《季節限定写真講座》フィルムカメラで月を愛でる!

銀塩でほのぼの撮れば、あなたの心に満月がのぼる、in Saitama

こんなことを学びます

何と言っても月を撮るなら中秋の名月です。
デジタルで撮るのも手軽でいいけれど、ちょっとレトロなフィルムカメラで満月を撮ってみようというのがこの講座です。お茶を用意して月がのぼるのを待つ時間。これも銀塩写真の楽しみ方でしょう。
講座というより、同好会。講師はみなさんの質問に答えながら、フィルムカメラについて、語り合う時間を大切にします。
もちろん、フィルムの装填の仕方から露出の決め方まで、フィルムカメラのABCも学んでいただけますので、超・初心者の方もご安心ください。
昔はフィルムの一眼だった、というベテランの方もぜひ、銀塩談義に加わってください。

撮影場所は埼玉県飯能市での開催となります。
天気に恵まれることを祈って。
みなさん、気軽にご参加ください。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

飯能・日高

価格(税込)

¥3,500

受けたい
2人が受けたい登録しています

この講座の先生

小島 晃のプロフィール写真
銀塩写真のぬくもりが世界を救う…かもしれない。

小島 晃

映像作家。写真専門学校を卒業後、スチールカメラマンとしてキャリアをスタート。その後、大手印刷会社の映像部門で25年以上にわたりプロデューサー、ディレクターとして映像コンテンツを制作。現在、映像プロダクション、十二月映画社を主宰。

この講座の主催団体

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    約3時間の講座です。

    16:30 集合
    17:00 飯能市近辺の見晴らしの良い場所に移動して撮影
    19:30 講座終了、現地(飯能駅)にて解散
    • こんな方を対象としています

      ・フィルムカメラを手に入れたので何か撮ってみたい
      ・フィルムカメラの使い方を知りたい
      ・フィルムカメラと月にそこはかとない魅力を感じる
      ・フィルムカメラを持ってお茶を楽しみたい
      ・銀塩カメラについて語りたい
    • 受講料の説明

      受講料にフィルム代、集合場所までの交通費は含まれていません。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      西武池袋線飯能駅南口に16時30分集合となります。撮影場所までは講師の車で移動します。持ち物はフィルムカメラ、フィルム。できれば300mm以上の望遠レンズ、三脚をお持ちください。
      ニコンFマウントのカメラをお持ちの場合は講師の600mmレンズをお使いいただけます。
      フィルムはカラーでも白黒でも。身軽なスタイルでお越しください。なお曇天では雲間から現れる月を狙うこともできますが、月が姿を現さないこともありますのでご了承ください。雨天の場合、雲が厚い場合は中止となります。当日、開催かどうか不明の場合は、講師の携帯電話までお問い合わせください。
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この主催団体の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?