現代金継ぎ Contemporary KINTSUGI

不器用でも、ズボラでも、修復できます。

こんなことを学びます

『 金継ってナニ?』
割れや欠け、ヒビなどの陶磁器の破損部分を漆によって接着し、金などの金属粉で装飾して仕上げる修復技法です。

この講座では漆を使わずにエポキシ樹脂で接着したりパテを使って破損部分を接着や穴埋めした後に、金や銀で装飾仕上げをします。
漆で修復した場合は乾燥に時間がかかるため、持ち帰る際に直した部分が箱に触れないようにしたりと手間がかかりますが、現代金継ぎでは作業後に包んで持ち帰る事ができます。

直したいモノがあるのに難しそうだから躊躇していた方、漆アレルギーの方、不器用な方でも修復が可能です。


◉定員 基本 5名
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格(税込)

¥3,000

受けたい
8人が受けたい登録しています

この講座の先生

現代金継ぎ

Contemporary KINTSUGI
漆を使わない金継ぎ、銀継ぎ

割れてしまった捨てられない大切な想い出の品、気になっている小さな欠け、漏れてしまうヒビなど。器用な方は美しく、不器用な方はそれなりに、修復することができます。

このワークショップの金継ぎは、漆を使わずにエポキシ樹脂を使って継いでいきます。エポキシ樹脂で接着したのち金箔を貼りつけます。金箔は食品にも使用される純金を使用いたしますので、樹脂にフタをするといった形になります。エポキシ樹脂の利点としては乾燥が早いので、当日に包んで持ち帰ることができます。

漆金継ぎがやってみたい方、食器に樹脂って気になるわ…、と言う方はよくご検討ください。漆アレルギーだけどご自分で継いでみたい方にはお薦めです。また食器以外の置物なども修復できます。

ガラスや木製品については修復困難な場合がございますので、お問合せいただくか当日ご持参ください。

修復したいモノをご持参ください。
割物のご用意はありません。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    15-20分間 デモンストレーションをしながら現代金継ぎのやり方、道具などの説明。

    各自持参した物の中で簡単なものから修復していく。
    早い方は1時間程度で終了。割れのひどい物やたくさんある方は2時間までに終わるように仕上げていきます。

    時間内に全て終わるとは限りませんので、ご了承ください。

  • こんな方を対象としています

    割れモノ、欠けモノをご持参ください。
    大切な思い出の器。記念にいただいた置物。毎日使っているお気に入りのカップや湯呑、茶碗。割れてしまってずっと捨てられずにしまってあるモノ。いつかいつか直そうと思っているモノをお持ちで修復したい方。
  • 受講料の説明

    受講料にはレッスン料、道具代、場所代が含まれます。
    当日、直す大きさによって別途、追加料金がかかります。

    ・チップなど欠けが5ミリにつき ¥100-
    ・ヒビ割れ、1センチにつき ¥100-

    例)
    小さな欠け1ヶ所 +¥100-
    直径20センチのお皿が真ん中で二つに割れている +¥2000-

    受講後に計測しますので現金またはクレジットカードでお支払いをお願いいたします。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ・割物、欠け物を必ずご持参ください。
    ・お持ちいただいたもの全て直せるとはかぎりません。ガラス、木製品については当日ご相談ください。
    ・汚れても良い服装、またはエプロンなどご持参ください。
    ・除光液を使用しますので、マニキュアをご使用の方はお気をつけください。
    ・時間に余裕をもっていらしてください。
relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?