「結局、何が言いたいの?」←これ、部下の本音です!

相手が”期待以上”に動いてくれる「話のまとめ方・し方」で伝えたつもり病を克服

learn

こんなことを学びます

部下が、期待以上に動いてくれるかどうかは、
上司の話のまとめ方・し方に大きく影響されるのです。

「ちゃんと説明をしただろう!わからないのなら聞けよ!仕事ができないやつだな~」
と怒鳴ったところで何も解決はしません。

あなたが話している時、部下の心のつぶやきは、
「長いなぁ、何が言いたいのかわからない!」
これが聴き手の本音です。

「たぶん、こういうことかな!」と勝手に話を解釈してしまいます。


部下は、本当は仕事ができる人なのです。
なぜなら、仕事のできない人は会社は採用しません。

部下の仕事力が高いか低いかは、
上司の話のまとめ方・し方次第です。


早口だっていいのです。滑舌が悪くていいのです!

だらだら話が長い人も、あまり話がうまくない人も、
ちょっとしたコツで、話を聴かれる人になります。

今すぐ身につく5つのコツを実践して身につけましょう!

https://www.youtube.com/watch?v=_rTf6JsdcfA&feature=youtu.be

【期待できる効果】
・言った言ってないのもめ事が軽減されます
・さらに部下に期待以上に動いてもらえるようになります
・部下や周囲が話を聞いてくれるようになります
・話がさらに短くまとめられる
・部下の仕事力がよりよくなります
・部下との関係がより良好になります など



teacher

この講座の先生

沖本 るり子

「5分会議」で人と組織を育成する専門家

TBS報道番組Nスタで“プレゼンの達人”と紹介される。「5分会議」を活用し、話の聴き方・まとめ方等が身につくコミュニケーション力UPの人と組織を成長させる講師・コンサルタントとして活動中。
「だらだら、イライラ、まとまらない」対立会議を2500時間体験したことを活かし、プレゼン、リー... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    【カリキュラム】
    1:OKな話の仕方の効果とは?
    2:話す、伝える、伝わるの違いを理解する
    3:枠を知る
    4:自分のクセを知る
    5:クセがコツに変わる
    6:説得力より納得力を高めましょう
  • こんな方を対象としています

    部下を持っている人
    部下をこれから持とうとしている人
    部下に期待以上に動いてもらいたい人
    伝え方を向上させたい管理職・リーダーなど

  • 受講料の説明

    セミナー代、会場代、テキスト代