お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

本当は優しくしたいママへ!子どもの行動に変化が起きる魔法の声掛け

対面 オンライン

子どもに「注意したい」「早く動いて欲しい」「イライラした」時など、日常のシーンでの子供さんの立場に立った優しく効果的な声掛けが学べます。

こんなことを学びます

本当は怒りたくないけど、
つい、「早くしなさい!」
「何回言ったらわかるの?」
「そんなことしちゃダメでしょ!」
と感情的になってしまう。

がんばって伝えたつもりでも、
「どうして?」「だって」「ヤダー」
と子どもに言われてガッカリしてしまう。

こういったお悩みはありませんか。

「ほめる関わり」が自然な習慣になると、
子どもを勇気づけることができます。
自分自身の魅力にも気づけるようになり、
感情に流されない「モノの見方」が身に付いていきます。

はじめまして。
人・モノ・出来事 すべてに価値を見つける
ほめる達人のおかじ~です。

私にとって、「ほめる」とは
「カタチにならない価値」を表現することです。
このことを痛感した出来事がありました。

私は子どもの頃からダメ出しや
マイナスの言葉を掛けられ続けてきました。

親「どうしてこんなに身体が弱いの!」
先生「君は不器用だね!」
周り「みんなできるのに、そんなこともできないの!」

このような声を掛けられ続けることで、
いつしか自分自身でも
「自分には何もない」「価値がない」
「誰にも必要とされていない」
とマイナスの思い込みが強くなり、
33年間も自己否定を続けていました。

人生に楽しみを見い出せなかった私は、
33歳のときに自分を変えたくて
コミュニケーションスクールに足を運びました。
しかしながら、極度の緊張で頭の中が真っ白になり
自己紹介も満足にできませんでした。
「どうして自己紹介1つもできないの!」
と言われると思い、心臓がバクバクして
その場から逃げ出したい心境でした。

ところが、先生からは「よく頑張りましたね」
と予想もしていない声を掛けてもらいました。
私は、これまでの人生で味わったことのない
温もりを感じました。

この出来事をきっかけに
先生やスクールに対する「安心感」が生まれ、
「ここならきっと大丈夫」
と強い実感と意欲が湧きあがりました。
そして、「自分は頑張ってる」「成長できる」と
自分を信じられるようになり、
人生が楽しいものに変わりました。


【ほめる関わりが相手に与える影響】

私が先生からもらった
「よく頑張りましたね」の一言は
まさに「カタチにならない価値」でした。
人は、カタチとして目に見えないものを認めてもらい、
ほめてもらうことで前に進むための意欲が湧くと体感したのです。

「ダメ出し」や「叱る関わり」でも行動を起こせますが

・意欲が続きにくい
・自分の意志で行動した自信が育まれない
・他人の目を意識しやすくなる
・上手くいかなかったときに相手のせいにしやすい

などのデメリットがあります。

一方で、ほめる関わりは喜びと、
存在を認められた安心を生みます。

安心が生まれることで、
「もっとやってみたい」
と大きな意欲を生み出します。

なぜなら、相手の魅力に向き合い
カタチにならない価値を伝えることで
「確かに、私には〇〇な魅力がある」
と心からの実感を持てるからです。

子どもさんも、心からの実感を得られると
自分の意志で行動を起こすエネルギーを
生み出せるようになります。

コミュニケーションは大人でも難しいものです。
相手に正しく理解してもらうには、
「伝え方」「共感力」「聴く力」
さまざまな力が複合的に要求されます。
コミュニケーションは、何歳になっても、
人生の永遠の課題と言えます。

成長途上の子ども相手では、
理解できる言葉にも大きな差があります。
こちらが「伝わる」と思った言葉が
伝わらないケースが多くなるのも当然です。

でも、ちょっとしたポイントを押さえておけば、
子どもとのコミュニケーションはスムーズになります。

こちらの思いが正しく伝わるようになると、
子どもの行動も変化し、ストレスを感じることも減っていくでしょう。

この講座では、
「すごいね」よりも「良かったね」と一緒に喜ぶこと。
「頑張って」よりも「頑張ってるね」と伝えること。
「可愛い」よりも「好き」と伝えることがなぜ大切なのか。

「大丈夫?」「早く食べなさい!」「まだなの!」など
よく使いがちな言葉を、
子どもに伝わりママもハッピーになる言葉に変える
子育てが楽しくなる「魔法の声掛け10選」として紹介します。

================

この講座は、

「子どもに伝わる声掛けが学べ、子育てのストレスが軽減していく」
「子どもが喜びを表現して、自発的に行動するようになっていく」
「子どもが聴く耳を持つようになっていく」
「自分にも子どもにも優しくできるようになっていく」
「家庭が笑顔で満ちて円満になっていく」

ほめる関わり方をお伝えする講座です。

「おつかいできて偉いね」「勉強できて賢いね」
これらの褒め方は評価であって、
本当の意味では「ほめている」とは言えません。
「ほめる」ってもっと奥が深いことです。

きちんとほめて育てられた子どもは自己肯定感が高まっていく。
チャレンジ精神旺盛に育つというデータがあります。


◆こんな変化が起こります

「子どもや家族のいいところがたくさん見えてきます」
「どこをほめるか、どう伝えるといいか方向性が見つかります」
「悪影響を生みかねない褒め方を知ることができます」
「子どもがすくすく育つほめ方を学べます」
「イライラをぶつけずに子育てをできるようになっていきます」
「反省して、自分を責めていたクセを減らしていくことができます」
「心配するよりも、子どもを信頼することができるようになってきます」

★受講後の喜びの声★

学んだ事を早速実践しました!
すると、どんどん自ら他のお手伝いも張り切って進んでやってました。
これがプラスαの法則ですね!
そして小さな褒めポイントも過程を意識しました。
子供からは、「ママって優しい!大好き!」と言われました。
相手に良い時間を与えると、それが相乗効果を生む。
大人になった今、褒められる事、
相手を褒める事の「充実感」「幸福感」を知ることができ、
「わー、嬉しい、知れてラッキーだなー」と思えてます。
今日は貴重な学びの場を提供していただきありがとうございました。

(2020年6月受講  8歳の娘さんを育てるママさんより)

================

【これから子育てを迎える人にイチ押しの講座紹介】

山本 麻美先生
・初めての子育て 0歳~1歳 才能をグングン伸ばす接し方
https://www.street-academy.com/myclass/93620

ご自身の子育て経験を交えて、
モンテッソーリと脳科学に基づいた
子育てをお伝えして下さります。
続きを読む

10月29日(木)

13:00 - 14:30

オンライン

予約締切日時

10月28日(水) 09:00

参加人数

1/3人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥2,000

  • 10月29日(木)

    13:00 - 14:30

    オンライン

  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
46人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥2,500
場所 心斎橋・なんば

オンライン受講日程

10月29日(木) 13:00 - 14:30

¥2,000
参加人数 1/3人

参加できる日程がありませんか?
先生に開催リクエストを送ってみましょう。

この講座の先生

岡島 つよし (おかじ~)のプロフィール写真

岡島 つよし (おかじ~)

本人確認済み
  • 729人
  • 356回
教室ページをみる 先生に質問する

カタチにならない価値を届ける。

「ほめる」=「存在価値を伝える」ことを通じて人間関係を良くする術を伝えている。

弱みの中の「人間的な魅力」を見つけ、自分らしさを大切にできる人を増やすために活動中。
受講生は、4年半で2,000人を超える。
ストアカ関西週間講師ランキング1位を3度獲得。
「一人一人に寄り添う姿勢」に定評がある。
講師活動サポートも手掛け、小中学校教頭会等で4度の講演実績がある。

幼少期からダメ出しを浴び続け、33年間友達がいなかった人生が、カタチにならない価値を「ほめられる」ことで180度変化した経験をもとに活動をスタート。

毎月30人以上の受講生に関わる中で、基準を高くしすぎて苦しむ人が多いことを目の当たりにして、自身のどん底から這い上がった経験を伝える意義を痛感。

現在は、不登校で悩む人の力になれるように活動の幅を広げている。日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラーとして、カウンセリング業務も行う。

トレードマークは「虹色シャツ」。独立時に机や椅子など65点の寄付が集まり、貰い物だけでコミュニケーションスクールを完成させた伝説を持つ。
+ 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ※目安の流れ

    講師自己紹介

    子育てにおける「ほめる効能」の紹介

    みなさんの自己紹介&子育ての目的を考えてみよう

    言葉以外でも伝えられるほめる関わり方の紹介

    一声変えるだけで、子どもの反応が変わる
    「魔法の声掛け10選」をお伝え

    NGなほめ方と、その改善方法をお伝え

    日頃がんばるママのいいところを伝え合うほめタイム

    本日のまとめ
    • こんな方を対象としています

      ・自分の気持ちを子どもに理解してもらえず悩んでいる
      ・子育てを楽しくやっていきたい
      ・どんな言葉で子どもと接したらいいか分からない
      ・子どもへの接し方で悩んでいる
      ・子どもや家族のいいところにもっと目を向けたい
      ・家族に笑顔を増やしたい
      ・イライラしたり気持ちが落ち込みやすい
      ・感情に振り回される毎日を抜け出したい
      ・生きづらくて毎日にしんどさを感じている
      ・楽しみを増やしたい
      ・誰かに話しを聴いてもらいたい
      ・自分にも癒しが欲しい
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      オンライン講座では、
      はじめての方でも無料で使いやすい「zoom」を使用します。
      予約申し込みをして頂いた方には、
      24時間以内にご案内を送らせてもらいます。

      以下より、zoomでの講座受講が可能かの確認をしてもらえます。

      ビデオ・オーディオのテスト(zoom公式サイト)
      http://bit.ly/2TfzioL

      ※日程のリクエストも可能な限りお伺いしています。
      よろしければ、お気軽にリクエストメッセージをお送りください。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー19

    • 楽しかった!( 16 )
    • 勉強になった!( 16 )
    • 行く価値あり!( 17 )
  • W3

    女性 20代

    この講座は「こどもの気持ちに立った声掛けを学べる講座」でした

    こどもに早く動いて欲しい時、忙しくて待って欲しい時、お皿を割った時、そんなよくあるシーンでのこどもの気持ちに沿った声掛けを教えてもらいました。
    どうして指示が伝わらないのか、こどもの気持ちに立つことでわかったことがありました。
    1人で考えているだけではわからないことが教えてもらい力をもらいました。ありがとうございます。

    先生からのコメント

    大人が当たり前に分かることでも、
    子どもにとっては理解できないことはたくさんある。
    私も、日々学びながら気づかせてもらっています。
    伝わらない時は、「どう表現したら伝わるだろう?」
    とぜひ考える癖を意識してみて下さい。
    言葉だけでなく、絵やジェスチャーで伝える方が、
    スムーズに伝わるケースもあると思います。
    熱心な姿勢での受講ありがとうございました。

  • W1

    女性 20代

    この講座は「冷静に考えるチカラがつく講座」でした

    よくあるイライラする出来事に対して、どう感じるかを話し合いました。私がイライラすることでも、そう思わない人もいらっしゃって勉強になりました。先生から、価値を見つける言葉の使い方を教えてもらいやってみたら、いつもの私にない考え方が得られました。平等に話題を振ってもらえて楽しかったです。

    先生からのコメント

    人間は感情の生き物だと思います。
    イライラを感じるのも、落胆を感じるのも自然なこと。
    それを自覚して、どう気持ちを切り替えて、
    違う視点で出来事を見ていけるかが大切だと思っています。
    それぞれの考え方に触れられて私も楽しかったです。
    たくさんのシェアありがとうございました。

  • W3

    女性 20代

    この講座は「優しくなれる講座」でした

    「お店の中は走っちゃ駄目よ」とか。私は「~しちゃ駄目」とよく言ってたことに気づきました。そうすると、子どもには叱られたように感じられてマイナスの気持ちになってしまうと教えてもらい反省です。

    その声掛けを、「お店の中では歩こうね」とか、「みんなが気持ちよく利用できるように歩こうね」とかに変えると、前向きな気持ちになりやすい、気持ちよく行動を変えられると知り、大人でもそうだなと納得しました。

    ふだんの言葉遣いに敏感になれて家族に優しくなれる講座でした。ありがとうございます。

    先生からのコメント

    同じことを伝えるにも、ちょっと表現を変える。
    言葉を変える。語尾を工夫してみる。
    そういったひと手間で伝わり方は大きく変わるものですね。
    大人と子どもでは理解能力にも差があるので、
    わかりやすく伝える意識が大切だと思っています。
    熱心に質問を交えての受講ありがとうございました。

  • W3

    女性 20代

    この講座は「変わるきっかけをもらえる講座」でした

    人は自分次第で変われるんだなぁ~
    と思いました。事例をたくさんあげてもらい楽しかったです。
    「ありがとう」「良かったね」「いいよ」。さっそく増やしていこうと思いました。
    私も笑顔で頑張ります。ありがとうございました。

    先生からのコメント

    自分の心持ちや、使う言葉で、
    人はみるみる変わっていくなと日々感じています。
    嫌なことがあった時に、「~のせいで」と言ってしまうと、
    ネガティブな言葉が続きやすく自分を苦しめることになってしまうと思います。
    「ありがとう」や「おかげで」という言葉を使うことで、
    気持ちを切り替え、学び、感謝を密見つけやすくなると思います。
    講座中にさっそく使っていただいて嬉しかったです。
    ありがとうございました。

  • W3

    女性 20代

    この講座は「言葉が変わって子どもに優しくなれる講座」でした

    子育てでよく使ってしまう言葉を言い換えることで、言う方も気持ちよくなれるし、子どもにも伝わることがよくわかりました。
    家庭が円満になる声掛けをたくさん教えてもらい、今日から使わせてもらいます。
    ストレスが溜まっている中で講座を受けましたが、先生がたくさん褒めて下さり元気をもらえました。ありがとうございました。

    先生からのコメント

    「今日の服装はいいね」と言われると、「今までの服装がダメだったのかな?」と考えてしまうのが人間だと思います。
    ほんの少しコトバを変えるだけで、気持ちの伝わり方が変わり、自分も相手も幸せになることができると思っています。
    お伝えしたことは、子どもさんだけでなく、家族や友人など幅広い人間関係に活用できることです。
    「いいな」と思ったものを、日常に活かしてもらえたら嬉しいです。
    受講ありがとうございました。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?