご持参ください。

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?