デザイナーでもさわればわかる Git & GitHub きほん入門

人気入門書でお馴染み、たにぐちまこと氏が解説する、デザイナーでもはじめられるGitのハンズオン講座。GitHubのデモもあり。

こんなことを学びます

ソースデータなどの編集履歴を記録するバージョン管理システム、Git。
ウェブ業界でもGitは「エンジニアが使うもの」と思われがちですが、それは大きな誤解です。

HTMLやCSS、SVGなどのソースコードを大量に編集するときこそ、Gitを利用すればソースの紛失や先祖返り、行き違いなどを未然に防ぐことができます。
そして、バックアップも叶い、ソースコード管理のリスク回避、作業的・心理的負担の軽減などを簡単に実現できます。
単独でもチームにおいても、Gitがプロジェクトにもたらす恩恵は大きく、今日のウェブ制作や開発の現場では欠かせないものとなっています。

Git < https://git-scm.com >
ウィキペディア - Git < https://ja.wikipedia.org/wiki/Git >

しかし、いざ使い出そうとすると、そこには見たことも聞いたことない専門用語や独特な仕組みが、デザイナーやディレクターの入門を阻みます。

この講座では、数々の人気入門書の執筆でお馴染みの、たにぐちまこと氏を招き、Gitの解説していただきます。

Gitをハイブリッド・ハンズオン(座学での参加も可能)で実体験を通して学習。
さらに、最も人気のあるGitのホスティングサービス「GitHub」をデモンストレーションで紹介します。

GutHub < https://github.com >
ウィキペディア - GitHub < https://ja.wikipedia.org/wiki/GitHub >

ノンエンジニアリングなクリエイターや、なんとなく使っているという方々にとって最適な、コマンドラインを使わず基本から学べる、やさしくコンプリートなGitの基本講座です。

※ この講座は、2019年7月3日に開催された
「デザイナーでもちゃんとよくわかる GitHub はじめのきほん」を改訂し、Gitの解説部をハンズオン化しました。

また、GitHubの解説部をデモンストレーションで紹介します。


● この講座で学べること
○ Gitの基本と基本操作
○ GitHubの基本
○ チーム開発でのブランチ管理など
○ GitHubでのプロジェクト管理

●この講座で得られること
○ Gitを利用したプロジェクトに参加できる
○ プロジェクト管理が煩雑な環境で気軽に導入できる
※ 学習教材や資料がある場合は、お持ち帰りいただけます。

※ 講座内で利用するデモなどのサンプルファイルがある場合は、ダウンロード可能です。
※ 各種受講証明書への署名・発行に対応します。

●この講座の特徴
○ ハンズオン講座ながら、手ぶらの座学受講も可能なハイブリッド・ハンズオン形式です。
○ 実践的な知識や方法を、要点をまとめて、わかりやすく解説します。
○ 操作の解説は、デモンストレーションで実演して解説します。
○ 講義後に、質疑応答の時間を設けます。

● 協賛企業・ブランド
ともすた合同会社 < https://company.tomosta.jp >
H2O space < https://h2o-space.com >

#bauya26
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

銀座・大手町

価格(税込)

¥3,800

受けたい
44人が受けたい登録しています

この講座の先生

たにぐち まことのプロフィール写真
株式会社エイチツーオー・スペース 代表取締役 

たにぐち まこと

ともすた合同会社 代表 
株式会社エイチツーオー・スペース 代表取締役 

小学生からプログラミングに親しみ、ウェブ制作会社 H2O spaceを起業。主にウェブ業界のクリエイターに向けた各種の講演や執筆を通して、独自の学習コンテンツを展開。 

『マンガでマスター プログラミング教室(ポプラ社刊・監修)』や、『よくわかるPHPの教科書(マイナビ出版刊)』など、入門書など書籍の執筆多数。 

近年は、動画配信プラットフォーム Udemyを用いた講義映像配信なども手がける。

この講座の主催団体

BAU-YA

プロとプロを目指すクリエイターの学び舎、BAU-YA(バウ舎)。
アートやデザイン、ITやウェブなどの、トップクリエイターや著名講師による『いま、伝えたいこと』を、そのまま講座にして催します。


■ BAU-YAにある『技術系講座』と『知識系講座』の2つのスタイル

『技術系講座』は、ふんだんに実演デモを駆使するハイブリッド・ハンズオン講座。

制作の現場で必須のテクニックを学べます。

一緒に実習しながらでも、または聴講のみでも、どちらでも参加できるスタイル。
使用する学習サンプルは、受講後でもダウンロードして何度でも練習いただけます。

『知識系講座』はふんだんに図解で解説する座学講座。
業界人として必須の教養や情報を学べます。
スライドや資料などを見ながら、じっくり学ぶスタイル。
提示されるスライドや資料は、受講後でもダウンロードして何度でも復習いただけます。


■ BAU-YAが招聘する実力派講師陣

クリエイティブ業界の最前線で活躍している、経験豊富なク... もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる
  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ■ 開場時間
    開演15分前から

    ■ 所要時間
    約1.5 - 2時間程度(途中参加、途中退出も可能です)

    ■ 講座の流れ(予定)
    1. オープニング(BAU-YAおよび講座について説明,登壇者紹介など 約5分)
    2. 講義(約35 - 50分)
    3. 休憩(約5分)
    4. 講義(約35 - 50分)
    5. 質疑応答(約5分)
    6. エンディング(約5分)
    ※ 講義時間や時間割は、変更する可能性があります。
    ※ 予定よりも早く終了、または長引く可能性があります。
    • こんな方を対象としています

      □ マークアップエンジニア,コーダー
      □ ウェブデザイナー
      □ プロジェクトリーダー
      ※ 当講座は、エンジニアの方々を対象外として構成しています
    • 受講料の説明

      参加費に、場所代や教材費などはすべて含まれています。
      参加費の他に、一切費用はかかりません。
      ※ 領収書はストリートアカデミーから発行・印刷することができます。 < https://support.street-academy.com/hc/ja/articles/201345225 >
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      ■ ご持参いただくもの
      
□ ハンズオン受講の方は、コンピュータをご持参ください。
        ※ 座学受講での参加も可能です。
        ※ OSは問いません
      □ Visual Studio Code,Atom,Adobe Brackets,Adobe Dreamweaverなど、ご自身が使い慣れたソースコードエディタ
        ※ コンピュータの動作やソフトウェアなどの動作不良に関するサポートは行いません。
      
□ メモを取るための筆記用具やデバイスはご持参ください。

      ■ その他
      
□ 講義中の録音などの一切の収録行為を禁じています。

      
□ 講座内で配布する資料やファイルなどの一切の再配布を禁じています。
      □ お名刺をお持ちでしたら、講座終了後に、登壇者や主宰者とご交換ください。
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 16
    • 楽しかった!( 5 )
    • 勉強になった!( 11 )
    • 行く価値あり!( 8 )
  • W2

    女性 40代

    この講座は「Gitのはじめの一歩」でした

    わたしの環境では、GitKrakenの使用に制限がかかってしまい、ハンズオンで受講できなかったのが残念でしたが、配布してくださった資料がとても丁寧で有り難かったです。

  • M2

    男性 30代

    この講座は「はじめの一歩に良い講座」でした

    初めてGitとGitHubに触れましたが、概要を掴みやすかったです。
    また、講師のご自身のYouTubeチャンネルでも説明があり参考できるのが良かったです。

  • W3

    女性 30代

    この講座は「分かりやすい講座」でした

    仕事で使う機会が無くgitがどんなものかわからない、そんな問題を解決してくれる講座でした。講師のたにぐちさんとファシリテーターの生明さんがうまく時間を回し、手持ち無沙汰を感じることがなく、充実した内容でした。

  • W2

    女性 30代

    この講座は「理解が深まる講座」でした

    Webの用語はカタカナばかりで馴染みのない単語ばかりですが、それを噛み砕いて説明してくださり、更にツールとセットで覚えられるので一石二鳥と言いますか、理解が深まり楽しかったです!

  • W1

    女性 20代

    この講座は「GitHubの便利さと使い方が分かる講座」でした

    作業はせずにメモを取りながら参加しましたが、配布資料にも作業工程が詳しく書かれていて理解しやすかったです。練習して日常的に使えるようになりたいなと思いました。ありがとうございました。

  • この主催団体の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?