勝負プレゼンの理論と実践(デリバリー編):決定的な差が出る伝え方

「自分の企画を提案する」、「ビジネスの協力者を獲得する」、「選抜される、昇進する」など、ここ一番の機会をものにするための基礎力講座

こんなことを学びます

<こんなことが出来るようになります>
重要な局面に直面すると、多くの方々が内容を練り上げることに集中する余り、デリバリーをおろそかにしがちです。デリバリーとは、どう表現し、どう伝えるかという、製品で言えばマーケティングに相当する活動です。あなたが作ったコンテンツをどうプロデュースして、目標を達成するか、その作戦を立てて、実行するための基礎を習得できます。

<こんな風に教えます>
本講座は、ご自身のテーマとプレゼン資料を使って理論の習得と実践を行う、標準2.5時間の集中講座です。人数は最大3名を想定しており、講師を含む参加者間で、守秘を確認した上で、講義と実演を行います。
自前のプレゼン資料の準備を避けたい方は、こちらで実演用のプレゼン資料を用意します。

基本的な講座は、理論の確認、実演(10分程度のプレゼン)、討議と助言、改善の流れになります。ビデオで参加者の実演を撮ります。

グローバルなコンサルティングファームにおいて、プレゼン能力の高さを認められ、コースの開発と講師を務めたプロフェッショナルが、少人数のプライベートレッスンを行います。
この機会に一生涯使うことができ、様々な局面で価値を生み出す基礎スキルを、この講座で身に付けてください。

以下は、講義内容の補足説明です。受講に関心を持って頂けましたら、参考にしてください。

【補足1】なぜデリバリーなのか
 日本では「内容が良ければ認められる。小細工は不要」という考え方が潔いとされがちで、デリバリーは軽視される傾向があります。しかし、「品質が良ければ売れる」と唱えるだけで良いのでしょうか。
 自然体(=無策)のままプレゼンに臨み、結果が出なくとも「やり切った」という達成感を得ることはできます。しかし、無念さを和らげることはできません。努力を積み重ねた以上、何が何でも結果を出し、自分の道を切り拓くために、最後の詰めまで気を抜くべきではないのです。

【補足2】プレゼンはスポーツに通じる
 マーケティングに理論(セオリー)があるのと同様に、デリバリーにも理論があります。まずは、それを知っているかどうかで聞き手を惹きつける力が変わります。
 但し、あらゆるスポーツと同様、理論を頭で理解すれば、身体が理論通りに動く訳ではありません。頭と身体を何度も動かすことが必要です。この時、プロの客観的なアドバイスが最も効力を発揮します。プロの一言や模範演技が壁を超える後押しになるのです。

【補足3】なぜ自前のテーマが良いのか
 本講座のポイントは、自分で選んだテーマを使って実演することが可能な点です。自分自身のテーマでプレゼンをすることには、ふたつの利点があります。
 通常、座学形式で講師が取り上げる事例は、生徒さんに理解し易いように作ります。そのため、その場では理解できたと思っても、講義後、自分のテーマに適用できずに終わってしまった経験が誰しもあるものです。こういった事態を避けられることが、自分自身のテーマを使う利点のひとつめです。
 利点のふたつめは、仕事で本番に臨む前に、プロと共に事前練習と改善をできることです。プロのスポーツ選手が練習をせずに試合に臨むことはありません。「練習で出来ないことは、試合でもできない」が真実なのです。実演を行い、ビデオと複数の目で評価し、経験を重ねることで、本番に強くなるのです。

【補足4】プレゼン資料と守秘義務について
 予め10分間程度で話ができるプレゼン資料を用意して頂くことが受講の前提です。デリバリーを学ぶことが主目的ですので、プレゼン資料の完成度を気にする必要はありません。むしろ、改善点が見つかれば儲けものと気軽に考えてください。それが無理な場合は、こちらで練習用のプレゼン資料を用意します。
 また、自前のテーマでデリバリーを学びたいので、資料を作成するところから始めたいという方は、当方が提供する「コンテンツ編」を先に受講してプレゼン資料を作って頂くか、ストアカで他の先生の講座を受講して頂くことをお勧めします。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

銀座・大手町

価格(税込)

¥5,000

受けたい
0人が受けたい登録しています

この講座の先生

トップコンサルタントがノウハウを惜しみなく伝えます

大手コンサルファームで、若手の育成に携わっていました。私たちの世代が会得したノウハウをジャンプ台にして、若手が高く羽ばたく姿を見るのは、ワクワクする体験でした。今度は、ストアカで皆さんに伝えます。
“自分性能@ビジネス” を高めて、ビジネスとプライベートで余裕を獲得してください。

【経歴】
筑波大学修士課程、日系企業を経て、外資系コンサル業界で30年間働き、2017年末退職。2018年、セカンドライフ(JPスタイル研究所)を開始。
デロイト トーマツコンサルティング在職時は、コンシューマーインダストリーグループのリーダー(AP、日本)として、国内外の食料品、各種消費財、モール、住宅関連の企業にサービスを提供。マーケティング戦略とサプライチェーン改革に関わる戦略、組織、業務のコンサルティングが専門領域。
デロイト トーマツグループ全体の役員(ブランド・コミュニケーション、イノベーション担当)を数年間兼務。グループブランドとWEBの刷新、デジタルマーケの導入をリード。
デロイト ユニバーシティ アジア(シンガポール)や国内拠点にて講師を務め、若手を育成。著書多数。 + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    150分~180分

    <当日のレッスンの流れ>
    1.講義
    2.演習
      ・受講者が10分間のプレゼン実施
       *ビデオを撮り、受講後、データを差し上げます
      ・他の受講者による講評と講師による助言
      ・受講者各自による準備(改善)
      ・2回目のプレゼン実施
    3.講師による助言とまとめ
  • こんな方を対象としています

    ・「自分の企画を提案する」、「ビジネスの協力者を獲得する」、「選抜される、昇進する」など、重要なプレゼンを控えている方
    ・グローバルに通じるプレゼン力を今のうちに身に付けたい方
    ・プレゼンに自信はあるが、さらにレベルアップしたい方
    プレゼンに自信がない方や初心者も歓迎します。これだけ頑張れば大丈夫というコツを教えます。
  • 受講料の説明

    テキスト、ビデオデータ(当日、自分のプレゼンを撮影したもの)
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    少人数とは言え、自分自身のリアルなテーマを他の受講者の前で話すことに不安を感じる方もいらっしゃると思います。そのため、プレゼン資料では社名や商品名など、仮名を使って頂きます。受講者は名前のみ開示します。念のため、当日、守秘を確認する書面にサインを頂きます。

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています