違約・不払いに負けない クリエイターのための契約法務 防衛法

企業法務弁護士 田中純一郎氏が解説する、制作業の個人や法人が実践すべき契約トラブルの防止法と対処法を学ぶ、もしものトキに備える法律講座。

こんなことを学びます

その案件、その口約束で大丈夫でしょうか。
初めて取引するクライアントに、不安はありませんか。
契約や請求で、トラブルに発展したらどう対処しますか。

制作業を営む個人事業主や法人企業は、そのワークフローや納品物の性質上、なにかと契約や請求にまつわるトラブルが発生しやすいもの。

・案件の仕様やスケジュールが先方の一方的な都合で変貌するも、その予算は固定
・納品後に一方的に値下げを強いられる
・納品後に一方的に分割払いを強いられる
・請求しても払ってくれず、連絡にも応じない
・制作進行中の案件が先方の一方的な都合で消えるも、その補償がない
などなど、制作業界によくある、このような困った事例を経験した方も少なくないはずです。

この講座では、企業法務の弁護士として多数の取り扱い実績を持つ田中純一郎氏を招き、クリエイティブ業界の個人や企業が知っておくべき契約に関する法律の基礎知識や、ぜひやっておきたい法律トラブルの防御法と対処法を分かりやすく解説していただきます。

契約トラブルは、必ずしも契約書がなくても、その防衛の方法はあります。

困ったことになる前に、困ったことになったときのために、泣き寝入りをしないためのこの講座で学んでください。

● この講座で学べること
○ 契約に関する最低限の法律知識
○ 普段から気をつけておきたい契約トラブル防止法
○ 契約トラブルが発生したときの対処法

● この講座で得られること
○ 契約トラブルを未然に防ぐことができる
○ 万一トラブルが発生した場合のダメージを最小限にすることができる
※ 学習教材や資料がある場合は、お持ち帰りいただけます。

※ 講座内で利用するデモなどのサンプルファイルがある場合は、ダウンロード可能です。
※ 各種受講証明書への署名・発行に対応します。

● この講座の特徴
○ 座学形式です。
○ 実践的な知識や方法を、要点をまとめて、わかりやすく解説します。
○ 豊富な図解やサンプルを利用して解説します。
○ 講義後に、質疑応答の時間を設けます。

● 協賛企業・ブランド
セブンライツ法律事務所 < https://sevenlights-law.com >

#bauya
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中 早割5%OFF

11月6日(水)

18:45 - 20:45

東京 / 銀座・大手町

予約締切日時

11月05日(火) 18:45 まで

参加人数

3/15人

開催場所

東京メトロ東西線 竹橋駅 徒歩2分
ちよだプラットフォームスクウェア 会議室401 東京都千代田区神田錦町3‐21 ちよだプラットフォームスクウェア 4階

価格(税込)

¥3,800

¥3,610

早割5%OFF

(早割残り1席)

  • 受付中 早割5%OFF

    11月6日(水)

    18:45 - 20:45

    東京 /銀座・大手町

    選択中 選択
  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
13人が受けたい登録しています

この講座の先生

田中 純一郎のプロフィール写真
弁護士

田中 純一郎

セブンライツ法律事務所 代表弁護士 

東京都出身 

青山学院大学法学部 卒業 
明治大学大学院法学研究科博士前期課程 修了(法学修士) 
明治大学法科大学院 修了 

平成19年9月 司法試験 合格 
平成20年12月 弁護士登録 

金融機関から保険会社、IT企業や飲食店まで、幅広い業種の企業法務に対応し、倒産管財事件や前職(行政書士)の経験を活かして入管事件なども扱う。 労働法務関係では、労働審判などの個別的労働紛争や労働委員会での不当労働行為救済申立事件の会社側代理人を務め、近年では合同労組対応に定評がある。 また、社内外の不正・コンプライアンス対応にも積極的に取り組む。 

主な著書:
『労働時間を適正に削減する法』,『金融商品と不法行為』,『起業と経営の基本知識がわかる本』,『コンメンタール出入国管理及び難民認定法』,『外国人の法律相談』(いずれも共著)

この講座の主催団体

  • 845人
  • 36回

BAU-YA

プロとプロを目指すクリエイターの学び舎、BAU-YA(バウ舎)。
アートやデザイン、ITやウェブなどの、トップクリエイターや著名講師による『いま、伝えたいこと』を、そのまま講座にして催します。


■ BAU-YAにある『技術系講座』と『知識系講座』の2つのスタイル

『技術系講座』は、ふんだんに実演デモを駆使するハイブリッド・ハンズオン講座。

制作の現場で必須のテクニックを学べます。

一緒に実習しながらでも、または聴講のみでも、どちらでも参加できるスタイル。
使用する学習サンプルは、受講後でもダウンロードして何度でも練習いただけます。

『知識系講座』はふんだんに図解で解説する座学講座。
業界人として必須の教養や情報を学べます。
スライドや資料などを見ながら、じっくり学ぶスタイル。
提示されるスライドや資料は、受講後でもダウンロードして何度でも復習いただけます。


■ BAU-YAが招聘する実力派講師陣

クリエイティブ業界の最前線で活躍している、経験豊富なク... もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる
  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ■ 開場時間
    開演15分前から

    ■ 所要時間
    約1.5 - 2時間程度(途中参加、途中退出も可能です)

    ■ 講座の流れ(予定)
    1. オープニング(BAU-YAおよび講座について説明,登壇者紹介など 約5分)
    2. 講義(約35 - 50分)
    3. 休憩(約5分)
    4. 講義(約35 - 50分)
    5. 質疑応答(約5分)
    6. エンディング(約5分)
    ※ 講義時間や時間割は、変更する可能性があります。
    ※ 予定よりも早く終了、または長引く可能性があります。
  • こんな方を対象としています

    □ 受注契約について不安を感じている方
    □ 契約トラブルを未然に防ぐ方法を実践したい方
    □ 違約や不払いの被害を被った際の対処法を知りたい方
  • 受講料の説明

    参加費に、場所代や教材費などはすべて含まれています。
    参加費の他に、一切費用はかかりません。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ■ ご持参いただくもの
    
□ メモを取るための筆記用具やデバイスはご持参ください。
    


    ■ その他
    
□ 講義中の録音などの一切の収録行為を禁じています。

    
□ 講座内で配布する資料やファイルなどの一切の再配布を禁じています。
    □ お名刺をお持ちでしたら、講座終了後に、登壇者や主宰者とご交換ください。

レビュー

  • 7
  • 楽しかった!( 3 )
  • 勉強になった!( 5 )
  • 行く価値あり!( 4 )
  • W3

    女性 30代

    この講座は「フリーランス・クリエイター必須講座」でした

    トラブルにならないために、契約時や、取引先とのやりとりの中で、注意すべきことや実践すべきことを、学ぶことができました。具体的に分かりやすく、説明してくださり、大満足の講座でした。参加者の皆さんの過去のトラブル実例や対処策などもお聞きでき、とても勉強になりました。フリーランス・クリエイターの方には必須の講座です!

  • M2

    男性 40代

    この講座は「契約書の重要性と押さえるべきポイントの分かる講座」でした

    クリエイターだけでなく、仕事を依頼されて受託する全ての人が受けるべき講座。
    業務委託契約書の必要性、押さえるべきポイントを具体的に聞くことができ、トラブルを未然に防ぐ方法を学べます。

  • W1

    女性

    この講座は「わかりやすく、現実的な講座」でした

    コンプライアンスの姿勢が信頼につながる、という視点がとても参考になりました。
    法律独特の、馴染みのない言い回しをどう解釈し、伝えれば効力を発揮できるか(少なくともトラブルの予防につながるか)など、基本の部分から知る事ができました。
    正論でも、関係が壊れてしまうと思うと主張はしずらいものですが、そうした部分も含めて教えて下さったので、具体例の全てに現実味がありました。

  • M1

    その他 30代

    この講座は「違約・不払いに負けない クリエイターのための契約法務 防衛法」でした

    デザイナー、クリエイターの方、個人法人に関わらず、必聴です。
    今まで、色々と辛いことがありましたが(契約がらみ)、霧が晴れてスッキリしました。
    勇気をもらえます。

  • W2

    女性 40代

    この講座は「フリーランスのクリエイターは是非とも受けるべき講座!」でした

    いざトラブルになったときにできるだけ有利に事を運ぶために、あるいはトラブルを予防できるように、フリーランスのクリエイターが契約書を上手に運用する為の講座でした。
    クラアントから差し出された契約書の受諾者不利な項目を、如何にして有利に持っていくか、契約書を交わしたがらないクライアントに対してどうやって契約書を差し出すか、あるいは契約書を交わせない場合にどのように対応するか、机上の論理ではない、明日から役立つ内容です。全てのフリーランスは是非受けておくべき講座だと思います。

  • この主催団体の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?