一日でわかる複素解析 【大学数学 1から理解する最短ルート】

【1から理解する最短ルート】

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>
対象:
複素数を使う方
微積の基礎はわかっている方

内容
複素数の基本
1、複素数の足し算、掛け算
2、複素数の絶対値、微分など、
3、複素数平面でのexponentialやlog
4、級数を使った積分
の勉強をします。

<こんなことが出来るようになります>
複素数の簡単な操作と複素平面での積分ができるようになります。


<こんな風に教えます>
大学入学前レベルの数学を少人数制のグループで丁寧に教えます。
講師の一方的な説明にならずに参加者の皆さんと対話しつつ進めていくので、
個人指導のような形式で楽しく学んで頂きます。

<参考資料>
演習・複素関数論 単行本 – 1982/5 青木 利夫 (著)

複素関数論 (技術者のための高等数差学) 単行本 – 2003/3/1
E. クライツィグ (著), Erwin Kreyszig (原著), 近藤 次郎 (翻訳), 丹生 慶四郎 (翻訳), 堀 素夫 (翻訳)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

中野・東中野

価格(税込)

¥15,000

受けたい
1人が受けたい登録しています

この講座の先生

人工知能会社社長の数学

ShannonLabという人工知能の会社の経営者をしております。

これから世界のあらゆる場所に人工知能が登場してきます。
皆さんの役に立つものを作っていきたいと思っています。

数学の面白さを伝える意味で数学の指導もしております。
数学の楽しみの輪をもっと広げより多くの人に伝えられたらと思います。
勉強会実施してます。是非ご参加ください。

参考に過去の講義
https://www.youtube.com/watch?v=bo1Em8PAgcE



数学論文多数
国際学会での発表多数
http://shannon-lab.org/?page_id=105

出版物:

誤解だらけの人工知能 ディープラーニングの限界と可能性 (光文社新書)
https://www.amazon.co.jp/dp/4334043380

Pythonプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本
https://www.amazon.co.jp/dp/4798048682/


所属団体
日本人工知能学会
アメリカ数学会 + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    4時間

    <当日のレッスンの流れ>
    10:00 -11:50
    1、複素数の足し算、掛け算
    2、複素数の絶対値、微分など、
    10分 質問タイム

    お昼休憩 1時間

    13:00 - 14:50
    3、複素数平面でのexponentialやlog
    4、級数を使った積分




    • こんな方を対象としています

      対象:
      複素数を使う方
      微積の基礎はわかっている方
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この先生の他の講座

    4

    開催リクエスト受付中

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?