初心者のための文系的写真講座

カメラとのつきあい方をサポートします!

learn

こんなことを学びます

<文系的写真講座って何?>

あなたは自分のカメラのことをどれだけ知っていますか?
カメラを向けるとき、どんなことを考えてますか?

この講座では、主にカメラ初心者の方を対象に「文系的な視点」―自分のカメラとのつき合い方、写真を楽しむための心構え、被写体との探し方・向き合い方、自分の心の中にある「好き」の表現の仕方など―を学びます。

試行錯誤の先にある、あなたが喜ぶ写真を探しにいきましょう。

<どんなことをするの?>

まずはじめに、カメラの持ち方や最低限の設定についてお話します。
カメラとのつきあい方とは、自分のカメラがどんなカメラかを知っていくことからはじまります。

でも、参加者みなさん初心者ですから、焦らずに、ゆっくり時間をとります。わからないことがあれば、遠慮なく何度でもお尋ねください。

その後は、皆さんと一緒に被写体を探し、実際に撮影をしていきます。

そうはいっても、何を撮っていいかわからない方も多いと思います。
まずは被写体を探す場面と被写体にカメラを向けるといった場面で、どんなことを考えて、どう撮っていくのかを繰り返し説明いたします。

うまく撮れるかどうかは気にしないでください。

絞りや構図といったことも必要な場面ではお話しますが、この講座で大切にしたいのは、何を感じて撮ったのか(どこへ目を向けたのか、何を発見したのか、何がいいと感じたのか)です。

なお、自由解散にはしませんので、講師はすぐそばにおります。わからないことは何度でもお尋ねください。

自由に撮り歩きたい、という方にはおすすめできません。

<撮影場所>
新宿御苑(予定)

<持ち物>
デジタルカメラ(スマホを除く)
※一眼レフ、ミラーレス、コンパクトデジカメなど種類、機種は自由です。
※レンズ一体型でも構いません。
メモリーカード
充電済みのバッテリー
筆記用具
取扱い説明書(お持ちの方)

<定員>
5名

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:新宿・代々木

    受講料:¥ 5,000

teacher

この講座の先生

麻生 裕之

文系的フォトインストラクター

Photo Artist
PCインストラクター(講師)

日本写真協会会員
フォトクラブ Future's eye会員

昭和50年東京四谷生まれ。
リバーサルフィルムの美しさに魅力を感じて写真をはじめる。もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    3時間程度

    <当日のレッスンの流れ>
    30分~ ガイダンス、各自のカメラを知る
    2時間 撮影、解説
    30分 まとめ、解散(現地解散)
  • こんな方を対象としています

    ・超初心者/初心者
    ・デジタルカメラを買ったばかりの方
    ・デジタルカメラを持ってるのに、使い方がわからない方
    ・何をどう撮っていいかわからない方
    ・絞りや構図といった理論にはまだ興味が持てない方
    ・初心に戻ってみたい方
  • 受講料の説明

    別途、入園料(200円)が必要です。
  • 受講する際は以下をお読み下さい


    芝生や濡れた土の多い屋外での撮影になります。
    当日は動きやすい靴・服装で参加してください。

    記録メディア(メモリカード等)は空にしておいてください。
    カメラのバッテリーをフル充電でご参加ください。
    レフ板、三脚は使用しませんので、お持ちにならないでください。

    新宿御苑は、段差や木の根など足場の悪い場所も多くあります。各自で転倒・ケガなどには自己責任の上、十分にご留意ください。
    また苑内には観光客や子どもも多いので、周囲の迷惑にならないように注意をして撮影してください。また講座中は講師の目の届く範囲で撮影してください。

    台風などの荒天時は除き、雨天決行です。
    雨天時は温室内での撮影になります。