【読書感想文&作文】 駆け込み寺!

80点の作文力を3時間で仕上げる講座

こんなことを学びます

【概要】

読書感想文・意見作文の課題をその場で仕上げていく教室です。
お子様と「対話」をして、書くテーマを引き出し、
そのファクトを「型」にはめて書いていきます。
「型」にはめて書くことは時短につながり、
その分、考察する時間ができるということです。
洞察力のある作文が出来上がります。
ただ宿題を間に合わせるだけでなく、他者と差がつく作文教室です。
きっと書くことが好きになると思います。


【対象者】

・小学4年~高校生
・読書感想文が苦手。書き方がわからない。
・まあまあ得意だけど、もっと上手くなりたい。
・2020年からの新指導「論述力」を鍛え、将来に備えたい。
・作文や小論文で進学を狙っていきたい。
・感想文・作文の宿題を添削してほしい。
・感想文・作文の構成メモまで仕上げたい。
・小論文を診てほしい。
・とにかく作文をその場で仕上げたい。
(※時間内に完成しなければ、せめて構成メモまで仕上げる)


【狙いと効果】

1、感想文とはいったい何のために書くのか?
誰も教えてくれないこの「本質」を理解するだけで、お子様の書く態度や文章力に変化・改善が必ず見られます。ここから理解していただきます。この話さえも「作文のテーマ」になりうる「気づき」の内容となっています。

2、読書感想文は、「自由」に書かせてしまっては、論点も定まらず、何度も書き直すことになり、非効率です。社会経験もなく、体験が乏しい小学生だからこそ、まず、感想文や作文の【型(構成)】をカッチリ教えます。そして、ブランク(構成の空欄)を埋めるように書かせます。

3、【型】によってブランク(構成の空欄)を埋めていくことで、自身の「掘り下げ方の浅さ」に気づかせ(または自身で気づき)、再度、考察を深めるための資料探しや検索作業をするようになります(するように指導します)。この【自主性の有無】が他者との差です。
また、ご自宅ではお母さんやお父さんの「客観的助言」が大切です。作文や感想文や小論文に「正解」はありません。お子様の考えには必ず「すくえる」個性があるはずで、そこが「答」に形成化されていきます。会話のキャッチボールで必ずいいテーマが見つかるはずです。お互いに「提案」しつづければ、きっと発見できます。

繰り返し申し上げます。
「型」にはめて書く。思慮浅薄に気づかせる。あらためて資料を探す。再考察して考え抜いた意見を書く。提案をする。こうやって、考察する時間を多くし、「論理性」を強化し、「文章の情報価値」を高めていきます。そのための「型」です。今は、主張が稚拙な内容でも全然OKです。

「型」さえ守れば、自動的に、問題を提起し、論理的に自分の考えを示していくことができます。本講座では、この組み立て方を楽しんでほしいと思います。必ず、お子様の「作文・感想文苦手意識」を払拭させ、面白いほどに点数を伸ばしていくコツをお伝えしたいと思います。


【事前のお願い】

「走れメロス」を教材にします。完読してからお越しください。
間に合わなければ結構です。

効率化のため、プロジェクターを使用する予定です。
照明の点灯・消灯を適時行いますのであらかじめご了承ください。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

六本木・赤坂

価格(税込)

¥3,000

受けたい
6人が受けたい登録しています

この講座の先生

誰でも『作文好き』になれます!なっていただきます!

コピーライター/童話作家/小論文専門予備校講師

(株)コピーのコバヤシ/代表取締役
博報堂で長年、コピーライターをしておりました。広告キャンペーンの企画・立案及び、ブランディングなどに関わるスーパーバイズ業務を生業としています。 広告業界で培ったクリエイティブを余すところなく皆様に提供していくと同時に、私自身も成長していきたいと考えております。どうぞ宜しくお願いいたします。

【受賞歴】
東京コピーライターズクラブ 新人賞受賞、広告電通賞、コードアワード、JRポスターグランプリ、日経広告賞、日本新聞協会賞、サンケイビジネス広告大賞、ACC賞、消費者のためになった広告コンクール、全国カタログポスター展、日本マーケティング協会賞、カンヌライオンズ、アドフェスト、 D&AD、The One Show、ニューヨークフェスティバル、ロンドン国際広告祭、タイムズアジア太平洋広告祭、釜山国際広告祭など多数受賞。

【出版】
「5分ごとにひらく恐怖のとびら百物語①絶叫のとびら」文溪堂

「ひきこもり脱出ドアプレート ~心の扉をひらく、12枚の切り札~」Amazon.co.jp + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    1、教室に集合後、講師のあいさつ

    2、なぜ、感想文や作文を書くのか?

    3、感想文を巧く見せる簡単なコツがある

    4、表現、表記、原稿用紙の使い方指導 (※受講生のレベルによっては削除します)

    5、「走れメロス」を使って、【型(構成)】の作り方を解説

    (6、連想法「マインドマップ」の使い方を指導 (テーマの探し方) ※省略するかもです)

    7、個人作業 課題図書やご自身の論文テーマなどで書き進めてもらいます。対話をしながら引き出していきます。途中のチェック、添削等いたします

    8、「下書きメモ(構成)」を完成させます  ※本執筆はご自宅でお願いします

    9、個人差があるので、完成しない場合がありますが「構成メモ」までは完成させます。構成メモができれば、あとは肉付けして完成していただきます。

    10、お疲れ様でした。解散

    ※保護者様に事前確認後、授業風景の写真を撮影させていただくかもしれません。
     お子様のお顔は写しません。
  • こんな方を対象としています

    開催エリアは、下記エリアを予定しております。教室の空き状況によって場所は変動します。
    【 白金台、白金、南麻布、飯倉、西麻布、青山 】のいずれかになります。
  • 受講料の説明

    受講料には、指導料、添削料、教材費、教室レンタル料を含みます
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    【事前のお願い】

    ・「走れメロス」を教材にします。完読してからお越しください。

    ・持ち物  

    ・筆記用具
    ・ノート
    ・400字詰め原稿用紙4枚程度
    ・課題図書(感想文を書こうとしている書籍)
    ・意見作文や小論文の課題文やテーマ

この先生の他の講座

relation

関連講座

お探しの講座が見つかりませんでしたか?