花と書を捧ぐ~終戦によせて

生け花と書のワークショップです。

  • 開催回数

    0
  • 受けた人

    0
  • 受けたい人

    3
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます

 
今年は戦後70年。
日本は冠婚葬祭にかぎらず「贈る」「捧げる」という慣習を大切にしてきた国です。きたる8月15日(終戦記念日)に命ある僕たちが、なにか贈ること、捧げることはできないかと考えこの会を企画した次第です。

花に携わる者と書に携わる者の企画ですので、内容は「花を生け、書をしたためる」だけのこと。いくつかシバりはありますが、終戦を思いながらの花と書のワークショップですので、気軽にお越しくださればと思います。
ご自身で生け、したためた花と書の相性も堪能していただければ幸いです。

●花に関して
花は人の心を投影できる物です。
このワークショップでは、何方でも綺麗に生けられる花型に則り、枝物(夏はぜ)と花物(アナスタシア)を花材に生けて頂きます。シンプルな作品の中に想いを込めて生けて行きます。【生け終わった花はお持ち帰り頂けます】

●書に関して
捧げるという意味を把握した上で、こちらでいくつか用意した字の中からみなさんが一つ選び、薄墨で書いてもらいます。


■持ち物

花  - 花鋏(¥100均一の剪定鋏で結構です)、雑巾
【花材、器、剣山はこちらでご用意致します】

書  - 筆、練習半紙、新聞紙

※10名限定。材料調達の問題もありますので、1週間前には募集を締め切らせていただきます。

○8月15日(土)
参加費 ¥5,000(材料費込)
場所 松沢区民集会所(下高井戸) 三階和室 
http://www.setagaya-joho.com/post/post-478.html
時間 13:30〜16:00

講師
花狂い・熊野寿哉
http://www.hisaya-kumano.com/
久保田吟水
http://www.mamekana.co.jp/profile/ginsui/index.html

この講座の先生

久保田 吟水
WEB

久保田 吟水

書道家

●久保田直樹 [雅号 吟水] 心陽流

活動は書道教室、個展、講演、表札、名刺、看板、命名、ウェデングボード、日本酒やアーティストPVへの題字提供等。株式会社オフィスまめかな所属。 詳しいプロフィールを見る >

教えた回数0

教えた人数0

当日の流れとタイムスケジュール

13:30PM
生け花の説明と体験(随時指導者がサポート致します)
14:30PM
生け花終了
14:45PM
書道の説明と体験
15:45PM
書道終了
15:50PM
ご自分で生けた花と、したためた書の作品を鑑賞
‐写真を撮ったり、その相性の良さをご堪能ください‐
16:00
終了

こんな方を対象としています

生け花、書に興味のある方。

受講料の説明

花材、書材(清書紙、墨汁、文鎮、下敷き)を含みます。

受講する際は以下をお読み下さい

着物(浴衣)はもちろん、洋服でも心ばかりの正装をされることをお勧めします。

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:東京都内

    受講料:¥ 5,000

この講座の関連ツイート

Page Top