お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

ヒガンバナ【彼岸花】・鮮やかな赤色を撮る!

対面

秋の彼岸の頃、鮮烈な赤色で秋を告げるヒガンバナ(彼岸花)・・そのインパクトを写真で表現しましょう!

こんなことを学びます

◆◇◆◇《 新型コロナウイルス対策のお知らせと、ご協力のお願い 》◆◇◆◇
①野外の風通しの良い場所で、講座を開催しています。<公園・植物園など>
②講座の定員を3名と少なくし、1m以上の間隔で撮影してもらいます。
③講座開始前に、アルコールによって手を消毒します。<アルコールをご用意します>
④受講の際には、講師・生徒ともに、マスクを着用します。ご用意ください。
⑤体調不良・風邪症状のある方は、早めに受講をキャンセル願います。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉どおり、秋の彼岸になれば、夏は遠のき秋の気配が漂います。そんな中で、鮮烈に初秋を告げるのがヒガンバナ(彼岸花)の赤色です。中国から古い時代に渡来して、秋の彼岸の頃に咲き乱れる様子は、すでに風物詩として親しまれています。
この講座では、ヒガンバナ(彼岸花)の花の鮮烈なインパクトを、写真で表現してみます。色の対比や明暗差、レンズのボケ効果などを使って、“強い個性の伝わる写真”に仕上げます。

(当日の開花状況により、ヒガンバナ以外の花を撮る場合があります。) 

<教える内容>
●その日の撮影に合わせたカメラの基本設定を確認します。
(撮影モード・ISO感度・ホワイトバランスなどの設定)
●撮影ポイントごとに、ヒガンバナの魅力的な撮り方を説明します。
●参加者に撮影していただきます。
(撮影中に絵作りと撮り方のアドバイスをします。)

<使用カメラ・レンズ、三脚不使用について>
◆レンズ交換式一眼レフ・ミラーレスカメラと、標準ズームレンズ(高倍率ズームレンズ)、または望遠ズームレンズのある方。
◆標準ズームレンズのほかに望遠ズームレンズをお持ちの方は、できるだけご持参ください。
◆通行の妨げにならないよう、三脚を使わず、手持ち撮影で撮ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆参加にあたってお願いとご確認☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<お願い>
開催日程からお申し込みの際には、参加申し込みコメント欄に「当日ご使用予定のカメラ・レンズの機種名」と、「当日の連絡先(携帯番号)」をご記入ください。
そのほか、写真についてのご質問などありましたら、ご記入ください。
<集合場所の確認>
お申し込み後、開催2日前までに、詳しい集合場所をお知らせします。本講座のグループメッセージをご覧ください。
<雨天の場合>
本講座は雨天中止です。やむを得ず中止の場合は、前日23時までにグループメッセージでお知らせします。
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

池袋・巣鴨

価格(税込)

¥4,500

受けたい
29人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥4,500
場所 池袋・巣鴨

この講座の先生

撮影を楽しみながら、写真が上手くなります♪ 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇【 お知らせ 】◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2019年4月で、延べ受講人数が1,000人を超えました。
これも、受講者の皆様のご支援・リピートがあってのことです。これからも、充実した講座となるよう、精進しますので、よろしくお願いいたします。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

フィルム時代には、山岳写真や風景写真で活躍。
雑誌『山と溪谷』フォトコンテスト年間努力賞、雑誌『風景写真』フォトコンテスト当月最優秀賞、富士フィルム・ネイチャーフォトコンテスト入選(3回)など、受賞。
隔月刊『フォトテクニック』(玄光社)の依頼により、多くのムック本へ作例を掲載。

四季の花をテーマに撮り続けて、花写真教室で指導を続けています。フルール花写真教室⇒ http://cfphoto.exblog.jp/

近年、花撮影のほか、レンズの使いこなし術をテーマに、いろいろな新講座を企画しています。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <午前中に開催>
    10:00 撮影地の入口などに集合。 
    10:00~10:15 カメラの設定を確認、当日の撮影での注意点を説明します。
    10:15~11:30 複数の撮影ポイントで、ヒガンバナを中心に撮り方を説明します。参加者に撮影してもらいます(アドバイスあり)。

    <午後に開催>
    13:30 撮影地の入口などに集合。 
    13:30~13:45 カメラの設定を確認、当日の撮影での注意点を説明します。
    13:45~15:00 複数の撮影ポイントで、ヒガンバナを中心に撮り方を説明します。参加者に撮影してもらいます(アドバイスあり)。
    • こんな方を対象としています

      ◆季節の草花がお好きで、撮り方の基本を学んで見たい方。
      ◆ヒガンバナを通して、季節を楽しむと同時に花の写真を撮って見たい方。
      ◆自己満足でなく、他の人からも綺麗と言ってもらえる草花の写真を撮りたい方。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      ●カメラの電池はフル充電してくるか、あれば予備電池をご持参ください。
      ●カメラの取扱い説明書がありましたら、ご持参ください。
      ●撮影地で移動しながら撮影しますので、歩きやすい身支度でご参加ください。
      ●気温が高い場合は、熱中症予防に帽子やお飲み物をご用意ください。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー10

    • 楽しかった!( 7 )
    • 勉強になった!( 8 )
    • 行く価値あり!( 9 )
  • M3

    男性 60代

    この講座は「ヒガンバナ【彼岸花】・鮮やかな赤色を撮る!」でした

    本講座は「彼岸花(曼殊沙華)」の撮影実修講座でした。
    これまでIguchi先生の花講座は何度か参加するも彼岸花は初めてでした。
    鮮やかな赤色の彼岸花の中にまれに白い彼岸花もあり、とてもたのしい撮影会でした。
    構図と光を読み取って撮影することの大事さを教えて頂きました。

  • W3

    女性 50代

    この講座は「雨の彼岸花を撮る」でした

    毎年彼岸花の講座に応募すると台風で中止になります、今回は道を少しそれてくれて、雨は降っていましたが講座は開催してくださいました。小石川植物園の手をつけていない自然のままの彼岸花を撮ることが出来ました
    いつもながら構図や写真にする花の選び方など教えていただけて
    とても勉強になります
    雨でぬかるんでいましたが
    雨に濡れたしっとりとした彼岸花が取れました
    また晴れの日に行ってみたいです。

  • W1

    女性 40代

    この講座は「撮影毎にカメラの設定を教えて頂ける、ビギナーにも優しい講座」でした

    あいにくの雨の中の講座でしたが、雨ならではのステキな撮影ポイントを教えて頂き、充実した時間を過ごす事ができました。
    まだまだビギナーの自分にとって、撮影毎にカメラの設定ポイントを教えて頂けたのがとても良かったです。
    予定していた午後の講座は雨のため中止になりましたが、また日を改めて参加したいと思います。

  • W3

    女性 30代

    この講座は「イメージに合わせてカメラ設定を学べる」でした

    事前に準備をして下さり、カメラの設定、アングル等を解りやすく説明してくださるので大変勉強になりました。

  • M3

    男性 80代

    この講座は「ヒガンバナ・初秋の赤色を撮る!【小石川植物園】」でした

    いつも丁寧なるサポート頂き有難う御座います。
    今日はカメラの位置高さの違いによる絵創りの良さに対して実践で学習出来ました。
    又、彼岸花の様に群生した状態の切り取り(撮り)方で画面の中の主役をハッキリ
    させることができる、ことを学習した。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?