⚑なぜあの人の資料はわかりづらいの?原因はコレです/基本①

わかりやすいって何だろう。そこさえ掴めればいいんです。ビフォー&アフターの説明がいいねと大好評!

learn

こんなことを学びます

おかげさまで先月、受講者千人を達成しました。わかりづらい資料を1ページでも多く削減できるよう、みなさんと精進しております。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ①資料は「知」。楽しいもの
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。情報デザイナー歴20年の深田です。

以下は、SlideShareにアップ後、デキる男のWEBマガジン「bizpow」をはじめ各メディアに紹介されたスライド。いつのまにやら30万views。ありがとうございます。

↓是非ご一読ください。一般的なプレゼン資料とは、印象が違うと思いますよ。(内容は、この講座とは異なりますのでご注意ください。)
http://www.slideshare.net/ozyusg/please-start-ppt-last

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ②相手からどう見えるか
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━

自分でOKを出した資料を改善するのは、とても難しいことです。なぜって、自分には良く見えているのですからね。直しようがないはず。

立場を逆にしてみましょう。わかりづらい資料を「わかりづらい」と言うのって、とっても簡単なことですよね。一瞬で「読みたくない」って思います。

たいていは、人が作った資料はわかりづらいのです。笑 それが普通。じゃあ、どうやって乗り越えていけばいいのかってことですよね。

答えはシンプル。自分がされたら嫌なことは、しなければ良いのです。相手がして欲しいことを、すれば良いということ。相手に合わせるということ。

これは実は、デザイナーが身につけている基本中の基本。デザイン思考と呼ばれたりしますが、ちっとも小難しいことはありません。

20年間、失敗&悩みまくった末に掴んだコツをみなさんに展開します。ビフォー&アフターの紹介もわかりやすいと、ご好評いただいています。

さあご一緒に、「伝わった後の風景」を見に行きましょう。びっくりしますよ。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ③みんなで観察しよう
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━

デザインセンスの有無は、関係ありません。たくさんのルールを覚える必要もありません。パワポは普通に使えれば大丈夫です。

セミナー難民はもう終わり!わかりやすい資料を作ろう。情報を盛り込みがちだという自覚がある方は特に、来ていただきたいです。

次は、あなたの番ですよ。

★★━━お気軽にどうぞ!ƪ(•̃͡ε•̃͡)∫━━★★
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

新宿・代々木

価格(税込)

¥5,000

受けたい
608人が受けたい登録しています
teacher

この講座の先生

深田 美千代のプロフィール写真
深田 美千代
  • 1124人
  • 236回
教室ページをみる 先生に質問する
⚑違いのわかる情報デザイナー・伝わる喜びのお誘い

「肝心なのはセンスやスキルでなく、相手が欲しい情報をわかっていること」

横須賀生まれ、世田谷育ち。多摩美術大学卒の情報デザイナー。師匠は、世界標準となった非常口のサイン制作者でもある太田幸夫。

大手複合機メーカーに在籍、15年ほどマニュアル業界に。苦労して生み出した制作物を誰も読んでくれない悔しさから、「伝わる、その先へ」を自身のキャッチフレーズに独自のメソッドを開発。業界競合他社から指導の依頼を受けることも多く、テレビ東京ワールドビジネスサテライト、雑誌フォーブス、読売新聞などメディア登場も多数。

2008年より業界やメディアにとらわれず、企画制作全般へと活動範囲を広げる。見栄えのデザインやスキルでなく、本質と向きあうお手伝いが得意技。

【事例】
損保ジャパン様顧客向け資料/住友不動産様顧客向け資料/資生堂様POPおよび説明資料/ノーリツ様ブランディング/公文様イントラ/ホンダ様DM/富士ゼロックス様企画資料および取扱説明書

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ・講座の内容を踏まえ、お申し込み人数によっては中止の場合もあります。大変申し訳ありませんが、ご了承ください。
     
    <所要時間>
       90分程度

    <最初5分>
       自己紹介
    <それから15分>
       デザイナー目線
    <実習60分>

    <最後10分>
       本日のおさらい

    アハ!体験で、伝わらない資料にさようなら。
  • こんな方を対象としています

    何から始めてよいのかわからない→どうして伝わらないのかを一緒に見ていきましょう
  • 受講料の説明

    ・会場費込み。追加費用は一切ありません。
    ・キャンセル等については、ストリートアカデミーの規約をご確認ください。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ◎本講座は参加型です。座学ではありませんので、何卒ご了承ください。
    ◎文字は何ポイントがよいか等、デザインの表面的な内容ではありません。ご注意ください。

    <持ち物>
    ・筆記用具をご持参ください。
review

レビュー

  • 120
  • 楽しかった!( 88 )
  • 勉強になった!( 103 )
  • 行く価値あり!( 87 )
  • W3

    女性 30代

    この講座は「長期的な目線で「伝わる」資料作りのノウハウを知りたい方に有益な講座」でした

    本講座では、伝わる資料を作るための核となる考え方として以下の2点を学びました。
    (1)情報を必要としている人を限定すべきこと
    (2)その相手が欲しい情報が何かを考えて、絞り込むこと

    講座では情報の絞り込みプロセスについて、Web等で公開されている資料を添削しながら理解していきます。
    「誰のために何を伝えるか」という問いかけを繰り返すことによって、「読み手」の立場に立った資料とは何かを知ることができました。徐々に理解が進んでいく過程は、とても面白く勉強になるものでした。

    他方、受講した内容を即座に実務に反映させるのは難しいとも感じました。
    なぜなら、他者が作成した資料の添削において「読み手」目線に立つことは比較的容易だからです。
    資料が自分の作成したものに置き換わると、どうしても「送り手」として伝えたい気持ちがあふれてきてしまうように思います。
    自分の作成した資料を「読み手」目線でスリム化していくためには、さらなる訓練が必要だと感じました。

    全体としては、ぜひ多くの方にオススメしたい講座です。
    私は「伝えたいことが沢山あるのに、ほとんど伝わらないのはなぜか」ということに悩んできました。
    深田先生がその悩みを解消する糸口を提供してくださったと感じています。

  • M1

    男性 30代

    この講座は「資料が良い講座」でした

    資料の作成の心得などは学べます。実践的かというと、自分でいざ作って良いものになるには勉強と練習が必要だなと感じました。

  • M2

    男性

    この講座は「そういうことか!と眼が覚める瞬間」でした

    自分の作る資料がどうしてダメなのか、どこを直せばいいのかが大変クリアになりました。ビフォーアフターもわかりやすい。資料は通訳と同じで相手が理解できなければ何も始まらない、という先生の言葉が印象的でした。他のも受けます!

  • M1

    男性 50代

    この講座は「きれいな資料ではなく、伝わることを考えた講座」でした

    プレゼン資料については、多くの本やセミナーがありますが
    「相手の立場から考える」という意味合いを認識しました。

    資料の見た目の美しさより、機能を重視し
    「伝わる」ことを目的とした内容ですので
    誰にでも理解、実践できると感じました。

    若手、ベテラン問わず、
    誰にでも役に立つ内容ですので、受講をおすすめいたします。

  • M1

    男性 30代

    この講座は「資料作成の本質が90分でつかめる講座」でした

    「パワーポイントの資料作成はシンプルに」とは
    よく言われることです。

    しかし、この講座ではどうすればシンプルに
    なれるかを超具体的に教えていただきました。

    自分が何を伝えたいのか
    相手に何をしてほしいのか
    それをストレスなく伝えるにはどうすればいいか

    とても優しく面白く教えていただきました。

    箇条書きは5行まで
    色は黒+1色まで・・・などの
    実践的なノウハウも満載です

    どのレベルの方であっても
    資料作成のステージが変わる90分でした。

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています