新任マネージャー基本の基本

はじめてマネージャーになる人の「あたりまえ」

learn

こんなことを学びます

面倒を見るべき部下が一人でもいれば、その人はマネージャーです。
役付きでなくても若くても、
マネージャーとしての発想と行動が身についていなければいけません。

ただしすぐに百戦錬磨のマネージャーにはなれません。

まずは身につけておくべき基本の基本を確認し、
今後有能なマネージャーに成長していくためのヒントを
お持ち帰りいただきます。

https://www.youtube.com/watch?v=ad-z6flJ2rU&feature=youtu.be

【期待できる効果】
1.新任マネージャーがすぐにやるべきことを
   実践できるようなります。
2.新任マネージャーが知っておくべきことの最低限のことを
   コンパクトにまとめているので、わかりやすく現実的です。
3.新任マネージャーの下につく部下・後輩の納得性を高め、
   スムーズな部門運営ができるようになります。

organizer

この講座の主催団体

この講座の先生

長谷川 孝幸

風土刷新コンサルタント

職場に活力を与えストレスフリーを推進する風土刷新コンサルタント
オフィスハセガワ主宰 

大学卒業後、化学メーカー、マーケティングコンサルティング企業に勤務。「使えない」「成績が出せない」「仕事が遅い」とダメ営業の烙印を押されて苦悩の二十代を過ごし、大病も経験する。書くことは好きだったため研修受託会社に教材作成スタッフとして転職。しかしなぜか研修そのものを担当することになり1999年から登壇。これまでに延べ23,000名以上を直接指導。自らの「ダメ社員」時代の洗い出しから構築した「失敗回避法」コンテンツをメインに提供。2009年独立、現在に至る。「よくわかる」「すぐわかる」「必ず役に立つ」がモットー、中学生から高齢者まで理解できる研修コンテンツが好評。

著書「“仕事で損をしない人”になるための48の行動改善」(同文舘出版)

Thumb 92cf6a21 aa5b 490a 8479 cccac595219e

この講座の主催団体

株式会社CHEERFUL

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ●講義・チーム討議「管理者の役割」
    1.管理者の3つの任務
    ①業績をあげる
    ②下を育てる
    ③上を支える
    2.管理者に求められる3つのスキル
    ①TS:Technical Skill
    ②CS:Conceptual Skill
    ③HS:Human Skill
    3.業務遂行の3つの条件
    ①思いやり
    ②理解力
    ③実行力                             
    ●講義・チーム討議「指導と管理の基本」
    1.後進育成の手法
    ①PDCA分析とSAPS分析
    ②ほめる・叱る
    ③アサーティブトレーニング
    2.高い目標を設定する
    ①成長曲線
    ②win-win
    ③妥当と挑戦
    3.管理すべきもの
    ①時間
    ②行動
    ③メリット                           
    ●講義・作業「マイ・ブラッシュアップシート」作成
  • こんな方を対象としています

    1.はじめて部下・後輩を持つ若手・中堅社員の方
    2.近くマネージャーになることが決まっている若手・中堅社員の方 
    3.既にマネージャーとして部下や責任を任されている任用一年未満の新任マネージャー
  • 受講料の説明

    レッスン代、会場代、資料代が含まれます