UMUMアートラボ biz 〜「ビジネスとアート」を考える研究室〜

クリエイティブ思考、感性、対話型鑑賞...ビジネスとアートの関係に注目が集まる今、対話と実践から「ビジネスとアート」の関係性を探求しよう!

こんなことを学びます

AIをはじめ、テクノロジーが急速に発達する現代社会において
ヒト独自の能力として大切なのは、感性や美意識だと言われています。

その感性や美意識を育むものとして「アート」が注目され
対話型鑑賞や、デザインシンキング、クリエイティブ思考などを導入する企業が増えています。


ーそもそも、アートとはなんなのか?
ーなぜアートがビジネスに、そしてこの社会に必要なのか?
ー仕事の現場で実際に応用できる、「アート」とは?その方法とは?


様々な仕事に従事する皆さんで
リアルな現場の声で対話し
作品制作を行うアートワークショップ実践し
作品鑑賞から共有したものを
仕事と社会に還元し、コミュニティを形成する
「ビジネスとアート」を考える、研究室(ラボ)ができました!


<研究概要>
2019年5月から毎月1回、「アートとビジネス」について研究してきた本企画。
9月より第2フェーズに入り、これまでの研究会で見えてきた考察をもとに
第三者を対象にした「アートとビジネス」について考え体験するwsをデザインしています。


<各回研究会テーマ>
◻︎第1フェーズ:アートとビジネスについて、考察しよう
5/4(日) vol.1 アートとビジネスの関係は?
6/2(日) vol.2 アートとこじつけ
7/7(日) vol.3 仕事とビジネス
8/4(日) vol.4 アートと「もやる」

◻︎第2フェーズ:アートワークショップを作ろう
9/1(日)    vol.1  ワークショップデザイン〜問いをつくる〜
10/6(日) vol.2 ファシリテーション〜進行をデザインしよう〜
11/3(日) vol.3アートワークショップデザイン〜アートを体験する場のデザイン〜
11/30(土) vol.4ワークショップ開催
12/15(日) vol.5振り返り


<研究方法>
1.対話する(グループセッション)
現場にはどのような課題がある?
なぜアートが必要と感じる?
どのようなアートが実際に取り入れられる?
考察をどのようにワークショップデザインに落とし込む?
...などなど
「ビジネスとアート」をテーマに
参加者のみなさんで対話します。

2.実践する(作品制作アートワークショップ)
実際に画材を使い、手を動かして作品を制作し、対話から生まれたものの考察を深めます。


3.共有する(作品鑑賞)
対話と実践を通して生まれた気づきを、参加者の皆さんで共有し理解を深めます。


4.還元する
1~3で得たものをそれぞれ持ち帰ることで、みなさんの仕事/ビジネス/生活に還元します。
また、職種をこえて対話し、表現活動をともに行うことで
アート活動を介したコミュニティ形成を目指します。

4つのフェーズを通してさまざまな現場で応用できるアイディアを模索することで
根源的なアートの要素を、体験をもって探求します。



【ファシリテーター:UMUM 田中令】
Art Education Research UMUM founder/コネルテ代表
小学校学童,保育園,幼稚園アトリエリスタ、美術講師
大型テーマパーク、TVなどの美術セット制作

1985年生まれ。
多摩美術大学彫刻科卒業、中学高校美術科教員免許取得。
生まれつきの下肢不自由、いじめ、家庭問題、精神疾患など人生の難所を、美術表現のおかげで突破した経験から
「自己表現の大切さを伝えたい!」という思いで
2008年より保育教育、福祉、医療の現場で3000 名以上の参加者にワークショップやアート企画を開催。
2016年には子どもを主な対象としたアートワークショップユニット <コネルテ>を立ち上げる。
活動10年目となる2018年、< UMUM ウムウム>としてこれまでの活動を事業化。
画材調達や情報収集のため、世界中を訪問しながら
あらゆる人の自由な自己表現を引き出すプログラムや芸術支援活動を日々実践中。



【 UMUM information】
これまでの企画開催レポート、アート考などをブログで更新中!
https://note.mu/frogizm03

facebookページはこちら
https://www.facebook.com/umumart.tokyo/

instagramでは、プロセスや作品をアーカイブ
https://www.instagram.com/umum.art/
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中

12月15日(日)

11:00 - 15:00

東京 / 立川・八王子

予約締切日時

12月14日(土) 11:00 まで

参加人数

0/15人

開催場所

JR中央線 豊田駅 徒歩5分
PlanT 日野市多摩平の森産業連携センター 東京都日野市多摩平2-5-1

価格(税込)

¥4,000

  • 受付中

    12月15日(日)

    11:00 - 15:00

    東京 /立川・八王子

    選択中 選択
  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
31人が受けたい登録しています

この講座の先生

アートの本当の面白さをお伝えします!

Art Education Research UMUM founder/コネルテ代表

1985年生まれ。
多摩美術大学彫刻科卒業、中学高校美術科教員免許取得。
生まれつきの下肢不自由、いじめ、家庭問題、精神疾患など人生の難所を、美術表現のおかげで突破した経験から
「自己表現の大切さを伝えたい!」という思いで
2008年より保育教育、福祉、医療の現場で3000 名以上の参加者にワークショップやアート企画を開催。
2016年、子どもを主な対象としたアートワークショップユニット <コネルテ>を立ち上げ
毎月自主企画のワークショップを開催するほか
様々な保育園や幼稚園にて美術の授業を開催。

活動10年目となる2018年には、<UMUM ウムウム>としてこれまでの個人活動を事業化。
画材調達や美術研究、教育現場視察のため
アジアやヨーロッパなど世界中を訪問しながら
あらゆる人の自由な自己表現の場を創出している。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

     タイムテーブル:
    10:50 受付開始
    11:00 スタート!/ UMUMアートラボのねらい
    11:10 自己紹介とアイスブレイク
    11:30 グループセッション
    12:15 グループセッションを共有タイム
    12:30 お昼休憩
    13:30 アートワークショップ(作品制作)
    14:30 作品制作を共有タイム(対話型鑑賞会)
    14:50 まとめ

    15:00 終了
    • こんな方を対象としています

      クリエイティブシンキング
      デザイン思考
      対話型鑑賞
      感性
      美意識
      ビジネスとアートの関係性
      などに興味のある方
      上記に興味はあるものの、どのように実践したらいいのかわからない方
      クリエイティビティを育みたい方
      仕事にアートは必要だ!と思う方
    • 受講料の説明

      参加費には画材費、会場費が含まれます。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      対象:18歳以上の社会人
      定員:20名
      当日は画材を使用します。
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 1
    • 楽しかった!( 1 )
    • 勉強になった!( 1 )
    • 行く価値あり!( 1 )
  • M3

    男性

    この講座は「多くの気づきと学びを得る講座」でした

    先生持ち前の雰囲気による進行が心地良かったです。
    アート思考がビジネスに必要な素養だと気づき、アートの専門家を役員にする会社も出てきています。
    そのような状況にあってアートとビジネスの関係を学べる機会を持てて良かったです。
    機会を作って、また次の講座も受講したいと思います。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?