レジリエンス入門講座Ⅰ「お子さんの折れない心を育てる」

世界のエグゼクティブは知っている。学力よりも大切なスキル、レジリエンスの力。

learn

こんなことを学びます

<学力と未来の幸福は=ではない>

IQや学力テストと言った認知能力が将来の成功を約束するわけではない。

<未来の世界を生き抜く>

社会変革が著しい時代と言われています。私たちが生きてきた今までの十年間に比べ、これから訪れる十年間は倍以上のスピードでありとあらゆるものが変化すると考えられています。
そんな未来を生きてゆくお子さんにはどのような能力とスキルが必要だと思われますか?
この講座は米ペンシルベニア大学教授でポジティブ心理学の生みの親の一人と言われているマーティン・セリグマン博士のポジティブ心理学をベースに、英イーストロンドン大学大学院教授イローナ・ボニエル博士から直接指導いただいた「SPARKプログラム」を使って失敗や困難を乗り越えるレジリエンスの力を実践で身につける内容を提供しています。

<感情のコントロール>

イライラする子、切れやすい子。感情や行動はどのように引き起こされるのか、メカニズムを知って感情に対処する方法を学びます。

感情的に安定することが勉強やスポーツに集中して、結果を出せる重要な要素です。

<親としての関わり>

お子さんの「折れない心」を育てるには、毎日の生活の中でどのような関わり方が求められるのでしょうか?お子さんをやる気にさせる関わり方について学びます。

<SPARKプログラム>

私たちに負の感情を喚起させ、間違った行動に導く「思い込み」を発見し「捉え方」を変えるSPARKプログラムの実践方法を学びます。
SPARKプログラムをお子さんに適用することで、お子さんは忍耐強く、意欲的なレジリエント(レジリエンスを持った人)に生まれ変わる可能性があります。

<持ち物>
筆記用具をご持参下さい。

<定員>
最少催行人数3名
(要望と開催スペースに応じて変わります)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

福岡市内

価格

¥3,500

受けたい
13人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

親子で学ぶレジリエンス~幸せな未来へのパスポート

福岡で1989年に行われたアジア太平洋博覧会のコンパニオン教育を皮切りに長く接客接遇教育に携わってきました。現在は専門学校、短期大学、高校等で就職対策やキャリア教育を行っています。
19年来、専門学校で講師を続けキャリアコンサルタントの立場から現在の学生に不足しているのは自尊心、自己効力感であると強く感じます。過去の成績不良やいじめの問題を現在も引きずっている姿を見ると心が痛みます。そんな学生に対し正のアプローチとは何かと考え続けた私の結論がレジリエンスと感情の教育でした。
レジリエンスと感情の教育はできれば早いお子さんの段階で導入するのがより効果的です。
子育てにレジリエンス教育を取り入れ、お母様もお子さんも希望を持って未来を明るく豊かにして欲しい。何よりも楽しく、幸福を感じながら毎日を送ることが幸福な未来を導くのです。
「成功したから幸せになるのではない。幸せだから成功するのだ。(イローナ・ボニエル博士)」実践を旨としたレジリエンス教育を提供します。

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    120分程度

    <当日のレッスンの流れ>
    30分 講義
    15分 レジリエンス判定テスト
    30分講義
    15分SPARKプログラムのワーク
    15分講義
    15分質疑応答 等
  • こんな方を対象としています

    広くお子さんをお持ちのお母様(お子さんの年齢は概ね幼稚園保育園から中学生まで)。もしくはこれからお母様となられる全ての女性。
  • 受講料の説明

    参加費には 講座費用、場所代プリント費用等全てを含みます。
    リラックスできるよう、コーヒー他飲み物付き
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    参加の皆さんと楽しく過ごそうというオープンな心をご持参ください。

review

レビュー

  • 1

  • 楽しかった!( 1 )

  • 勉強になった!( 1 )

  • 行く価値あり!( 1 )

  • 女性

    この講座は「リフレッシュできました」でした

    忙しかったり、閉鎖的になりがちな毎日の中で、ゆっくり自分自身や子育てに役立ちそうな時間が持てました。
    少人数に絞って、リラックスできるよう配慮されていたところも良かったです。
    これからますます広がりそうなレジリエンスについて専門の知識を持った先生から直接話が聞ける貴重な機会です。

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています