摘みたて藍の生葉染めでシルクを染めてみよう!

藍の生葉染はこの時期のみの美しい草木染めです。清涼感のある美しさは他と比べようがありません。この機会に是非ご参加下さい!

  • 開催回数

    0
  • 受けた人

    0
  • 受けたい人

    7
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます

<生葉染めとは>
蓼藍(タデアイ)の生葉を揉み出して染液を作り、生地を染める染色方法で
藍染めの中でも葉を採取出来る夏の間短い期間限定の染め方です。

染液を作るところから体験できます。

*染液がはねる場合がございます。汚れても良い服装か着替えをご持参の上ご参加ださい。エプロンをお持ちでない方には貸出もございます。

この講座の先生

大澤 曜

大澤 曜

染色家

デザイン科で染織を学んだのをきっかけに染色を始める。
12年前より自宅の畑にて蓼藍を栽培。
現在は更紗染めの手法など用いて作品制作。
2009年より染の町中井で開催される「染の小道」にて、染色暖簾作品を毎年展示。
2014年 作品展"木蓮とこい"

Thumb b548c893 135a 4776 a23c 0ad5b3070048

この講座の主催団体

Galleryさくら

詳しいプロフィールを見る >

開催回数0

参加人数0

当日の流れとタイムスケジュール

<プログラム>
10:30~11:20
11:30~12:20
 休 憩
13:00~13:50
14:00~14:50

<定員>
各回三名程度
*プログラムは大体の目安となります。
個人差がございますが、1作品作るのに40~60分ほどかかります。
お時間余裕を持ってお越しください。

こんな方を対象としています

染色に興味がある。
藍の効能に興味がある。
自分の着物の半襟を藍で染めたい。
など、どんな切り口からでも楽しめる染色体験です。

受講料の説明

・参加費には染めるための染料費(生葉藍)、素材費(基本生地 半衿 絹100%)、施設代が含まれています。
・その他の生地に変更の場合、差額にて受け付け致します。
・生地持ち込みについては¥1500〜¥3000。(生地重量最大50gまで)
*基本絹のみですが、他素材に関しては事前にご連絡下さい。
*植物性の素材染まりにくい為、更に薄い発色になります。
*素材のお持ち込みは事前に下処理が必要な場合が有りますので、事前にご相談ください。

受講する際は以下をお読み下さい

汚れてもいいようなタオル、持ち帰り用のレジ袋、エプロンなどお持ち下さい。

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

主催団体に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:新宿・代々木

    受講料:¥ 3,500

この講座の関連ツイート

Galleryさくら さんの他の講座

Page Top