関節運動学的アプローチ@札幌~膝関節

膝関節障害への徒手的アプローチ法

learn

こんなことを学びます

 AKTはArthro-Kinesiological Techniqueの略です。Arthroとは関節、Kinesiologicalは運動学のことです。つまりAKTとは関節運動学的テクニックのことになります。このテクニックの特徴はは以下の通りになります。

1.自動的運動を利用したアジャスメントテクニック
2.カップリングモーションを考慮したスラスト

従来のアジャスメントテクニックでは、患者さんは静止位で行いますが、AKTでは患者さん自身に関節を動かしてもらいながら(自動的運動)アジャスメントを行います。

症状の多くは「前かがみになると腰が痛い」「腕を上げると肩が痛い」などのように自動的運動に伴い痛み(動作痛)が現れる場合が多いです。このテクニックがもっとも効力を発揮するのは、このような動作痛の改善に対してです。

スラストの方向は科学性を重視します。最新のリサーチを基に各関節の運動の特徴を把握し、それに基づいて検査・診断・治療(アジャスメント)を行っていきます。

当セミナーでは、まずは関節運動学の理論について十分に理解していただいた上で、次に実践(検査法、治療法)について実技を交えて解説していきます。

11月15日(日)AKTセミナー:膝関節
場所:ユニオンカイロプラクティックセンター(札幌市中央区南一条西20丁目1-28ザ・ビンテージ2階、地下鉄東西線西18丁目駅1番出口徒歩1分)
時間:9:30~15:30
定員:12名
内容: 大腿脛骨関節、スクリューホームメカニズム、副次的運動、変形性膝関節症、膝蓋骨の安定化安定化構造、膝蓋骨のサブラクセーション、半月板の運動学、円盤状半月半月、近位脛腓関節、AKTテーピング、変形性膝関節症のための栄養処方
受講費:16,000円
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

札幌

価格

¥16,000

受けたい
1人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生


1992 東北大学卒業(動物遺伝育種学研究室)
1997 クリーブランドカイロプラクティックカレッジ卒業 (アメリカ、ロサンゼルス)
1998 ドクターオブカイロプラクティック(Doctor of Chiropractic)免許取得 (カリフォルニア州)
2005 CSCS(ストレングス&コンディショニング専門家)取得
2008 DACBSP(スポーツカイロプラクティック学位)取得
2013 岐阜大学大学院医学系研究科スポーツ医科学研究室

※DC=Doctor of Chiropractic(ドクターオブカイロプラクティック、カイロプラクティックの学位)
※DACBSP=Diplomate of American Chiropractic Board of Sports Physician(スポーツカイロプラクティックの最高学位、世界中で約250名が取得、日本人は唯一人)
※CSCS=Certified Strength and Conditioning Specialist(ストレングス専門家の認定証)
※PhD=医学博士(神経統御学、スポーツ医学) + 続きを読む

detail

講座詳細

  • こんな方を対象としています

    徒手療法家、カイロプラクター、自然療法家

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

最近チェックした講座