アート教室体験レッスン〜土絵の具で自画像を描く〜【夏休みの宿題に】

非認知能力を育てるアートの習い事をお気軽にご体験いただけます。

learn

こんなことを学びます

土から絵の具が作れる!?
身近にあるものが画材になる!
ちょっとしたきっかけが子どもたちの中にある固定概念を覆し、自由な感性を伸ばします。

昔々、紙も絵の具もない時代、人類は土・鉱物・昆虫・植物などで絵の具を作っていました。
普段使っているチューブ絵の具とは違う土絵の具の質感を楽しみ、
今の自分と大地を感じながら、制作してみましょう。

★★★自由研究の題材としてもオススメ★★★
※使用する土は、あらかじめ講師が採取し、下ごしらえしたものになります。
レッスンの説明の際、土絵の具の採取~下ごしらえ〜絵の具の作り方をレクチャーしますので、自由研究&作品作りの題材として活用できる講座です。

◉ご自宅でも制作できるよう、土絵の具の作り方のテキストを無料で差し上げます。


お子様向けのアート教室を主宰している講師が指導を行います。
自由な雰囲気のレッスンの中でお子様の創作意欲を引き出し、作品作りをサポートしていきます。

集中できる環境で、創作への情熱に包まれたお教室です。
みんなそれぞれにキラリと光る素敵なものを持っています。
その素質を認め、本人の自覚を促し、大切に育てていきます。


「認知能力を高めるには、まず非認知能力から」
アートには子どもの能力を高める要素が詰まっています!
作品作りを通して受け入れられる安心感、達成感、試行錯誤する思考回路が培われます。
作品を認められる体験を重ね自己肯定感を持つことで、前向きに取り組むメンタルが身につき、非認知能力の基礎ができていきます。

当アート教室は、豊富な画材や材料を準備していますので、子どもたちが自由に制作できる環境です。
毎回テーマや課題を設けていますが、アイディアが浮かべば全く違う制作をしてもOK!むしろウェルカムです!!
レッスンは絵画から立体、デザインと豊富なバリエーションで実施しています。
さらに、不定期で外部からプロフェッショナルの講師を招き、メディアアートや舞踏などのあらゆる表現を学べるカリキュラムをご用意しています。

子どもたちは絵を描いたり、工作をしたりすることが大好き!
ですが、成長とともにその感覚は薄れていきます。成長段階で自然なことなのですが、そのタイミングを逃さないことが重要です!
創作する場、お友達と刺激し合う環境を与え続けること。0を1にすることを続けていく。それがアート教室に通う意義であると感じています。

そして、習い事は本人が楽しめることがとても大切。
それぞれに好みや個性がありますので、まずは楽しみながら続けられるかを体験レッスンで確かめてみてください。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

練馬・板橋

価格(税込)

¥500

受けたい
1人が受けたい登録しています
teacher

この講座の先生

アーティストが教えるアート教室

東京に生まれ、幼少期は東北で豊かな自然に抱かれて育ち、自然からインスピレーションを受ながら、幼い頃から絵や制作に取り組んできた。

東京都立片倉高校 造形美術コースを卒業したのち、女子美術大学短期部では絵画を専攻。
在学中にディスプレイデザイン会社にてインターンシップを経験。
グラフィクデザイン事務所に就職。グラフィックデザイナーのスキルを身につける。
独立後、アート・ステンドグラス・デザイン・映像、様々な表現方法をクロスオーバーし、幅広くアーティスト活動を続ける。
現在はステンドグラス作品の制作を主軸としながら、TV番組のセットや商業広告に起用されたり、イルミネーション・オブジェのデザインなどパブリックのアートワークを多数手がける。

自分自身の経験からも、幼少期からの重要性を感じ、お子さんを対象にしたアート教室を開講。
創作を楽しみながら、自分で生み出し、形にできる力を育てることに注力している。

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    〈レッスンの流れ〉
    1、土絵の具の説明
    2、自画像ってどうやって描くの?
    3、土絵の具を作ろう
    4、土絵の具で自画像制作
  • こんな方を対象としています

    ●夏休みの自由研究&作品作りの題材を探している方
    ●お子様の興味の幅を広げたい方
    ●絵を描くことが好きなお子様
  • 受講料の説明

    受講料には画材・材料・場所代が含まれています。
    持ち物は必要ありません。
    汚れても良い服装でご参加ください。
more

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています