お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

英語が聞こえる!通じる!洋楽で一気に会話力がつくワークショップ

対面

あ、また・・・英語が話せるようになりたい!と勉強しようとしていませんか?

こんなことを学びます

英語が話せるようになりたい!と思う度
こんなこと、続けていませんか?

✅文法を知らないからだ!と文法を勉強する
✅単語を知らないからだ!と単語を一生懸命覚える
✅リスニングをあげたい!ととりあえず音声を聞く
✅英語に触れよう!と洋画、洋書を見る
✅とりあえずアウトプット!と英会話レッスンを受ける

生徒さんの中でも、これらのことをやってきましたとおっしゃる方はとても多いです。で、どうでしょう?

英語が話せるようになったでしょうか?もしくは、このままこれを続ければ話せるようになりそう!という実感はあるでしょうか?


恐らく、そうであれば、今頃このページを読んでいらっしゃらないはずですよね(笑)


そうなのです。英語を勉強したり、単語を一生懸命覚えたり、とりあえず聞き流しをしてみたり、英会話レッスンを受けたりしても、英語は上達しないんですよね。


なぜなら、今までやってきた習得法は全て…


英語を「語学の勉強」として見ているだけだから


例えば、文法を勉強したり、単語を覚えたりする時、あなたならどんな風に覚えていらっしゃいますか?

きっと日本語の意味と照らし合わせて勉強されていると思うのです。


また、とりあえず音声を聞いたり、洋画を見たりする時も同じです。「何て言っているんだろう?」と聞こえてきた英語を頭の中で文字として書き出しているのではないでしょうか。

その後、頭の中で書き出した英語を日本語に訳して、理解しようとしていると思うのです。人のことは言えません。私も昔は全く同じことをしていましたから…


結局、「英語で会話ができるようになりたい!」と言いながら、私たちはずっと中学や高校でやってきた方法と全く同じ、「語学の勉強」を続けてきただけに過ぎないのです。


では一体、どうすれば英語で会話ができるようになるのでしょう?


答えをお伝えする前に、まず1つあなたに質問させてください。

英語で会話ができるようになるのに、必要最低限な2つのことって何でしょう?



そうです!

英語を聞いて理解できるリスニング力と
あなたの話した英語が通じるスピーキング力


で、先ほどの文法の勉強や単語の丸覚えで、リスニング力とスピーキング力は身につくでしょうか?



もしくは、英語の発音をよく知らないのに、とりあえず音声を聞いたり洋画を見たりして、英語が理解できるようになるでしょうか?海外に行かれたことのある方はご経験があると思いますが「知らない単語だ!」と思って、書いてもらったら「なんだ、この単語か…知ってた」ということは、よくあることなのです。


つまり、知っている単語なのに聞き取れない!なんてことが実際にありえるのです。


ということは、英語で会話ができるようになるために、まずあなたが知っている単語くらいは最低限聞き取れるようにならなきゃいけないと思いますよね。

そして、それをするのに文法や単語の勉強は必要ないのです。


実際に、留学した当初の語学学校で同じクラスだったフランス人の女の子は、文法も単語もほとんど知りませんでした。アジア人ならみんな知っている単語を見て、What does ~ mean? (これってどういう意味?)と尋ねていたくらいです。

でも彼女は、クラスの中で一番誰よりも会話ができたのです。知らない単語を見つけたって、全然問題なんてありません。What does ~ mean? (これってどういう意味?)って訊けたのですから。

この彼女と一緒のクラスになって、私はかなりのショックを受けました。


私より、文法も単語も全然知らないのに、断然この子の方が英語が話せるなんて!!って。その時、実感したんです。英語を話したいなら勉強してちゃダメだって。


それから数週間後、縁があって私は語学学校を去りネイティブスピーカーと一緒に勉強を始めたのですが、そこでも更にショックなことが起こりました。

とにかくクラスメートのネイティブスピーカーの話が聞き取れないのです。留学前には、英会話スクールにも通いましたし、聞き流しまでは行かなくても、音声教材は沢山聞いていました。それなのに、何を言っているのかほとんど分からなかったのです。当然授業にもついていけません。

でも、テキストや配られたプリントを見ると、意味を理解することはできたのです。そう、読めばわかるのに聞き取れないという典型的なパターンに陥っていたのです。


そんな私でも英語が話せるようになり、海外に住んで18年、現地企業に勤めて約14年になります。他の専攻と比べて圧倒的に留学生が少ない中、大学も首席で卒業できました。


なぜこんなことができたのか?

それは…


英語の発音を身につけたから


え?英語が話せるようになるのと、発音に何の関係が?と思われるかもしれませんね。でも実は、大いに関係があるのです!

あなたと同じように大人になってから英語を習得した私が、海外の大学を首席で卒業し、現地でも競争率の高い音楽・エンターテイメント業界に就職し約14年も勤務できた理由…

今振り返ると、それは音楽留学をし、歌を専攻していたことが大きく助けになったなと思っています。


そして、もちろん、これは


あなたにだって可能なのです!



でも発音を学ぶのにどうして洋楽なの?
と思ってしまいますよね?



発音を学ぶのに洋楽が効果的な理由は大きく分けて2つあります。


1) 英語の『音』を体感するには、音(洋楽)から学ぶのが一番カンタンだから

それぞれの言語にはその言語独特の『音』があります。つまり、日本語には日本語の、英語には英語の『音』があるのです。で、『音』といえば・・・そう、音楽ですよね!つまり音楽というツールを利用することで、まるで、音楽にノッているかのように、自然と英語の『音』を体感することができるというわけです。



2) Repeat after me では絶対身につかない英語の『音』が自然に身につくから

大人の私たちは、全てのことを日本語を通して理解しています。そしてこれは、英語を話す時も同じなんです。ネイティブスピーカーの先生の下で、Repeat after me. といくら後について練習しても、実際にあなたが話す時には、あなたが「覚えている単語の発音」に変換して話しています。これでは、きちんと発音できているとは言えないのではないでしょうか。この、自分で無意識にやっている「覚えている単語に変換して発音する」を避けるのに有益なのが洋楽です。なぜなら、あなたが「覚えている単語の発音」に変換している間に曲は進んでいってしまうから(爆)完全に待ったなし!正真正銘の Repeat after me. をしないといけなくなるというわけです。


具体的なワークショップ内容は「当日の流れとタイムライン」の欄をご覧ください。
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格(税込)

¥8,000

現在は開催リクエストを受け付けていません
受けたい
1人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。

この講座の先生

マックフィー 洋美のプロフィール写真

マックフィー 洋美

  • 1人
  • 1回
教室ページをみる 先生に質問する

洋楽で身に着ける英語コミュニケーションの専門家

大手総合商社にて勤務後、言葉を発するより先に歌い出すほどの歌好きが生じオーストラリアへ単身音楽留学。

現在、海外在住歴18年。
音楽・エンターテインメント系の現地企業に勤め、オーストラリアの有名ミュージシャンのマネージメントや国内外のツアープロデュースを14年にわたり手がける。


この自身の海外体験を生かし、英語で自分の気持ちがしっかり伝えられる英語コミュニケーション術が身に付く、独自の英語習得メソッド『4D英語』を開発。また音楽を使って英語を習得する方法もMGL (Music Guided Learning) としてまとめた。


クライアントからは
「英語に対する意識が根本的に変わりました」
「歌から英語のリズムが身につき、英語らしい発音になりました」
「英語が上達しただけでなく、自分のやりたいことも明確になり
自信がつきました 」
「日本人で、英語圏に暮らして日本語と
英語のことがわかっているからこその、細かいことが英語では、こういう感じで表すというアドバイスが、目からうろこ的感覚で、びっくりの連続でした。 」など 驚きの声が寄せられる。
+ 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ワークショップの概要をお伝えしますね。

    1. どうして発音が大切なのか?
    英語で会話をするのに、勉強ではなく、どうして発音なのか?について詳しくお伝えしていきます。


    2. 英語の『音』とは?
    それぞれの言語にはその言語独特の『音』があると言われています。ですから、日本語の『音』のまま英語を聞いたり話しても分からないし通じないのです。そこで、日本語と英語の『音』はどう違うのか?英語の『音』とは一体どういうものなのか?を具体例をあげながらお伝えしていきます。また、今までセッションをしてきた中で、生徒さんが苦労された発音を集中的に取り上げ、伝わる発音になるよう練習していきます。


    3. 洋楽から発音力を上げてみよう♪
    21世紀最大の歌姫といっても過言ではない Adele の大ヒット曲 Someone Like You を取り上げて、実際に洋楽から英語の『音』を体感していただきます。今まで何となく聞いていた洋楽の聴き方を変えることで、英語の『音』が分かるようになりますよ。


    4. 洋楽から知っているけど、違いがよく分からない単語をマスター
    Adele の Someone Like You の歌詞内容を詳しくご紹介しながら「知っているけど、使い分けがよく分からない」と生徒さんから何度も聞かれたことのある、some・any・every の違いをお伝えします。セミナー後には、ただ「知っている」だけでなく、どんどんあなたの英語の中で「使える」単語になりますよ。


    5. 英語の発音をあげるコツ
    洋楽をいろんな視点から聴き、英語の『音』が掴めたところで、明日からすぐに実践できる、発音をあげるコツをお伝えします。このコツが分かるだけで、あなたの英語が通じやすくなるだけでなく、ネイティブスピーカーの英語も急に聞きやすくなりますよ。

    • こんな方を対象としています

      読んだら理解できるのに、話しかけられたら全然英語が聞き取れない
      海外でコーヒーを頼んだら、コーラが出てきた
      英語を話しても何度も聞き返された経験がある
      そろそろカタカナ英語から抜け出して、カッコイイ発音を身に付けたい
      ネイティブから発音を直してもらっても、何がどう違うのか分からない
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      ワークショップ会場はご参加者の方に後日お伝えします。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?