摘みたて藍の生葉でシルクを染め 本藍「すくも」で色挿ししよう!

生葉染はこの時期のみの美しい草木染めです。清涼感のある美しさは他と比べようがありません。今回は本藍すくもで色挿しもあり!

learn

こんなことを学びます

今年は藍の育ちもよく、特別に少しですが「すくも」を使った色挿しもできることになりました。

今年は生葉染の清々しい色に加え、深く味わいのある本藍「すくも」での色挿しをしてみましょう。

なかなか経験できるものではありません。

藍染の歴史は古く、中国後漢時代に(藍より出でて藍より青し)と記され、「出藍の誉」ということばが生まれています。
日本では奈良飛鳥時代の藍で染められた布が見つかっていることから生活の中に藍が身近であったことがわかります。

「すくも」から作る藍玉は何段階かの工程があり、時間も人手も、金銭的にもかかることから、庶民の藍染は生葉染だったのではないかと言われています。

草木染めの中でも藍は揉み出すことで自ら醗酵し、媒染を使わずそのものの色水が生まれて染めることのできる唯一無二の植物なのです。

<生葉染めとは>

蓼藍(タデアイ)の生葉を揉み出して染液を作り、生地を染める染色方法で
藍染めの中でも葉を採取出来る夏の間短い期間限定の染め方です。

染液を作るところから体験できます。

<本藍「すくも」とは>

藍の葉を乾燥し、発酵~熟成させて作る染料。
藍染の染め上がりの決め手となるもので、浴衣や一般的に藍染と呼ばれるものはこの工程を経た「藍玉」を使っています。

<「丸葉藍」とは>

蓼藍の原種、古来より生で染料として使用されてきた薬効のある本藍です。

染料としての藍にはいろいろ種類があります。
現在一般的に育てられている藍は掛け合わせでできた「長葉藍」と言う増産できるタイプが主です。
「丸葉藍」は原種で大量生産はできないものの、染料としての力は「長葉藍」とは比べもにならない力を持っています。

*染液がはねる場合がございます。汚れても良い服装か着替えをご持参の上ご参加ださい。エプロンをお持ちでない方には貸出もございます。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

新宿・代々木

価格(税込)

¥3,500

受けたい
40人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

大澤 曜のプロフィール写真
染色家
大澤 曜

デザイン科で染織を学んだのをきっかけに染色を始める。

2002年より自宅の畑にて蓼藍を栽培。

現在はデザインから型を起こし、型染、手差しなどの技法で作品制作しています。

2009年より染の町中井で開催される「染の小道」にて、染色暖簾作品を毎年展示。

同イベントで2014年から作品展を毎年開催。

この講座の主催団体
  • 14人
  • 8回
和の世界をカジュアルに楽しむ

和の世界を気軽に楽しみませんか?
毎週、毎月、色々なワークショップを開催しています。奮ってご参加ください。
単発のスペシャル講座もあります。

主催団体に質問する 教室ページをみる

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <プログラム>
    10:00~11:30
    14:00~16:30


    <定員>
    各回7〜10名程度
    *プログラムは大体の目安となります。
    個人差がございますが、1作品作るのに40~60分ほどかかります。
    お時間余裕を持ってお越しください。
  • こんな方を対象としています

    染色に興味がある。
    藍の効能に興味がある。
    自分の着物の半襟を藍で染めたい。
    など、どんな切り口からでも楽しめる染色体験です。
  • 受講料の説明

    ・参加費には染めるための染料費(生葉藍、すくも)、素材費(基本生地 半衿 絹100%)、色挿しにつかう道具貸し出し、施設代が含まれています。
    ・その他の生地に変更の場合、差額にて受け付け致します。
    ・プラスの素材が必要な時は別途生地の販売が可能です。
    ・生地持ち込みについては¥1500〜¥3000。(生地重量最大50gまで)
    *基本絹のみですが、他素材に関しては事前にご連絡下さい。
    *植物性の素材染まりにくい為、更に薄い発色になります。
    *素材のお持ち込みは事前に下処理が必要な場合が有りますので、事前にご相談ください。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    汚れてもいいようなタオル、持ち帰り用のレジ袋、エプロンなどお持ち下さい。

review

レビュー

  • 5

  • 楽しかった!( 5 )

  • 勉強になった!( 3 )

  • 行く価値あり!( 5 )

  • 女性 40代

    この講座は「童心に帰る講座」でした

    蓼藍の葉を摘み、チギリ、色を出して泡立つまでゴシゴシと、洗濯ネットをして濃い抹茶色になるまで、ワクワクして童心に帰ります。また、そこから染めると綺麗な水色!
    ワクワクし通しでした。
    また来年、参加したいです。

  • 女性 50代

    この講座は「おもいおもいに楽しく藍染ができる講座」でした

    とっても気さくで、一生懸命なお人柄の先生のもと、参加者皆さん、おもいおもいのデザインで、ステキな作品が出来上がりました。
    最初の説明がざっくりとした感じで、そのまま各々がイメージする作品に向かって作業していく、という流れで若干不安な気持ちでのスタートでした。
    やってみなはれ、的な(笑)
    作業途中での色々な質問に、きちんと対応してくださるので、やり始めてみたら不安よりもワクワク感が増して、とっても楽しかったです。
    自分の作品も大満足な仕上がりで、世界に一枚のステキなものが出来上がりました。
    また、参加してみたいです。

  • 女性 40代

    この講座は「本当の青を知る講座」でした

    あの緑の液体から、本当に染まるか不安になりましたが、本当のサムライブルーに染まりました。
    染まりにくい生地を選び、ちょっと大変でしたが綺麗に染める事が出来、とても満足してます。
    また、参加したいです。

  • 女性

    この講座は「出来上がりは予測不能の楽しさ」でした

    生葉染は毎回同じ色は出せないものらしく、色合いは不安定だということです。
    その上、染める布の種類、織り方、厚みなどでも染め具合や色合いは変わるようで、
    参加者それぞれ出来上がりはだいぶ異なりました。
    模様も付けられますが、どうなるかは出来上がらないとわからない、
    同じ人がやっても同じようにならないという楽しみがあります。また機会があれば色々染めてみたくなりました。

  • 女性 40代

    この講座は「楽しい発見が満載の講座」でした

    生の藍の葉はサラダ用のほうれん草のような見た目で、水に葉の色水を作り出しても緑色で藍とは違うのに、空気に触れるにつれて色合いが緑から蒼になっていく様がとても不思議で楽しかったです。すくもは生とは全く異なった色合いで、染めの違いも楽しめました。模様は自分でもどうなるかわからないワクワク感があって、とても楽しい時間でした。また是非、やってみたいです。ありがとうございました。

  • more

    この主催団体の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています