人の癖に沿って、論理的思考を身につける【実践編】

現実に近いケースを使って「知っている」を「出来る」に変換。現場で困らない実践的トレーニング。

learn

こんなことを学びます

この講座は基礎編講座(文末に記載)で学んでいただく無意識下に論理的思考を身につける方法を用い、現場で使える論理的思考をトレーニングするものです。

■論理的思考が無意識下で出来ると?

・とっさに説明を求められても、用意していたかのように答えられます
・問題が発生しても、あまり慌てません
・上司への説明でも、全然落ち着いています
・打ち合わせ後の、お客さんへの質問がほとんどありません
・打ち合わせ回数が少なく、時間も短いです
・仕事が楽しいと言われます         等々

この講座では、この状態を目指していただくものです。


■勉強と現実の溝

座学や問題集でも勉強はできます。でも現実はなかなか勉強した通りに上手くいってくれません。

 ・相手の反応が違った
 ・(そこで躓くとは)思わなかった
 ・「えっ、そこ?」と真っ白になった
 ・本当に伝えたいことは、そこではない
 ・何か足りないような気がする

様々です。


どうしてこうなるのでしょうか?


理由は明快で、上記の勉強には、実際にやってみて初めて分かる部分が含まれない為です。
つまり「知っている」状態であり「出来る」状態ではありません。
その結果、残念なことに『やってみる』で解消すべき問題が、本番で出てきてしまうのです。


このような勉強と現実の溝。これが困ったところです。


■本講座の狙い

その溝を解消する為に、以下の2点をやっていきます。
つまり、「知っている」から「出来る」に変換するトレーニングです。

1.『現場で戸惑わない為に』
何事にもやってみて初めて分かることがあります。
現場で論理的思考を利用する前に、ここで戸惑うところを潰しておきます

2.『課題毎の観点』
思考の流れは変わりませんが、課題毎に見るべき点は変わってきます。
なので毎月課題を変えて、課題毎の観点を把握していきます

■講座概要

実践編では現実に近いケースを用意し、その中で起こる「答えがない」問題に対して、
 ・実際に自分の頭を絞って考えて
 ・自分とは違った視点を聞いて
 ・出来上がっていくプロセスを見て
 ・作ったもののレビューを受けて
学んでいきます。

具体的に言いますと、
・論理的思考に繋がる目標設定の方法
・全体と大まかな実行の流れ
・要約の仕方
・一旦出来た後の簡易セルフチェック法
・(論理的思考の)最大の難所
・ブレイクスルーに至るポイント         等々

のような内容です。


■今月のテーマ
  
 8月は「会議のファシリテーション」


■テーマの概要

よく会議の上手く進めるには?というのが課題に上がります。
今まで一度や二度は考えられたことあるのではないでしょうか。
私が会社に勤めていた頃もそうでした。

そんな、会議のファシリテーションをテーマにします。

・毎回時間が伸びてしまう。
・この会議は無駄じゃないか?
・会議の為の会議になっていないか?
・何故か、思うような結果が得られない。
・予定したところまで進まない。
等々

このようなこと、ないでしょうか。

今月はこれを解消し、苦手を克服していただく論理的思考トレーニングです。




■最後に

実際にやってみる・試してみる、までが学びです。

というのはおそらく多くの方が理解されていると思います。
仕事をされているなら、理解したと説明できる、の違いは肌感覚で感じられていると思います。
しかし、勉強というと「理解する」まででストップされるようです。

聞いてみると、

 ・機会がない
 ・実際の上司では試せない
 ・現場ではそもそもここまで頭が回らない

といったお答えが多いです。

折角勉強したというのに、折角理解までしたというのに・・・です。
ただ練習する場がないだけ、というのは。


これって勿体ないと思います。
もう少しで望む自分に変われるというのに。


なので実践編という場をもうけました。
練習で良い場所です。失敗しても問題ない場です。
いかがでしょうか。

このような場が、多少なりともお役に立つと思われれば、寄ってみてください。




■参考)基礎編講座:【苦手克服】人の癖に沿って、論理的思考を身につける【基礎編】 ※事前受講推奨です
https://www.street-academy.com/myclass/48842

この事前講座は、IT企業でお客さん(大手から中小まで)の開発・分析案件にPM(プロジェクトマネージャー)として10年以上携わり、大小30以上のプロジェクトの計画・管理や、お客さんへの提案、プレゼン、報告、トラブル対応等を行ってきた私が、その経験をもとにロジカルシンキング(論理的思考)を使って問題解決する方法を詳しくお伝えしているものです。

続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

秋葉原・御茶ノ水

価格(税込)

¥9,800

受けたい
9人が受けたい登録しています
teacher

この講座の先生

▶▶▶ 仕事をもっと面白く!

知る→興味を持つ→覚える→1度できる→いつでも使える→応用できる
何かを習得するときはこのような順番で身についていく。

現場で最も必要とされるのは「応用できる」人。だから、これと決めたものは最低限「応用できる」まで仕立てあげないと意味がない。そして「応用できる」ようになると、仕事って途端に面白くなる。

というのが基本的な考え方。

私の20年以上の経験をもとに、仕事を面白くする為のスキルをお伝えしています。


現在は、企業のデータ活用(生産性向上やマーケティング等)の支援等をしています。(91社/2017年、57社/2018年)

同志社大学工学部卒業後、銀行系IT企業に入社。その後2社(IT企業)に転職し、2016年に独立。3社で、業務、WEB、分析システムと、データの発生から活用までの一通りのIT構築を経験。
「ITを応用するには一通りを経験しないと!」と考え至った為。

趣味は、読書とランニング、英会話(勉強中)です。
2017年に初フルマラソンを完走しました!(3時間42分17秒@つくばマラソン) + 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    3時間の予定です。

    1)自己紹介
    2)ガイダンス
    3)課題1
    4)課題2
    5)ディスカッション&まとめ

    ※課題1、2はガイダンスの中でご説明します。
     また課題をお持ちの方は、当日ご希望されても大丈夫です。
     自己紹介にておっしゃってください。
     テーマに則る範囲で対応させていただきます。
  • こんな方を対象としています

    ・上手く話せるようになりたい
    ・コミュニケーション能力をつけたい
    ・論理的思考を学びたい
    とお考えの方
  • 受講料の説明

    場所代等すべて含まれています。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    筆記用具(書くもの、書かれるもの)をお持ちください。

    また、前日は十分に睡眠時間をとってスッキリした頭でお越しください♪
review

レビュー

  • 4
  • 楽しかった!( 1 )
  • 勉強になった!( 3 )
  • 行く価値あり!( 1 )
  • M1

    男性 40代

    この講座は「考えることを学べる講座でした。」でした

    お題をもとにどう考えるのかをステップ方式で行う内容だったので、
    自分でも無理なく学ぶことができました。
    何回も練習することで、考え方や物の見方が変わると感じました。
    また参加したいと思います。

  • M2

    男性 50代

    この講座は「自分の思考の癖が客観的にわかる講座」でした

    付与された状況から課題を抽出、整理し対策までを考えて発表する内容であったが、他の講習生や講師からのフィードバックにより、自分の思考の癖がよくわかりました。実践的な内容なので、本から得られる知識でなく、自分のスキルとするには有意義な講座だと思います。

  • M1

    男性 40代

    この講座は「学んだことを試す機会がある講座」でした

    この講座は定期的にお題が変わっていくそうなので、
    受講し続けることで、いろいろなシーンで使える
    論理的思考が身につけられると感じました。

  • M2

    男性 50代

    この講座は「わかりやすい」でした

    実践的なワークを通して、フィードバックを得られるので自分の改善点がよくわかった。

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています