お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

ディープラーニングを使った画像認識入門

物体認識・物体検出を行なうネットワークを作ってみましょう

こんなことを学びます

画像認識において高い精度を達成した「畳み込みネットワーク」を実際に作成して、仕組みを理解する講座です。

また。画像の中のどこに何が写っているかを検出できる「物体検出」の技術であるSingle Shot multibox Detector(SSD)についてもご紹介します。

自動運転のデモなどで、人や車が四角で囲われている映像を見たことはあるでしょうか。
このような機能がディープラーニングを使ってどのように実現されているかが理解できるようになります。

ネットワークの作成にはPythonとTensorFlowを使用します。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催日程がありません

開催予定エリア

横浜・みなとみらい

価格(税込)

¥2,000

現在は開催リクエストを受け付けていません
受けたい
7人が受けたい登録しています

開催日程

現在この講座の開催日程の講座はありません。

この講座の先生

機械学習/組み込みシステムエンジニア

組み込みシステム開発、デバッグツール開発をやってきました。
最近は機械学習もやっています。
汎用組み込みプロセッサであるARMにディープラーニングを使った画像認識を行なうコードを実装したりしました。

  • 受講料の説明

    受講料には会場使用料が含まれています。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    Pythonを使ってプログラミングを行ないますのでノートPCをお持ちください。
    Pythonを知らない方でも、他のプログラミング言語をご存知であれば講義は理解可能と思います。
※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

この先生の他の講座

5

開催リクエスト受付中

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?