起業・副業で失敗しない!VCが喜ぶ事業企画書の作り方教えます講座

その事業アイデアちゃんと伝わっていますか?あなたが実現したいアイデアをわかりやすくVCや投資家に伝えるプレゼン資料・企画書作成の秘密教えます

こんなことを学びます

 大手広告代理店出身の講師が、自身のコンサルティング会社を創業後、9年間経営し、そこで学んだVCや投資家に伝わる企画書の書き方を発見。

 これを実践的かつ解決の創造についての形式であるデザイン思考を使ってシンプルに体系化。

 小学生にも理解できる事業企画書を書こう!というコンセプトのもとにベンチャー起業や個人事業主に個別に教えているコンサルティング内容の一部を講座化しました。

 講師自身の起業経験とコンサル実績、そしてデザイン思考の方法論を適用した他に例を見ない唯一の企画書作成講座です。

 人生初の起業や副業を成功させたいすべての方に、お届けしたいと思います。


 起業のアイデアを形にするための「不明点」「不安」を解消する
「起業に失敗する人の思考パターン」を、分析した結果、
 相手に伝わる企画書には「ある秘密」があることがわかりました。 

 私自身の体験やコンサルティングの事例紹介もレクチャーでお伝えします。

 講座終了後は、希望者の方に個別相談会を開催します。


【姉妹講座の「【転職】プロが教えるロジカル面接対策講座120分(マンツーマン)」の感想】
こちらよりご覧ください→https://www.street-academy.com/myclass/6176


<こんなことを学びます>


◎起業=自分の「やりたい」を仕事で実現するために最初に必要な事は何か?

それは、
あなたのアイデアを、誰にでもわかりやすく伝わる企画書にすることです。


あなたの起業アイデアは、ユーザーから見て「このサービスが是が非でも欲しい!」というアイデアになっていますか?

また、
あなたの、起業の「準備」は、何割くらい?100%完璧ですか?
明日からその仕事で生きていくことに自信がありますか?


もし、起業のアイデアが上手に形になったら、次に考えなくてはならないことは

売り込むこと=マーケティング活動です。

マーケティングのプロは、広告代理店にたくさん居ます。
その広告代理店を経験して起業した人もたくさん居ます。
検索して調べてもある程度のノウハウは落ちています。

マーケティングは、モノやサービスを買ってほしい人に売り込むためにあらゆる戦略と活動の支援を行う市場開拓の手法です。

起業したら、絶対にマーケティングのノウハウは必要です。

あなたが大切にしている起業のアイデアを形にして、それをユーザーがお金を出して買ってれるようにするためには、

自分の考えたサービスをあらゆる面から調査・分析し、競合との差別化を明確化し、効果的なマーケティングスキルを持って、できる限り最短距離でわかりやすくかつ魅力的に相手に伝えることが欠かせません。


あなたには、

・自分が起業して実現したいアイデアを魅力的な形にする

・自分の起業して売り込みたいアイデアを効果的に伝える企画書にする

スキルがありますか?またそのスキルに自信がありますか?


*デザイン思考とは?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

デザイン思考(でざいんしこう、英: Design thinking)とは、デザイナーがデザインを行う過程で用いる特有の認知的活動を指す言葉。
デザイン思考のビジネスへの応用はファステのスタンフォードでの同僚であるデビッド・ケリーによって開始された。ケリーは1991年にIDEOを創立した人物である。


◎一億総「働き方改革」=大起業時代の到来


働き方改革の浸透がここ数年劇的に進んでおり、かつ複雑化しています。

リモートワークの多様化や、インターネットを活用したビジネスの多様化、そしてそのマーケットのグローバル化も進化が著しいです。

もしあなたが少なくとも、インターネットの活用に抵抗がなければ、ネットを介してで直接ユーザーに商品やサービスを届けることができますし、また、多言語化すれば世界中のユーザーに、それらを必要としているものを提供することが可能です。

在庫や借金を抱えることもなく、家族に迷惑をかけることもなく、
あなたが実現したい仕事のアイデアを今すぐ形にすることで、
一人でも多くの人が新しい働き方=マイ・働き方改革を実現して頂きたいと願います。

私自身、2007年に起業を実行し、その成功を失敗を経験してきました。

あれから10年以上が経過し、時代は大きく変わりました。
あのトヨタでさえも、社員が60才まで会社で働けることにコミットしないという宣言をしました。
あのマイクロソフトは、週休三日の働き方をテストすることを決めました。

今、日本の大企業は正社員を抱えきれない時代になりました。

起業を考えているあなたにとって、この絶好の機会を活かさない手はありません。

起業は人生において重要ですので、一切の妥協なく、そしてあらゆる手を尽くして努力すべきだと私は考えています。

私自身も起業経験者としてあなたの起業準備活動を心から応援したいし、知る限りのすべての情報とスキルを伝授したいと考えています。


◎起業における準備=アイデアを形にする→事業計画の基礎を作り上げる


あなたはこれまで、こんなことに悩んでいませんか?


「起業なんて、危険だ。リスクが大きすぎる」

「このサービスを必要としている人なんているのだろうか?」

「アイデアを形にしたいけど、一人ではどうしようもない」


そのご経験や自覚、とてもよくわかります。

なぜなら、私もそれらのことを経験してきたからです。



そんな、私が、起業を通じ、今や10000人を超える受講生を排出する「教える」プロフェッショナルになるまで、欠かさず意識し、そして実践してきたのがアイデアを形にしてビジネス化するためのノウハウです。

本講座は、
特に、起業するかどうか悩んでいる人の「アイデア」を形にすることが失敗に終わらない為に、

必須のアイディエーション手法からマーケティング戦略まで、失敗しないポイントを集中的に学ぶ講座です。

起業家が教えるアイディエーションの基礎力を活用し、誰でも即実践できる面接スキルとして提供します。

120分、という時間ですが、
アイデアを形にするポイントを洗い出し、起業のきっかけとなる時間となれば幸いです。


起業のアイディエーションの基本を「ライブ」で学ぶことで、


(1) 頭の中にあるアイデアを、頭の外に出して形にするコツ

(2) あなたアイデアがどれほどのインパクトがあるかを知る

⑶ 改めて自分が目指したいこと、これまでやってきたことを整理する


を、体感的にシュミレーションすることができます。


<こんな風に教えます>

レクチャーと簡単なワークを組み合わせた構成です。

講師の一方的な説明にならずに参加者の皆さんとワークを交える形式で、
リラックスして楽しく学んで頂きます。


<持ち物>
筆記用具、ノートをご持参下さい。
PCもご自由に。

<事後フォローについて>
希望者の方には、事後フォローを実施します。
*詳細は、当日お聞きください。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

品川・大井町

価格(税込)

¥5,000

受けたい
1人が受けたい登録しています

この講座の先生

AI時代を勝ち抜くビジネススキルアップ講座開講中!

ビジネススキルアップコンサルタント

早稲田大学商学部卒業後、教育会社を経て博報堂DYグループのメディアプランナーとして従事。電通の関連会社創業後、コンサルタントとして独立。企業研修講師として述べ10000人にロジカルシンキングやプレゼンテーション等を講義。ADK社、アドテク開発会社執行役員を兼任。

20年以上教育・人材開発事業に従事し、現在はグローバル人材として直接肌でマーケットの成長を感じながら事業と社会に貢献するために、企業や個人の成長にコミットしスキルアップをもたらす。

貢献度が高い分野は、広告・マーケティング、プロフェッショナル人材開発、起業家支援。

教育者の端くれとして、自分自身が一生涯学びを止めることなく与えられる分野でのティーチングとコーチングを生きがいとしている。

趣味は、海外旅行、ヨガ
中学高校英語科一種教員免許保有。TOEIC850点
IDEO U認定デザインシンキング資格
全米アライアンス認定ヨガティーチャー(RYT200)


+ 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    アイデアを形にするために必須の基礎力を全てレクチャーします。

    <スケジュール>

    1.自己紹介、起業の目的の確認

    2.アイディエーション(アイデア出し)のコツ

    3.アイディエーションのワークをやってみよう

    4.まとめ・質疑応答


    *合計120分程度を目安としてお考えください。


    お時間ある方は、できる限り個別の質問にお答えします。
  • こんな方を対象としています

    起業したいと思っており、基本的なアイデアはあるけど形にできない人
  • 受講料の説明

    受講料には、レッスン代、場所代が含まれます。
    交通費は含みません。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    服装自由
    欠席の場合は事前にご連絡ください

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?