お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

森のクラフトマンゼミ vol.6 牛革ベルトをつくろう

対面

好きな色に染めて、幅も長さも自分にピッタリのベルトを牛革で作るワークショップ!百年の森の村・西粟倉村で森の暮らしを楽しむ職人コラボシリーズ

こんなことを学びます

暮らしのなかで革をたのしみませんか。ワイワイ皆さんで手を動かしながら手縫いで革作品を仕上げるワークショップ第6弾。今回は牛革でつくるベルトです。

今回も素材と色を選ぶところからはじめます。まずベルトにあった革について学びながら、①革の幅、②長さ、③染め色、④糸、⑤金具などをご自身で選んでいきます。作業では、革染め、縫い、長さ調節後の切り、ベルト穴あけ(ベルトのルールがあります)、磨き、の一連の工程を体験しながら牛革ベルトをおひとりづつ作ります。。使い込むほど質感の変化も楽しめるお気に入りのベルトをつくりませんか。

講師は西粟倉村・渋谷カバンの渋谷さん。初めての方には、革の基本について学んでいただけます。春の週末、世田谷ものづくり学校でお待ちしております。

​===========
※材料費、資料などすべて込み。
※お申込みの方に5~6色から革の希望の色を事前に選んでいただきます。当日実物を見て変更も可能です。

【当日作業内容】
①ベルトをカスタムしよう!革の幅、色、金具、糸を選ぼう。
(時間節約のため一応事前にご希望を伺いますが現地で実物を見ながら変更も可能です。)
・幅:30mm、24mm、21mm
・ベルトの色:こげ茶、茶、赤、青、黒、ピンク
・金具の色:真鍮(金色)、ニッケル(銀色)
・糸の色:茶色、黒、赤、緑、青、灰色、黄色など。
②革の染色に挑戦!
・選んだ色に染めてみよう。きれいに染まります。
③革に縫い穴をあけよう
・器具もご用意してますので安心です。
④手縫いしてみよう
・選んだ色の糸で縫っていきましょう。
⑤長さを測って、ベルトの穴をあけよう
・ご存じですか?ベルトの穴の位置にはルールがあります。長さの調整法を学びながら自分で穴をあけてみましょう。(目安に普段のベルトをご持参いただくのもGoodです)。
⑥コバを磨こう
・周りを磨いて整えます。あとすこしで完成。
⑦完成!
・いっしょにベルトと記念写真を撮りましょう!お疲れさまでした!

【コラボ講師】渋谷肇(しぶやはじめ)氏 
渋谷カバン代表。革職人。オーダーメイド革製品を手掛ける。鹿革の研究のため倉敷から岡山県西粟倉(にしあわくら)村へ移住。森と革の新しい関係を探っていきます。 http://www.shibuyakaban.com/

<こんなことを学びます>
自分でチャレンジするには、少し敷居の高い革製品。クラフトマンゼミ(革職人)は、革製品の基礎的な知識を学びながら、自分で選んだ革や糸で手作りの作品ができるまでを楽しく学べるクラスです。自分用に作ってみたかった方はもちろん、文字入れもできるので贈り物にもぴったり。

<渋谷カバン>
ヨーロッパから届いた植物なめしの牛ヌメ革や地元岡山でとれる鹿革を使い、裁断や染色、縫製など、すべての工程を手しごとで行なっています。サドルステッチと呼ばれる手縫いの製法は馬具作りにも使われる丈夫な製法で、一般的なミシン縫いに比べると時間を要しますが、丈夫でほつれにくいというメリットがあります。また、経年使用によりほつれが生じた際も補修ができるため、長く愛用していただけます。
革そのものの堅牢性、無駄のないデザイン、手しごとならではの質感と美しさ。手にしたときにこれらのことを感じていただけるよう、真摯なものづくりに取り組んでいます。

<百年の森の村・西粟倉(にしあわくら)村>
岡山県の山間にある西粟倉村。山には鹿が住み、ヤマメが住む木が豊富な村です。そんな自然豊かな村には、革職人、鉄職人、木工カトラリー職人、木工玩具職人、木工家具職人、帽子作家、草木染め作家、パン職人、猟師、ウナギ職人などなど、多くのクラフトマンが住んで創作活動を行っています。森林の香りを料理に取り入れる燻製学校も西粟倉村にあります。温泉と工房巡りも人気ですのでよかったら一度遊びにお越しください!https://www.cheese-express.info/crafts
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格(税込)

¥7,800

受けたい
27人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥7,800
場所 渋谷・恵比寿

この講座の先生

自宅をチーズ工房に!本格的なチーズつくりを学びます

チーズつくりってなんだか難しそう、とおもっていませんか?
確かに ”簡単” とは言いませんがレシピを工夫をすればご家庭でおいしく作れるものが多くあります。たとえば世界でもっとも有名なチーズのひとつカマンベールチーズ。大変美しいチーズですが作るのが難しいと言われるもののひとつです。これを日本のご家庭でおいしく作る方法をお見せしたいと思います。

【講師】チーズインストラクター。一般社団法人チーズ観光協会理事。米エモリー大講師、助教授を経て2015年から現職。
*チーズ講座の中には小森以外の所属講師によるクラスもあります。予めご了承ください。
・チーズ作りの学校「チーズマラソン」
・チーズ好きのためのレストラン列車「チーズエクスプレス」
・チーズの駅弁「智頭線のチーズ駅弁」

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    9:50~ 開場
    10:00~ 講義「皮が革になるまで」
    10:15~ 作業開始
    13:30~ 終了見込み(スタンダード)
    14:00  最終終了見込み 
    • こんな方を対象としています

      革が好きな人。古いビンテージものが好きな人。友人へのギフトを探してる人。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      動きやすい服装でお越しください。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?