吹奏楽の打楽器スキルアップ〜上を目指すための基礎力向上〜

スティックやマレットの持ち方、動かし方。本当にそれで合ってる?「気にしてるけど、どうすればいいのかわからない。」を無くしましょう。

こんなことを学びます

吹奏楽部等の部活でより上を目指すためのスキルアップをしたい方、各々のレベルに応じた指導を行います。

小太鼓や練習台を用いてスティック(太鼓を叩くバチ)の基本奏法や基本操作を教えます。鍵盤打楽器であればマリンバやシロフォン(木琴)を用いてマレット(木琴用のバチ)の基本奏法や基本操作、また、4本マレットの持ち方や奏法を教えます。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

国分寺・国立

価格(税込)

¥6,000

受けたい
0人が受けたい登録しています

開催日程

現在この講座の開催日程の講座はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

開催リクエストする

この講座の先生

部活動から音大進学希望まで幅広く打楽器を教えます。

福岡県出身。大分県立芸術文化短期大学卒業、ならびに同専攻科修了。現在、国立音楽大学大学院音楽研究科修士課程在学中。これまでに打楽器・マリンバを関 修一郎、松倉利之、福田隆、木野聖子、幸西秀彦の各氏に師事。室内楽を今井顕氏に師事。エクリチュール及びアナリーゼを遠藤信一氏に師事。2013年に単身渡米。Pioneer Drum and Bugle Corpsに所属しIan R. Conyers氏からマーチングテナードラムの手ほどきを受ける。DCI World Championshipに出場。2015年に再度渡米。STRYKE Percussionに所属し、Josh Wolfman King氏からマーチングテナードラムの手ほどきを受ける。WGI World Championshipに出場、ファイナリストとなるなど、日本の音楽大学でアカデミックな打楽器、クラシックな打楽器について学ぶだけでなく、マーチングの本場アメリカでマーチングパーカッションの研鑚も積む。現在はオーケストラや吹奏楽団の臨時打楽器奏者として演奏を行うとともに、中学校の吹奏楽指導などの活動も行なっている。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    自己紹介(5分)
    音楽歴の有無の確認(5分)
    打楽器の技術の確認(5分)

    レッスン(45分)
    小太鼓の場合
    ・スティックの持ち方(10分)
    ・スティックの構え方(10分)
    ・ストロークの動作(10分)
    ・リズムトレーニング(10分)
    ・質疑応答(5分)

    鍵盤打楽器の場合
    ・マレットの持ち方(10分)
    ・マレットの構え方(10分)
    ・ストロークの動作(10分)
    ・基礎練習(10分)
    ・質疑応答(5分)
    • こんな方を対象としています

      吹奏楽部等の部活に所属している打楽器パートの方、若しくは臨時で打楽器パートに異動になり打楽器の技術の習得が必要になった方。その他、音楽活動において打楽器の技術を学ぶ必要のある方。
    • 受講料の説明

      スタジオ代、レッスン代、楽器レンタル代(楽器をレンタルした場合)
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      練習台、練習台を置くスタンド、小太鼓、スティックやマレットなどお持ちの方は出来る限り持参して下さい。もし持って来られない、若しくは、持っていない方は事前にご連絡ください。
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?