フードコーディネーターが教える:「誰でも出来る料理撮影のウラ技」

フードコーディネータースクールのワークショップ:現役フードコーディネーターがシヅル感の出し方や汁物の具の浮かし方、湯気の撮影など伝授

こんなことを学びます

料理撮影はカメラ技術と共に
食材をいかに美味しそうに見せるウラ技もj重要です。

撮影現場で行う
食材に手を加えて完成度の高い画像を
作る方法をしっかりとお教えします。

★★★★★★★★★
1回の授業は3時間
丁寧にお教えするために6名様限定といたします。
一人ひとりの目的に合わせほぼマンツーマン授業とします。

<お教えする事>
10月
●スープやみそ汁の具の浮かせ方
●汁の濃度調整の仕方
●具の見せ方

11月
●サンドウイッチ、他の断面と具の扱い方
●撮影用のサンドウィッチの作り方
●おいしそうに見えるお皿の上の配置

12月
●グラタンや焼いた肉の熱々感を作る方法
●料理の断面を美味しそうに見せる方法
●湯気の見せ方

1月
●トローリチーズの作り方
●ピザのリフティング
●流れ出るチーズの作り方

続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催日程がありません

開催予定エリア

六本木・赤坂

価格(税込)

¥8,000

現在は開催リクエストを受け付けていません
受けたい
2人が受けたい登録しています

この講座の先生

1995年創立Tu as raisonの主催者

1995年にFood Business Schoolチュ・ア・レゾンを設立。
フードスタイリスト、フードコーディネーターとして(株)サントリー、(株)トヨタ自動車、(株)資生堂、㈱フプリマハム、雑誌「LEE」「MORE」(集英社)、「FRaU」(講談社)、「Oggi」(小学館)などで活躍しています。
http://www.foodex.co.jp/

--------------------------------------------------------------------------------

自著「器あそび。私の好きなごはん時間」(主婦の友社)
「フレンチトーストに夢中」(ダイアプレス社)
「パウンド型ひとつで簡単お菓子」(宝島社)
「コンビニ部屋カクテル」(集英社)

共著「家で作れる生スィーツ」(日東書院)
「バーミキュラだから野菜がおいしい簡単レシピ」(三才ムック)

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    講義

    実習

    質疑応答
  • こんな方を対象としています

    ●仕事で料理撮影をしている
    ●細かい撮影テクニックが分からない
    ●おいしそうな演出が分からない
    ●カメラ技術以外の撮影テクが知りたい
  • 受講料の説明

    料理、撮影機材、撮影備品、スタジオ代金、
    他すべて含む

    ※領収書はストアカから発行できますので社外研修としてもご利用ください
    http://goo.gl/2LiQep
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ●古いタイプのデジカメでも使用可能です
    ●一眼レフ、ミラーレスの使用可能です
    スマホはお勧めできません
    ●三脚は是非ご持参ください
    ●マクロレンズはお勧めです
    単焦点レンズはお勧めできません

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?