手土産にも最適なバレンタインのお菓子【フォンダンショコラ】を作ろう

大切な方にはもちろん、友チョコや日ごろお世話になっている方への感謝の気持ちを込めて、手作りのお菓子をプレゼントしてみませんか?

こんなことを学びます

~季節の洋菓子を楽しく学ぶレッスンをしています~

こんにちは!Riiです♪
毎日寒い日が続いていますが、もうすぐ2月!バレンタインですね♡
今年のバレンタインのプレゼントはお決まりですか?

2月の単発レッスンはリクエストも多かったフォンダン・ショコラを作ります。
ナイフを入れると、中からとろーりとチョコレートが溶け出るリッチなケーキ。
チョコ好きにはたまりませんね( *´艸`)

もちろん初心者さんや男性の方でも参加OK!
チョコレートの扱い方を学びながら、美味しいショコラを作りましょう。

今レッスンでは甘さを抑えたチョコレートに洋酒のグランマニエが効いた、落ち着いた味わいに仕上げていきます。
焼き上がったらそのまま持ち運びが出来るので、手土産やプレゼントにもピッタリ!
1年に1度のバレンタイン、素敵な思い出にしてくださいね♪

※レシピ付き、ケーキはお一人につき5個を仕上げてお持ち帰りいただきます。
お持ち帰り用の箱はこちらでご用意しております。

《場所》
東部フレンドホール 料理講習室
(都営新宿線「瑞江駅」 徒歩2分)
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsuguide/bunya/bunkachiiki/c_tobu_friend/guide.html

《当日の流れ》
自己紹介、レシピの説明とデモンストレーションの後、実習形式でみなさんに作っていただきます。
完成後は試食を兼ねたティータイムになります。

《持ち物》
・エプロン
・手拭く用ハンドタオル
・必要な方はメモや筆記用具があるといいかも知れません。。

<定員>
基本 4名
(他サイトからの予約を含めた人数になります) 
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

両国・錦糸町

価格(税込)

¥4,200

受けたい
6人が受けたい登録しています

この講座の先生

いつものティータイムが一層楽しくなるお菓子作りを♪

こんにちは♪
かわいいお菓子や美味しいものに目がないRIEです。

東日本製菓技術専門学校を卒業後、都内レストランやパティスリーで勤務、幼い頃から好きだった製菓の道に進みました。
その後は食への興味からフードアナリストとなり、グルメ本の記事の執筆やレシピ開発、技術指導、パティスリーの立ち上げなどに携わり現在に至っています。

また、2018年夏には製菓の名門イル・プルー・シュル・ラ・セーヌにてディプロマを取得致しました。

簡単レシピも最近はたくさん増えてきていますが、私がお伝えしているのは、いつもよりほんのひと手間かけて作る温かみのあるお菓子(*´▽`*)

どなたでも自宅で美味しいお菓子を作っていただけるよう、分かりやすく丁寧な指導を心がけています。

お菓子作りを通じてみなさまと楽しいひと時を過ごせることを心待ちにしております。

  • こんな方を対象としています

    お菓子作り初心者さん向けレッスンです。
    お菓子作りに興味はあるけどなかなか上手に作れなくて…という方、今年のバレンタインは手作りのお菓子をプレゼントしてみたい!という方、チョコレートが大好きな方など大歓迎です。
  • 受講料の説明

    レシピ付き、ケーキはお一人につき5個を仕上げてお持ち帰りいただきます。
    お持ち帰り用の箱はこちらでご用意しております。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    当日は立って作業していただく時間が多いため、スニーカーなど履き慣れた靴でお越しください。

レビュー

  • 1
  • 楽しかった!( 1 )
  • 勉強になった!( 1 )
  • 行く価値あり!( 1 )
  • W1

    女性 40代

    この講座は「楽しく簡単なレッスン」でした

    今回2回目の講座でした。前回は紅茶のシフォンケーキで、感激するフワフワ感と美味しさだったので今回のフォンダンショコラも期待して行きました。
    その期待通り、凄く簡単で美味しかったです。
    試食の時にケーキを割ってみると…写真通りにトロ〜っと中からガナッシュが…💝
    あんなに見事に流れ出るなんて‼️今まで何度かフォンダンショコラをいただきましたが、1番美味しかったです。
    先生も相変わらず、おっちょこちょいで可愛くほんわか雰囲気でいい時間を過ごせました。
    また参加します。

  • この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?