お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

あなたの包丁が最高の切れ味になり料理が楽しくなります

対面

家族の口に入る物を作る道具だからこそ冴えた切れ味の包丁が良いのです

こんなことを学びます

 ご持参戴いた包丁を3種類の砥石(形を形成する粗砥、刃を創る中砥、中砥で付いた傷を落とす仕上げ砥石)で実際に体験して戴き冴えた切れ味の包丁にします。
初心者の方で時間内に修復出来なくてもこちらでお直し致しますのでご安心下さい
また、よりステップアップしたい方(プロの料理人の方)にも丁寧に指導いたします。
続きを読む

9月21日(月)

10:00 - 11:20

東京 / 池袋・巣鴨

予約締切日時

9月20日(日) 10:00

参加人数

1/2人

開催場所

埼京線 板橋駅 徒歩2分
研ぎ陣 板橋駅東口駅前店 東京都北区滝野川7-8-10-102 第2城北ビル

価格(税込)

¥3,400

9月20日(日)

10:00 - 11:20

東京 / 池袋・巣鴨

予約締切

予約締切日時

9月19日(土) 10:00

参加人数

0/2人

開催場所

埼京線 板橋駅 徒歩2分
研ぎ陣 板橋駅東口駅前店 東京都北区滝野川7-8-10-102 第2城北ビル

価格(税込)

¥3,400

9月20日(日)

13:00 - 14:20

東京 / 池袋・巣鴨

予約締切

予約締切日時

9月19日(土) 13:00

参加人数

0/2人

開催場所

埼京線 板橋駅 徒歩2分
研ぎ陣 板橋駅東口駅前店 東京都北区滝野川7-8-10-102 第2城北ビル

価格(税込)

¥3,400

  • 9月21日(月)

    10:00 - 11:20

    東京 / 池袋・巣鴨

  • 9月20日(日)

    10:00 - 11:20

    東京 / 池袋・巣鴨

    予約締切
  • 9月20日(日)

    13:00 - 14:20

    東京 / 池袋・巣鴨

    予約締切
  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
172人が受けたい登録しています

対面受講日程

9月21日(月) 10:00 - 11:20

¥3,400
参加人数 1/2人
場所 埼京線 板橋駅 徒歩2分

参加できる日程がありませんか?
先生に開催リクエストを送ってみましょう。

この講座の先生

冴えた切れ味を創る「包丁・はさみ」の研ぎ処

手研ぎ専門の刃物研ぎ専門店。刃物を傷めない「神古流手研ぎ」
研ぎ師は刃付け師にあるべからず 家族の口に入る物を作る道具だからこそ魂の入った物を作るのです。藤阿弥功将先生のもとで江戸の手研ぎを学習 技術を習得し開設に至る。「最高の切れ味」を手にとってみて下さい。あなたの手助けを致します。料理が楽しくなること間違いなし。

  • こんな方を対象としています

    料理の好きな方
    料理教室等でスキルアップされている方
    プロの料理人の方
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    汚れても差し支えの無い服装が好ましいです。
    エプロンを持参されると良いでしょう
※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

レビュー100

  • 楽しかった!( 56 )
  • 勉強になった!( 81 )
  • 行く価値あり!( 72 )
  • M2

    男性 40代

    この講座は「本物のプロの講座」でした

    砥石や包丁の基礎知識の講義から始まって、実践を交えての研ぎ直しを
    して頂きました。
    自分が持参したのは、変な研ぎ器を使ってかなり大きな割れ目が入った
    包丁だったので、時間内の手研ぎでは間に合わず、サンダーで削っての
    成形からでした。
    町の出張研ぎ屋さんなどだと、恐らく断られるレベルだったと思います。
    難しい蛤刃だった事と、自分がイメージ通りに体を動かすのも人の動作を
    見よう見まねでトレースするのも苦手なタイプだったので、講座の時間内に
    研ぎそのものを十分なレベルには出来ませんでしたが、台所の奥から粗砥・
    中砥・仕上げの揃ったコンボ砥石を引っ張りだして来て、教わった事を
    思い返しつつ日々チャレンジしてみます。

  • M1

    男性 60代

    この講座は「素人でも満足出来る講習」でした

    趣味が料理と言いながら、道具に無頓着だった自分、先日真鯛の薄造りを作る際、本当に切れなくなった包丁を言い訳にしてしまいました。包丁研ぎなんてコツさえ覚えれば、簡単だろうと高を括っていた自分が恥ずかしくなりました。包丁には、歴史があり、文化があり、そして、それを生かすも殺すも持主の器量が、必要なことを痛感しました。あれだけの道具を駆使して蘇る包丁、感動ものです、ありがとうございました!!

  • W1

    女性 40代

    この講座は「とても為になる講座」でした

    切れ味に悩んでいた出刃包丁をもちこみました。
    親切丁寧、分かりやすく砥石と包丁の説明から始まり、研ぎ方のコツも初めてでしたが何となくですが掴めた気がします!

    欠けてた箇所も直して頂き、見違えるようになりました。
    切れ味が楽しみです。ありがとうございました。

  • M1

    男性 30代

    この講座は「何回参加しても参考になる講座」でした

    1回目は洋包丁、2回目の今回は和包丁の研ぎ方を教えていただきました。大変勉強になりました!ありがとうございます!

  • M3

    男性 30代

    この講座は「初心者にも分かりやすく丁寧に教えてくれる講座」でした

    友人と釣りをして自分で釣った魚を捌くので包丁を買っていました!
    包丁研ぎはネットや動画を観て自己流でやっていましたがそのやり方があってるのか分からなかったため、今回はその友人と2人で出刃包丁と刺身包丁をそれぞれ持ち込み参加しました!

    包丁や砥石の分類から研ぐ要領を説明していただき実習でした!
    非常に分かりやすい説明と軽い冗談も挟み、萎縮するような環境ではなく楽しく学ぶことが出来ました!
    家に帰って早速実践していきたいと思います!

  • 関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?