英文を「正しく」読む力養成ワークショップ(中上級向け)

英Economist誌等の難度の高い英文を「正しく」読み切るスキルが身に付きます

こんなことを学びます

 英文を「正しく」最後まで読み切る力を付けるワークショップです。
(レベル感:TOEIC 550点~750点くらい)

講師が「なんとなく分かる」から「正しく分かる」に変わるためのメソッドを教授し、それを一緒に繰り返しプラクティスします。

基本的に順番に当てていきますので、きついかもですが、確実に成果が出ます。なぜなら、どこが分かっていないかがはっきり分かるので、講師がピンポイントで解説・指導できるからです。

メソッドは講師のオリジナル教材を使用。
プラクティスはThe Economist誌の最新の記事の中から、興味深くかつ手ごろな長さ・難度のものを講師がピックアップします。

「語彙力」でなく「構文把握力」の向上にフォーカスするので、教材には難しい語句の下に和訳を付けたものを使います。
(予習は強く推奨しますが、語句調べにかかる時間は少なくすむので、構文の理解に集中できると思います)


■本ワークショップをする背景
一流大学の卒業生でも、実は英文を「正しく」読めていない人が多いことが問題になっているそうです。
「勘」は鋭いのでマークシート試験だと消去法で正解に辿り着けるのですが、本当は正しく読めていないので、文意が急に変わる箇所などで馬脚を現します。
これは実は「AI読み」と言って、AI(人工知能)の読み方と同じなんだそうです。つまり、英文の中に散在している知っている単語の意味だけを繋ぎ合わせて、文全体の意味を創作している。

AIと同じ(残念な)読み方をしていては、AIに勝つことなど覚つきません。

また、2019.1.23のNewsPicksの人気番組「ウィークリー落合」でこんな話がありました。
高濱正伸「教科書の音読で "てにをは" を飛ばさず正しく読める子は、間違いなくクラスでトップの成績を取っています」
落合陽一「まったくその通りで、学生の論文指導をしているんだけど、精読できる子しか伸びないんですよ」
※高濱正伸:小学校低学年向けの学習教室「花まる学習会」代表。在籍者16,000名

■平日夜の講義との違い
平日夜の「英字新聞で世界を読むワークショップ」はまとまった量の英文を読み切ることを主眼に置いています。
ですので、正しく読むための技術の説明をする時間をほとんど取れません。
本セミナーでは、比較的少量の文章を、構文をしっかり理解して、語順の通り正しく理解するトレーニングを行います。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中

2月22日(土)

15:00 - 17:30

東京 / 東京(その他)

予約締切日時

2月21日(金) 15:00 まで

参加人数

1/10人

開催場所

有楽町線 麹町駅 徒歩5分
CO-CreationLABO 東京都千代田区平河町1-4-3 平河町伏見ビル2F

価格(税込)

¥3,000

  • 受付中

    2月22日(土)

    15:00 - 17:30

    東京 /東京(その他)

    選択中 選択
  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
30人が受けたい登録しています

開催日程

2月22日(土) 15:00 - 17:30

¥3,000
参加人数 1/10人
場所 有楽町線 麹町駅 徒歩5分

この講座の先生

英語「で」学ぶ伝道師

英語「で」学ぶための総合サービスをご提供中です。
① 正しく読む手法(メソッド)の公開
② 実践(プラクティス)の場を提供 ★ストアカ講座★
③ 誰でも英語が読めるアプリ「英読」の無償公開
④ 短期実力養成のためのコーチング

TOEIC 935点(L495, R 440)
(特にTOEICのための勉強はせず、原書の読書とニュース英語のヒアリングを通じて英語力を養成)

『辞書不要!! 英文に日本語でルビを振るアプリ「英読(えいどく)」』の共同開発者の1人として、主に独自辞書の作成を担当してきました。
(2018年末時点で5万ダウンロード達成。iPhone/ android 両サポート。無料)

初・中級者が次にぶつかる壁が「構文の理解」です。構文が読み取れなければ結局何のことか分かりません。
この構文理解を助けるためのシンプルかつ効果的な「藤田メソッド」を使って、ガチの英文を読むセミナーを開催。

「英読」で作成した教材を使うので、語彙力で落ちこぼれる心配はありません。

あなたも、ガチの英文を読む楽しみを手に入れて下さい。 + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    1.正しく理解するためのシンプルなメソッドを講師が教授します。
    2.例題を一緒に解きます。
    3.実際の英文で演習します。
    ※下記をパラグラフ単位に繰り返します。
    受講生を順番に当てます。
    ①生徒が、音読してから和訳します。
    ②講師が、詳しく解説します。質問に答えます。
    ③音声をリスニングします。
    ※「初中級編」より難度の高い教材を使います。
    • こんな方を対象としています

      ・本当の英文読解力を付けたい方
      ・実は知っている単語の意味を繋ぎ合わせて文の意味を推測して読んでしまっている方(いわゆる「AI読み」)
      ・戻り読みがどうしても克服できない方
      ・TOEIC 600~700点からなかなか抜け出せない方
    • 受講料の説明

      受講料には講義代、教材代、場所代を含みます。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      予習することを強く推奨致します。
      (予習されたかたの満足度の方が圧倒的に高くなります)

      当日使用するテキストは開催の4~5日前には告知致します。
      ***
      12/21のテキストを下記に決めたのでご案内致します。

      Educating migrant children in Japan
      (日本への移民の子どもの教育問題)

      単純労働者の入国制限を大幅に緩和した日本。
      阿部首相は短期滞在前提と言い続けていますが、
      実際には妻子を伴って来ることも多い。
      その子たちに無償で日本語教育を行っているものの
      現実にはなかなか機能しなくて・・・。

      という現在の日本が直面している課題を
      イギリス雑誌がどのように捉えているかを
      一緒に読み解いて行きます。

      出来る範囲でいいので
      予習をお願い致します。

      当日は順番に当てますので (^^)
      (ただし、パスは何回でもありです)




      当日のテキスト(英読アプリで変換)
      https://drive.google.com/open?id=1Bm6HehbRTNDDCp7G99mfMj-ichlCgRp4

      ネイティブ音声
      https://drive.google.com/open?id=12RWh1oX-TDZFO16v_07zF1QggZdyskw3

      元記事(The Economist)
      Japanese schools are struggling with foreign pupils
      https://www.economist.com/asia/2019/12/12/japanese-schools-are-struggling-with-foreign-pupils
      ※標題が微妙に違いますが本文は同じです

      以上
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 3
    • 楽しかった!( 2 )
    • 勉強になった!( 3 )
    • 行く価値あり!( 3 )
  • W2

    女性

    この講座は「英語脳を鍛える講座」でした

    記事がとても興味深く学び易かったです。予習段階では、しっかり理解していたと思っていたのですが、講座を受けてみたところ、構文、熟語等すっかり抜け落ちていた事がよくわかりました。また、音源も聞くことが出来た為、発音の誤りなどもチェックできました。家に帰り音源を聴いて復習してみたところ、3回程聴いたところで、日本語に訳すことなく英語のまま理解することが出来るようになりました。
    何回か続けて受講してみたい講座です。

  • W3

    女性

    この講座は「英文読解の方法を丁寧に教えてくれる講座」でした

    英語の単語を知っていれば何となく英文が読めてしまうことがあるが、文法がわかっていないと正確に意味を掴めず、いつまで経っても英語がちゃんと読めるようにならない。そのことを実感させてくれた講座でした。

  • W2

    女性 50代

    この講座は「楽ではないが上達には必須な取り組み」でした

    講義を聞いていればいいスタイルではないので、正直キツかったです。TOEICとは難易度がまるで違う記事文の訳をたくさん間違えました。
    ただ、上級を目指すならこういう負荷のかかる勉強も必要なわけで、間違ったら/答えられなかったら恥ずかしい、と避けていたらいつまでたっても万年中級者止まりだろうな、とも思いました。
    自分一人ではこういう学習はしにくいので、良い機会でした。
    TOEICの点数を上げたいだけの人にはおすすめしません。総合的な英語力を高めたい人向けだと思います。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?