3回コース 3レッスン&ご自宅で作る 遊牧民のじゅうたんギャッベを作る

手織りじゅうたん教室musubuで体験! 本格的にギャッベ製作。

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>
ギャッベの基本の結び方を学びます。
1日体験ワークショップより少し本格的に結べるようにタテ糸をセット。
ギャッベの事、遊牧民の事、イラン(ペルシャ)の事をお話ししましょう。

<こんなことが出来るようになります>
15cm×15cmの本格的なギャッベを結べる様になります。

<こんな風に教えます>
3レッスン(2.5時間×3回)とご自宅での自習で仕上げますので余裕をもってギャッベの製作ができます。
また、自習時にわからない事などがありましたらその都度フォローさせていただきます。

◎おすすめ受講例
1日で2レッスン受講(午前2.5時間・午後2.5時間)→自習→後日最終3レッスン(3時間)で仕上げ
(※自習は2レッスン終了後織り機をお持ちかえりできます 受講料は変わりませんが、ご事情により2回+自習で仕上げたい方はご相談ください)


<持ち物>
筆記用具 多少毛糸くずがでますので気になる方はエプロンをお持ちください。

<定員数>
基本 2~6名
(要望と開催スペースに応じて変わります)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

東京(その他)

価格(税込)

¥15,500(¥5,166 × 3 回)

受けたい
9人が受けたい登録しています

この講座の先生

ザマニ ミアッドのプロフィール写真

ザマニ ミアッド

  • 0人
  • 0回
教室ページをみる 先生に質問する

遊牧民の手織りじゅうたん「ギャッベ」を教えて10年

イランには手織りされた敷物が各地にあります。

手織りされたペルシャ絨毯はメンテナンスしながら大切に代々使う為、絨緞の修理の専門家(職人)がいます。
私はその専門家です。

ギャッベは山に暮らす羊飼いの遊牧民のじゅうたんですが、私はギャッベを学ぶためにテントを共にして川で羊を洗い、女性たちがギャッベを仕立てるまでの工程を学んできました。
それは、とても刺激的で楽しい時間でした。

日本では10年以上ギャッベをお教えしていますが、私が受けた楽しさをお伝えする為に体験ワークショップを行います。
イランから輸入した遊牧民が紡いだ毛糸を使って作るギャッベはワークショップでも十分に楽しんで頂けると思います。

時間を忘れて毛糸を結ぶ楽しさをぜひ体験してくださいね。
どなたにでも丁寧にお教えします。




カリキュラム

  • 第1回 15cm角の本格体験ギャッベ1回目(1レッスン2.5時間)◎ギャッベってなんでしょう?はじめての毛糸むすび

    ①ギャッベの簡単なご説明 
    ②織り機や道具の説明
    ③デザインを決める(デザインサンプルあり・オリジナルOK)
    ④毛糸を決める
    ⑤毛糸の結びを学ぶ

  • 第2回 15cm角の本格体験ギャッベ2回目(1レッスン2.5時間)◎ヨコ糸の入れ方を学ぶ

    ⑥ヨコ糸を学ぶ
    ⑦デザインシートを元にギャッベを結ぶ
    ~~~~~~~
    【ご自宅で自習(ギャッベを80~100%仕上げる)】

  • 第3回 15cm角の本格体験ギャッベ3回目(1レッスン2.5時間)◎ギャッベの仕上げ

    ⑧ギャッベの残り部分を結ぶ
    ⑨仕上げの作業を講師が行います(30分前後)
    ⑩柄出しの方法をお教えします。
    かわいい15cm角のギャッベのできあがり!

    時間の余裕があれば仕上げのアレンジのご提案を致します。

  • こんな方を対象としています

    ギャッベが好きな方
    趣味を探していた方
    織物に興味があった方
    異文化交流で楽しくマイペースで手芸を楽しみたい方
  • 受講料の説明

    受講代にはレッスン代と材料費が含まれます
    織り機と道具はお貸し出しします。(タテ糸をかけた状態でお渡しします)

この先生の他の講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?