2回コース 発達障害の子どもの支援者を育成する!子ども発達インストラクター講座

発達障害(神経発達症)の特徴をもつお子様の理解、困りごとの対応、二次障害の予防などを学びます。保護者、教育関係者、支援者向け

こんなことを学びます

https://youtu.be/4fQnpKOYjlA

こどもの発達障害(神経発達症)や成長の凸凹について正しく理解し、日常の困りごとへの対応、学校でのトラブル、子どもが抱える困難、家庭で出来る支援、2次障害の予防について、総合的に学べる講座です。
「子ども発達インストラクター」の認定資格が取得できます。

広汎性発達障害、自閉スペクトラム症(ASD)、注意欠如・多動症(ADHD)、SLD、グレーゾーンなど


●~●*こんな方におすすめ*●~●

* 発達障害(神経発達症)の特徴をしっかりと学びたい方
* 日常の困りごと(パニックや集団生活など)への対応を学びたい方
* 発達障害児ならではのコミュニケーションの取り方が知りたい方
* 子どもが自分から動く声掛けの仕方が知りたい方
* 子どもの良いところを伸ばす子育てがしたい方
* 将来に目を向けた子どもの自立支援方法を学びたい方
* 発達障害(神経発達症)に関係するカウンセリングができるようになりたい方


●~●*おすすめポイント*●~●

オリジナルのテキストを使用してお伝えするのはもちろん、
あなたが本当に知りたいことを、先生に直接して頂けます!


●~●*発達に特徴をもつ子供たち*●~●

最近では「発達障害」という言葉をよく耳にするようになりました。

何かしらの特徴的な凸凹をもった子どもは、小児期で 8~11%いると言われています。小学校では 1 クラスに 1~4 人いることになります。
男女比では 4~6:1 と圧倒的に男子が多いことも分かっており、とても身近なことなのです。

「発達障害」といっても、
 ・自閉スペクトラム症(ASD)
 ・注意欠如・多動症(ADHD)
 ・限局的学習症(SLD)
 ・アスペルガー症候群
など様々で、特徴も人によって異なります。

そしてそれらを単独に持っているとは限らず、いくつかの特徴を持ち合わせている場合もありますし、診断がつかずグレーゾーンと言われている子もたくさんいます。


●~●*原因は脳の神経系の発達の不具合*●~●

少しずつ世の中の理解が進んでいるとはいえ、 発達障害の特性を「自分勝手」「わがまま」「周りを困らせる子」など思われ、 「怠けている」「親の育て方が悪い」などと批判されることも少なくありません。

周囲からの批判によって、本人も保護者も、自己肯定感をそがれてしまいます。

2013年5月に、米国精神医学会の診断基準 DCM(精神障害の診断と統計の手引き)が、19 年ぶりに改訂され、DCM-5 が発表されました。
それに伴い日本精神神経学会では「神経発達症群」と訳することを提案しました。

つまり、子どもが怠けているわけでも、親の育て方が悪いのでもなく、“脳の神経系の発達の不具合”が想定されるということが明らかになってきたのです。

子ども達はみな成長の途中であり、変わっていきます。
そもそもどこからが神経発達症なのか、健常児との境界はありませんし、一度診断名が付いた子どもでも、成長と共に、そして周りの人達の関わり方により、まったく違う状態になることが出来るのです。

それでも、日々の生活の中で、子ども達のさまざまな特徴が周りを困らせたり、本人が混乱しパニックを起こしてしまうことがあります。

それによって周りからは「困った子」とレッテルを貼られてしまうわけですが、
困った子どもは、困っている子どもなのです。


●~●*発達障害は素晴らしい「ギフト」*●~●

さまざまな特徴を持っている子ども達は、才能に溢れ、私達の思考を柔軟にし、私達の生活を豊かにしてくれる創造性をもつ、まさに“天才児”なのです。

子どもたちがのびのび健やかに成長できる世の中になるように、”子ども発達インストラクター”は今まさに、求められています。


●~●*子ども発達インストラクターにできること*●~●

『子ども発達インストラクター講座』は、よくあるペアレント・トレーニングとは一線を画した講座です。

神経発達症の特徴をもつお子様への対応だけでなく、保護者や、教育関係者、支援者など、 子供の成長発達に関わる周りの大人達のサポートが出来るようになります。

【講座で身につくスキル】
◎ 全般的な“子供の成長”についての基本的な理解
◎ 症状や凸凹の特徴、薬物治療の知識と意味、治療の最前線
◎ トラブルの起きやすい学校生活や友人関係、社会生活での「本人の困り感」に対する対応方法
◎ 陥りやすい二次障害とその予防


●~●*受講された方の感想*●~●

困った行動(と思われている)を持つ子供たちや、そのお母様たちに自分から何を伝えられるかをいつも考えています。今回の講座で、もっともっと伝えたいことが増えました。
言葉によって人の心がどんな色にも染められる体験もし、自分にも、家族にも、そして周りの人たちにも、もっと言葉を選び使っていきたいと思いました。2日間、とても楽しく、充実した時間をありがとうございました。

・・*・・*・・

講座2日間ありがとうございました。たくさんの体験談&実例があり、楽しく、かつ非常に学びになる時間でした。
あらためて、二次障害を防ぐことの大切さを感じました。
「知る」ことが困っている子たちの助けになると思うので、伝えていきたいです。

・・*・・*・・

発達障害(神経発達症)とは何か、具体的にどんな言葉がけ、対応をしたらよいかを具体的に学べました。
そして支援する大人が、「困った子は困っている子」なんだという心持ちでいることが大切だと教えていただき、どんなレッテルも関係なく、目の前の人として向き合うことの大切さを感じました。

・・*・・*・・

講座を受講するまで、ネットや本で調べたりしていたのですが、いまいち我が子には当てはまらなかったり通用しなかっりで困っていました。
講座では実際に我が子で困っていることをしっかり聞いて頂き、毎日できる対応方法を教えてもらえてうれしかったです。
また「発達障害」の正しい知識が知れたのも、ネットや本とは違い、なるほどと思えました。

・・*・・*・・

クラスでは先生の指示が聞けないことが多く、学校の先生から注意をされるのですが改善せず困っていました。
三浦先生は小学校のことも良く分かっており、学校の先生へのお願いの仕方や、子どもへの具体的な伝え方を教えてもらうことができて、本当に受講してよかったです。ありがとうございました。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中 2回コース

3月21日(土) - 3月22日(日)

10:00 - 15:00

東京 / 四ツ谷・飯田橋

開催日程

第1回 3月21日(土) 10:00 - 15:00

第2回 3月22日(日) 10:00 - 15:00

予約締切日時

3月17日(火) 23:00 まで

参加人数

0/10人

開催場所

JR中央総武線 市ヶ谷駅 徒歩5分
日本メンタルコーチング学院 東京都千代田区九段南4-7-22 メゾン・ド・シャルー403

価格(税込)

¥40,700

  • 受付中 2回コース

    3月21日(土) - 3月22日(日)

    10:00 - 15:00

    東京 /四ツ谷・飯田橋

    選択中 選択
  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
12人が受けたい登録しています

開催日程

3月21日(土) - 3月22日(日)

第1回 3月21日(土) 10:00 - 15:00

第2回 3月22日(日) 10:00 - 15:00

¥40,700
参加人数 0/10人
場所 JR中央総武線 市ヶ谷駅 徒歩5分

この講座の先生

家族関係専門カウンセラー、カウンセラー養成学校長

《東京・市ヶ谷》日本メンタルコーチング学院長、家族関係専門家(心理カウンセラー・メンタルコーチ)の三浦くみ子です。
「楽しい講座、どんどん質問できる講座」をモットーにしています。

【自分に自信をもって、毎日を楽しく生きる方法】を日本中に広めたいと思い、カウンセラー養成をやりながら、

親となったばかりの方から、思春期にどう向き合ったらいいのかヒントがほしい方まで、どんな年齢の子育てにも 簡単に使える『ほめられる子に育てる方法』を、ワイワイ楽しみながら学べる『親力講座』や、

心がラクになる心理学やテクニックを一気に学べる『セルフアップ・カウンセラー講座』など、いろいろな心理講座を行っています!

心理カウンセラーとしての20年以上の実績と、豊富な経験に裏付けされた心理療法で、
【知識】と【技術】の両面から「心の状態を整え、人生の質を高める」Howtoをあなたにお伝えします。

*テレビ、ラジオでも活躍中*
テレビ実績:日本テレビ「有吉ゼミ」、BSジャパン「家族のSOS!みんなのお悩み相談所」他
ラジオ番組:ゆめのたね放送局「三浦くみ子のホッとるーむ」 + 続きを読む

カリキュラム

  • 第1回 子どもの本当の姿を見つけよう!

    【内容】
    ・子どもの成長発達の特徴
    ・責められた!と思った時のSOSの出し方(3つの防衛反応)
    ・発達障害ってなに?
    ・子どもの凸凹の特徴を知ろう(チェックシート)
    ・発達障害の理解と特徴(ASD、ADHD、SLD他)
    ・他者からの「注目」で良い行動を増やそう!
    ・困った行動への具体的なアプローチの仕方
    ・集団行動(学校)における指導者側の留意点
    ・ギフトチャイルド(発達障害児)の特徴別、伸ばし方
    ・あまり知られていない「認知のクセ・歪み」による困り感

  • 第2回 適切な環境の大切さと、最先端のアプローチを知ろう!

    【内容】
    ・子どもが抱える困難について「二次的な問題や二次障害」
    ・二次的な問題や二次障害が起きる背景
    ・それぞれの凸凹における二次障害の危険性
    ・それぞれの子どもの長所を知り、特性を生かしたサポートをしよう
    ・もう一つの違いをもつ人たち「HSC」
     5人に1人が敏感な世界に生きるHigh Sensitive Child
    ・パニックへの効果的な対処法「パニック障害とはどんな状態?」「パニックが起こる原因」「効果的な対処法」
    ・最先端の効果的なアプローチ
    ・原始反射の統合というアプローチ
    ・コヒーレンス・トレーニング「コヒーレンス法の効果とやり方」
    ・ポジティブ・リフレーミングで自己肯定感を上げよう

  • こんな方を対象としています

    *発達障害のお子様がいらっしゃる親御様
    *発達障害の疑い、またはグレーゾーンのお子様がいらっしゃる親御様
    *子どもと関わるご職業の方(教育関係者、先生、支援者など)
    *カウンセラー・コーチ

    ※心理関係の勉強が初めての方でも大丈夫です!
  • 受講料の説明

    「受講料」には、2日分の授業料、テキスト代、資格認定料が含まれます。

    ☆教室にはお飲み物、お菓子のご用意もあります☆
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    集中して学んで頂く為に、お子様連れでのご参加はご遠慮ください。
    駐車場はありません。公共の交通機関をご利用ください。
※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

この先生の他の講座

関連講座

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?