入門 MOTのための経営センスを磨くキャッシュフロー体験講座

事業分析力、事業企画力を高める経営センスを磨く!B/Sの動き、キャッシュフローの流れが目に見えるカード型シミュレーションゲーム体験入門講座

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>
・ビジネスの流れとB/Sの動き、キャッシュフローの流れを目で見て確認
・経営者の感覚、経営感覚を体験的に掴む
・会計とコーポレートファイナンスの「根本コンセプト」
・ストックとフローの動きを捉えるシステム
・ビジネス活動と財務諸表のリアルタイムの変化と結びつき
・企業の中で、どのようにお金が流れるのかを体験的に俯瞰する「キャッシュフロー全体観」
・ビジネス活動とその成果についての財務的な表現である財務諸表、財務三表のB/S(貸借対照表)、P/L(損益計算書)、C/F(キャッシュフロー計算書)の意味とつながり
 
<こんなことが出来るようになります>
・会計とコーポレートファイナンスの根本コンセプトをおさえることで、ビジネス活動の本質を捉える能力を増やすことができる
・ビジネスを経営数字の面から捉えることで、事業分析力、事業企画力が向上する
・ビジネス活動から財務的な表現(財務諸表、財務三表)への写像関係について、理解を深めることで、逆に、財務的な表現からビジネス活動を想像し、分析し、改善する力を向上させることができる(経営分析、経営企画力が向上します)
・B/S、P/L、C/F、改善のポイントを俯瞰的に理解することができるので、リーダーやマネージャーとしてのB/SP/LC/Fをマネジメントする力を一層高めることが出来る 

<オフラインのカード型シミュレーション体験>
25年以上の歴史のあるラーニングツール「企業価値創造ゲームPACIOLI(パチオリ)」の最新版(vers.8)「μ(ミュー)」を使用。企業研修以外で初めての公開となる「キャッシュフロービジネスゲームCBG」の一部も体験できます。

これまでに、花王、JT、NEC、オラクル、三菱マテリアル、伊藤忠商事、丸紅、日本生命、オリックス、イオン、エルメス、NECネクサソリューションズなど多くの企業で研修や社内プログラムとして採用され、数万人の実績があります。

入門講座では、2人一組で経営します。
一つひとつのビジネス活動によって、売上・利益・資産・キャッシュがどう変化するのかを実際に目で見て確認していきます。 ボード上に、手で、カードを置いていきます。

会社の設立からスタート
モノの仕入販売のないサービス業から、徐々にビジネス活動の要素を増やしていきます。
ビジネスシミュレーション活動から決算までは、約30分で、短いサイクルで回っていきます。確認しながら緩やかにスパイラルアップしていくので、難しくありません。

決算では、確認シート①「ファイナンシャルレポート B/S P/L C/F」を記入し、ボードの表現を確認します。

参考書:加藤弘道著「直観でわかる経理のしくみ」東洋経済新報社 初版1998年 新版 2014年

<定員>
基本 12名
(要望と開催スペースに応じて変わることがあります)

続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

東京(その他)

価格(税込)

¥8,000

受けたい
4人が受けたい登録しています

この講座の先生

ラーニングデザイナー 価値創造研究所

「難しいことを易しく、易しいことを深く、深いことを楽しく」これは、劇作家の井上さんの言葉です。この言葉に出会ったときは、とても驚き感動しました。学ぶことの理想を的確に表現していたからです。「楽しく、深く、簡単に」難しいとされることを学べたらいいですよね。
 私も、(公財)日本生産性本部の経営コンサルタントの時代から、マネジメントやビジネスの教育や研修で、この理想に少しでも近づけるようにといろいろと工夫したり、トライしたりしてきました。会社設立後は、ゲーム感覚の「ラーニングデザイン」によるツールをいろいろと開発し、大手企業を中心に、教育研修に従事してきました。これからも、皆さんの眠れる能力の発見やキャリア向上にお役に立てれば幸いです。
 ところで、私は、東京大学では、美学という学科に籍があり、朝8時半から、当時の国際美学界会長の「鳥は、なぜ歌うのか?」というフランス語の論文を読んでいました(その時点で就職は諦めました…(^^))。皆さんは、「鳥は、なぜ歌うのか?」と問われたら、何と答えますか?講座で、お会いする時に教えてください。美学の回答もお伝えします。では、お待ちしています。
+ 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    1.始めに(アイスブレイク)
    2.本日の流れの説明
    3.簡単な講義
    4.「PACIOLI」によるゲーミングワークショップ
    5.ワークショップごとの振り返り
    6.補足的な講義
    7.全体の振り返り
    8.質問タイム

    2.5時間
  • こんな方を対象としています

    ・事業分析力、事業企画力を高めたいMOT技術リーダー、マネージャー)
    ・企業への提案力を高めたいMOTの方
    ・会計、コーポレートファイナンスの学習にあまり時間を割けない多忙のMOT(技術リーダー、マネージャー)
    ・会計、コーポレートファイナンスの根本コンセプトをおさえることで、ビジネスの企画力や思考力を高めたいMOTの方
    ・金融関係のシステムに取り組むMOTの方
  • 受講料の説明

    ツール使用料が含まれています
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    講義してから演習ではなく、「action first」で、まず体験し、その後に、体験の意味を考えることが中心になります。

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています